<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
GLCO入荷しました


人気のGLCO 入荷しました!
新型フレームをご紹介します。

●●VENEZIA●●

細身でクラシックな形と快適なフィット感のあるコンビネーションフレーム。
プラスチックの色に合わせてメタルの色も配色されています。
例えばブラックとシルバー、
ブラウンとカッパーの配色。
同じモデルでもカラーが変わると印象が違ってみえるので、
店頭でかけ比べてみて下さい。


そしてテンプルにも注目です!

透明なプラスチックテンプルの中に繊細に描かれたデザインがのぞきます。
デザイン、掛け心地ともに秀逸な1本です。

そしてこちらのVENEZIA、クリップオンのレンズを付けてサングラスにもできます!



メガネとしてもサングラスとしても楽しめるなんてうれしいですね。
度付きメガネでサングラスをお探しの方にもおすすめです。




●●VERNON●●

やや厚みのある長方形のデザイン。
ぽってりとしたフォルムが、少し風変わりな個性を引き出してくれそうです。


現代を生きる作家や建築家がかけるというのがイメージソースだそう。
新しいデザインのフレームをお探しの方に!




他にも、人気のKINNYの小さめサイズや、
こちらも人気のWILSONのサングラスタイプも新登場です。
ぜひ店頭で手に取ってみてください。
入荷したばかりですので、今ならカラーも豊富です!
ご来店お待ちしております。



GLCOとMark McNairyのコラボフレーム

現代のアメトラスタイルの中心的ブランドとして注目を集めるMark McNairy
(マークマクナイリー)と、GLCOがコラボしたフレームが登場しました!


細く繊細なデザインの中に、古き良きアメリカと現代のアメリカが
MIXされているかのような雰囲気が漂うメタルフレーム。


シンプルでありながらも、独特の存在感があるのはさすが。
まさに、今の気分にぴったりではないでしょうか!


         Mark McNairy×GLCO No.1


Mark McNairy×GLCO No.1  サングラス



Mark McNairy×GLCO No.2


メタルフレームのカラーはシルバーとゴールドとなっています。


こちらのコラボ、セルフレームもありますよ。

Mark McNairy×GLCO No.3

GLCOらしさの中にMark McNairyのトラッド感が加わったフォルムが魅力的。


セルフレームのカラーは4色あります。







どのカラーにしようか迷いますね!



そして、GLCOの新作もご紹介します。


GLCO ASHLAND



フロントはクラシックなラウンドシェイプ。
テンプルには、西海岸の波にインスパイアされた模様が施されています。

レトロクラシックとモダンが融合された、品のあるフレームです。




ぜひ一度、お試し下さい。

GLCO ブリティッシュなウィンザーフレームが入荷しました
こんにちは。

今もっとも注目度の高いブランドのひとつであるGLCOから、同ブランド初めてとなるメタルを使ったフレームが登場しました。

R0012246.jpg
THE WILSON

ウィンザーと呼ばれるこのフレーム形状は、メタルフレームの上にアセテート生地を被せてつくられ、異なる材質を一本に凝縮した良いとこ取りのフレームです。メタル部には、繊細な装飾がさりげなく施されています。まさに今の気分に、ピッタリではないでしょうか。

THE WILSON は、The Beatles の John Lennon が着用していたフレームからインスパイアされています。象徴的存在であるこのラウンドフレームは、1950年代にイングランドで健康保険適用の無料配布されていたフレームでした。
掛けると、古典的で英国紳士な印象を与えてくれます。

展開カラーは四色展開で、どれも落ち着いたオトナな印象になります。

R0012248.jpg
フロントカラー:Nutmeg Tortoise  テンプルカラー:Matte Spotted Tortoise

R0012244.jpg
フロントカラー:Matte black  テンプルカラー:Matte Spotted Tortoise

R0012251_1.jpg
フロントカラー:Tokyo Tortoise  テンプルカラー:Amber Honey

R0012255.jpg
フロントカラー:Butterscotch  テンプルカラー:Sapele Tortoise

IMG_0462.jpg
Nutmeg Tortoiseカラーを着用しています。


同じくウィンザーサングラスも新しく登場です。
デザインベースも同様にブリティッシュクラシックですが、フレームとは異なり、レンズ上部にバーブリッジが施され、独特なとても良い雰囲気を発揮しています!
フレームタイプと同様の四色展開で展開しています。
IMG_0453.jpg



