<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Lorgnette(ローネット):19世紀の手持ち眼鏡入荷。
IMG_2038のコピー.jpg
グローブスペックスには、たまに珍しい物が入荷します。

今回は、最近入荷したばかりのアンティークのローネット(手持ち眼鏡)をご紹介します。

ローネットは18世紀頃にヨーロッパの貴族たちがオペラ鑑賞などで使用していたのが始まり。
IMG_2017のコピー.jpg
普通の眼鏡と違って、手で持って使用する眼鏡になります。中世を舞台とする映画でもよくみかけると思います。



IMG_2019のコピー.jpg
使用しないときは、折りたたまれた状態。このままでも綺麗な工芸品に見えます。

IMG_2020のコピー.jpg
持ち手の部分にあるボタンを押すと、中に仕込まれていた枠が飛び出します。
IMG_2022のコピー.jpg


こちらは、1900年頃のアンティークの物になります。
良い状態で保たれているため、度を入れることも可能です。手元用にリーディンググラスとして使用しても良いと思います。


もう一点入荷しました。
IMG_2039のコピー.jpg

IMG_2027のコピー.jpg
こちらは、畳むとルーペ状になります。
IMG_2028のコピー.jpg
手元のボタンを押すと、レンズが開く構造になっています。
IMG_2030のコピー.jpg
こちらも、1900年頃のアンティークの物になります。
同様に、度付きにすることも可能です。





かなり珍しい物になりますが、現在の眼鏡とは違った魅力がたっぷり詰まっています。
渋谷店に入荷していますので、是非お手に取って試してみてください。
 
ギフトにもおすすめ:DIFFUSERのグラスコード
新たに入荷した新ブランド・DIFFUSERのグラスコードをご紹介します。

DIFFUSERは日本発のアイウェア・アクセサリーブランド。現代人のライフスタイルに合った機能性とファッション性を追求した新しいグラスコードが誕生しました。


 

TWO TONE GENUINE LEATHER GLASS CODE  Col.DARK RED/BLUE

2色の柔らかいレザーをつなぎ合わせ、間にアンティークゴールドのリングを使用しています。


photo image : http://diffuser-tokyo.com/index.html​
 
テーマは「機能美とモダンさ」。 コードの間にあるリングが関節として働き、自然な流れをコードに導くことで快適な付け心地となっています。絶妙な配色によるモダンなツートーンカラーは、様々なファッションのコーディネートのアクセントに。 パーツ金具をアンテークゴールドで統一することで、 ビンテージ感も演出しています。 


豊富なカラー展開も魅力のひとつ。眼鏡やファッションに合わせて付け替えたくなりますね。
ひとつずつ専用ボックスが付属するので、ちょっとしたギフトにもおすすめです。

DIFFUSERのグラスコードは渋谷店に入荷しております。
ぜひお気軽にお試し下さい。
 
眼鏡と帽子。
眼鏡と帽子。どちらも顔周りを装飾し、ファッション全体のイメージを作り上げるのにも有効なアイテムです。
どんな眼鏡にどんな帽子をあわせたら素敵でしょうか?
眼鏡と帽子のおすすめの組み合わせをご紹介したいと思います。


FOR MEN






リアルビンテージの眼鏡に、ダメージ加工が施されたハット。
洗練された眼鏡をクールなハットで着崩すスタイル。オフホワイトのカラーを選ぶと爽やかな印象に。
Hut:muehlbauer M16135
Glasses: The Spectacle  FFFV minimal YG




M16107_highres.jpg



サングラスとストローハットの組み合わせ。夏になるとしたくなる定番のコンビ。
メタルブリッジのモデルを選ぶと、印象も軽く見えます。
Hut:muehlbauer M16107
Glasses: EYEVAN 7285  739 80011









大きめのウエリントンタイプの眼鏡にストロー素材のキャップ。
大人っぽいストリートスタイルの完成。
Hut:muehlbauer M16158
Glasses: Selima  SANDER 06C




FOR WOMEN


 
  M16164_highres.jpg



フォックス型のサングラスに、つばの広い女優帽。
このままビーチに向かいたくなるようなスタイル。黄色いペイントもアクセントに。
Hut:muehlbauer M16164
Glasses: ROBERT MARC  COUGAR BCS




       S16712_highres.jpg   



小ぶりなボストンタイプの眼鏡にヘアバンド。
女性らしさあふれる組み合わせ。
Headband:muehlbauer S16712
Glasses:Anne et Valentin  ANNETTE 1516








フォックス型の眼鏡にドレッシーなヘッドアクセサリー。
敢えてフォーマルに合わせるのではなく、デニムとカジュアルダウンしたスタイルもお勧め。
Hut:muehlbauer CM188
Glasses:ROBERT MARC  847 280




眼鏡と帽子を変えるだけで、全体の印象ががらっと変わるので楽しいですよね。
ご紹介した帽子は3月12日(土),13日(日)に開催しますミュールバウアー カスタムオーダーイベントにてご覧いただけます。お気に召したモデルがあればその場でオーダーできます。※イベント当日は眼鏡の販売は行いませんのでご注意下さい。
詳しくはこちら→2016SSミュールバウアー・カスタムオーダーイベント開催!