IMG_0461.jpg

ボリューミーなアメリカンクラシックをお楽しみの方も、
今回のブリティッシュで繊細なクラシカルスタイルが加われば、いままでとは全く違ったコーディネートを楽しんでいただけますよ。


ぜひ店に試しにお越し下さい。


GLCO新作サングラス入荷!
花粉や日差しが強まるこの季節。サングラスは欠かせないと思いますが、
アメリカのブランド、GLCOよりカリフォルニアらしさ満載のPOPなサングラスが届きました。
THE NOWITA RBC/RGG
THE NOWITA BBI/MBG
上下のツートーンカラーが新鮮!かわいらしさも満点。
オーバーサイズのラウンドタイプはかなりの注目です。
THE AMOROSO CT-LPT/BG
THE AMOROSO 手前からCT-SG /CT-AQ /CT-LPT
70年代のディスコシーンからインスパイアされたサングラス。
カラーもまたカリフォルニアの雰囲気を醸し出しています。
RIALTO RPD
眼鏡タイプでも人気のRIALTOからサングラスタイプが入荷。
細身でオーバーサイズのサングラスは今イチオシ!

その他多数入荷していますので、是非店頭にてお試し下さい。
GLCO新作モデル入荷!
 カリフォルニア発の人気ブランド、GLCOから新作モデルが入荷しました!

WESTMINSTER
ボストンやウェリントンタイプに加えて、スクエアなフォルムもクラシックスタイルとしてお薦めです。
また、テンプルの太さがよりフレームの印象を引き立ててくれます。

他のモデルにはない独特の雰囲気を醸し出してくれます。
全5色入荷しておりますので、是非店頭にてお試し下さい。

注目の新ブランドGLCO
カリフォルニア発の新ブランドGLCOをご紹介します。


logo_1のコピー.png

デザイナーのギャレット・レイト氏は、オリバーピープルズの創始者を父に持ち、その下でキャリアを積み、2009年秋に友人とLAのヴェニス地区にショップをオープン。
アーティスト、ミュージシャン、デザイナーにわたる幅広い交友関係を持ち、彼らの影響と支持を受けつつ、2011年春に自身のブランドGLCOを立ち上げました。そのコレクションには、ヴィンテージや初期のオリバーピープルズから影響を受けながら、ただ準えるのではなく、そこには更なる工夫が与えられています。
現在、NYの「オープニングセレモニー」やパリの「コレット」など、高感度のショップのみで取り扱われており、すでに高い評価を受けています。




glco55.jpg
デザイナーのギャレット・レイト氏。


それでは、必見のコレクションをご紹介します!

IMG_0757.jpg
眼鏡創世記にデザインされたレンズシェイプは、まさに完璧。オリジナルデザインながら、しっかりとオーセンティックさを感じさせてくれます。 GLCOのフレームは、日本製のオリジナルアセテートを使用して、ヴィンテージプラスティックの雰囲気を見事に再現しています。ヒンジにも日本製の5枚蝶板を使用するこだわりぶり。間違いなく、GLCOを代表する洗練された作品です。

IMG_0759.jpg
HAMPTONにはオリジナルのアセテートクリップサングラスが用意されています。4色から選べ、折りたたみ式のため持ち運びにもとても便利! ファッション性と機能性を完璧に兼ね備えています。


IMG_0755.jpg
時という試練に耐えたデザインは、完璧に洗練されています。GLCOファミリーの中においてまさに“家長”のような、代表なフレームです。スタイルやテイストに明確な感覚を持つ男性や女性のためのフレームです。


IMG_0754.jpg
BROOKSが家長であれば、RIALTOはそのパートナー。
その優雅なシェイプは、1980年代のイングランドで最も一般的に着用されていたオーバーサイズフレームからインスパイアされています。その魅惑的な外観は柔らかく、繊細さを表しています。


名称未設定-5のコピー.jpg
SPEEDWAYは反逆者や追放者、もしくは単純に個人主義者のイメージ。単なるアビエータータイプではなく、ドキュメンタリー映画「GONZO」でジャーナリストのHunter S.Thompsonが使用していたフレームから着想を得ています。Thompsonは1960年代後半から90年代にかけて一貫して着用していました。
またSPEEDWAYとは、ヴェネツィアのボードウォークに隣接する通りの名前にちなんで名付け、そのエリアはJim Morrison とThe Doors によって有名になりました。


どのフレームも、実際に手に取ってお掛け頂くとシンプルな中に随所にある拘りが実感して頂けますよ。ご来店をお待ちしています。