 
クリップオンサングラスのご紹介

こんにちは。

突然ですが、サングラスはお持ちですか?
いまやサングラスはファッション小物としても定着し、一年中使いたいアイテムです。
近年、種類が増えてきているクリップオンサングラス。1本のフレームでメガネもサングラスも楽しめるので人気が高まっています。今回はクリップオンサングラスをタイプ別でご紹介します。


BLACK FRAME

MOSCOT  Mod.LEMTOSH 46  Col.BLK

GLCO  Mod.HANPTON  Col.BK
まずは王道の黒ぶちメガネにクリップオンサングラスの組み合わせ。どんなシーンにもスタイルにも合うのでメガネやサングラス初心者の方にもおすすめできます。



VINTAGE CLEAR FRAME

GLCO  Mod.KINNEY  Col.CH-CH

Lunor  Mod.A5 232  Col.25m
こちらは注目のヴィンテージクリアのカラー。LUNORの方はマット仕様です。黄色味のかかったクリアのフレームはそれだけでもビンテージ感漂う格好良いメガネです。サングラスを装着するとシャープでクールな印象に早変わり。

BOSTON TYPE

RVS  Mod.James

Lunor  Mod.A5 226  Col.15
ボストン型は幅広い世代に人気のある形です。LUNORで王道クラシックを行ってもよし、RVSでポップなカラーリングを楽しむもよし。


OTHER

GLCO  Mod.N°3  Col.228
こちらはGLCOTHIERRY LASRYのコラボレーションモデル。サングラスにクリップオンが付いているのは珍しい!濃いカラーと薄いカラーを使い分け出来るのでとても便利です。


店頭にはこの他にも多数ございますので、サングラスをお探しの方はぜひ一度お試しください。
 

Accessories for Christmas

すっかり寒くなってきた今日この頃、そろそろクリスマスシーズン本番ですね。
プレゼントの準備はお済みでしょうか?グローブスペックスには、プレゼントにおすすめのアクセサリーやファッション小物も豊富に揃ってますので今回はそちらをご紹介します。



機能的かつファッショナブルなLaLoopのグラスホルダーは、1本は持っていたいアイテム。メガネやサングラスを外したときの居場所はここです。
華やかなアクセサリータイプとスタイリッシュなレザータイプ、数多くある種類の中から好みに合わせて選べるのも嬉しい。

La loop 右:835Sl  左:639

La loop 右:667P 左:886BP

Diane Taylorのグラスチェーンからはクリスマスにぴったりのスターモチーフをご紹介。繊細で美しいビーズが連なり、アイウェアも表情も明るく華やかにしてくれます。

Diane Taylor

シンプルなレザーのグラスチェーンは場所を選ばず使えます。いつもお世話になってるあの人へ、ちょっとした贈り物としても好評です。

Diane Taylor


自分ではなかなか購入しないアイテムはプレゼントされると嬉しいもの。バッファローホーンを使用したHartmannの靴べら、シューズブラシは、多くの方に喜んでいただけるアイテムです。


同じくHartmannより、ホーンのバングルもご紹介。

こちらはレザーやスタッズを組み合わせたデザイン。使えば使うほど馴染んでくるホーンアクセサリーは、使い込む楽しみがありますよ。


プレゼント選びって、悩むこともありますよね。そんな時はぜひグローブスペックスへお立ち寄り下さい。一緒にプレゼント選びのお手伝いをさせていただきます。
皆様のクリスマスが楽しく素敵なものになりますように。

 
[Lets]レッツエンジョイ東京にてLunorの眼鏡をご紹介しています。
レッツエンジョイ東京にて、お出かけスタイルにモデルのラブリさんPICK UPするアイテムとして、Lunorの眼鏡が紹介されています。

おでかけをもっとオシャレに、もっと楽しく!【Let's Enjoy FASHION】

ぜひお読み下さい!!
ミュールバウアー新店オープンとオープニングレセプション

こんにちは。グローブスペックスの岡田です。
今年もGWは沢山のお客さまが店を訪ねて頂きました。ありがとうございました。
GWの終わりと同時にオーストリアのウィーンに向けて飛び立ちました。ミュールバウアーが新店をオープンするので、そのオープニングレセプションに来て欲しいとのお誘いがクラウスからありました。クラウス帽子ブランド、ミュールバウアーのデザイナー、そしてブランド4代目の代表。10年来の親友であり、毎年年2回来日して帽子のオーダー会を開催してくれています。そのクラウスからの依頼なら断れません。

今までのフラッグシップストアがウィーンの中心である旧市街地の1街区にある事に対して、新しい店舗は7街区にオープン。今までの店がある地区はシュテファンス大寺院や王宮など、ウィーンの観光名所にも囲まれたショッピングの中心地域でしたが、新店が出来た7街区は地元の若者が多く集まるファッショナブルな地域で、ここ数年で話題性が高いファッションの店や飲食の店が集まり始めています。でもこの地域のもう一つの特徴は、あまり世界的なビッグブランドではなく、ウィーンらしさに拘った店が多く、その意味でも地元で111年続いてきたミュールバウアーがこの地域に店を出すことに、周囲からも暖かい歓迎のエールが多くあったそうです。


Muehlbauer 新店
Neubaugasse 34, 1070 Wien  Tel: +43 (0)1 890 32 95 

(地下鉄U3ラインでNeubaugasse駅から歩いて1分くらい)

フラッグシップ店
Seilergasse 10, 1010 Wien  Tel: +43 (0)1 512 22 41
(街の中心にあるシュテファン大寺院近く、地下鉄U1, U3シュテファンスプラッツ駅から1分)

新しい店舗は元の建物に古くからそのままあったファサードのオーク材の窓枠を生かし、その中にミュールバウアーのテーマカラーである白と黒を効果的に配したデザインで、奥に設置したハシゴ付きの棚がアトリエのストックルームのように備え付けられています。シンプルだけれど非常に商品が見やすく、また長い歴史を持つウィーンの雰囲気を大切にしつつ新しいモダンなヨーロッパらしさも感じます。


オープニングレセプションのパーティーが開催されると・・

オープンと同時に道路まで人が溢れかえり、

店内も身動きが取れないほど

昨年からずっと準備を進めて、無事オープンを迎えてホッとした表情のクラウス

日本に居た時から知っていて、今はウィーンに住んでいるジェシカさんにも会えました

パーティーの最中、クラウスはかなり警察からパーティー参加者が車道に出ないように何回も注意されていましたが、最後はどうなったことやら・・




はるばる日本から参会した、と言う事でその後の滞在の最終日の日曜日にクラウスと弟さんヴェルナーさんがレクリエーションに連れて行ってくれる事になりました。ウィーン近郊で一番高い山に山登りに行こうと言うのです。ウィーンは平地で、その周囲はなだらかな丘陵地帯に囲まれており、その斜面にはワイン畑が続く風景です。そのウィーンから西南に1時間ほど車で走って行くと5月でも山間に雪が残る高い山が見えてきます。これがアルプスの東側の始まりで、ここからスイスを経て、間にモンブランなどの高峰も交えながらずっとイタリアまで山岳地帯が続きます。ハンガリーなど東側の人達からは身近にある一番近いアルプスの山として多くの人がハイキングや登山に訪れるそうです。2000Mちょっとの山ですが、それでも頂上付近は気温2度で残雪があり、飛ばされそうな強風が吹いていて20度くらいある麓の春の景色とは一変します。さすがアルプスです。



動画もあります!ぜひ見て下さい↓↓↓
https://www.facebook.com/629535037087686/videos/vb.629535037087686/944191502288703/?type=2&theater
Schneeberg山:ウィーンより車で約1時間。Schneeberg Bahn 駅より登山電車があり1800M地点まで運行。



帰りはウィーンまで半分くらいの距離の地域にあるワイン生産地帯にある村、Gumpoldskirchenのホイリゲ(ワイン生産地にあるオーストリア東部特有のワイン酒場で地元の郷土料理も楽しめる)に連れて行ってくれました。大変美しくチャーミングな村で、多くの建物は非常に古く味があるもので入った店もなんと1549年創業という歴史あるホイリゲ。美味しく地元の料理とワインを楽しませてくれました。




日本でもウィーンでも店を出すというのは大変な作業ですが、クラウスも1年越しに準備を進めてきた店が無事にオープンし、この日はほっとしてリラックスした表情でした。いつも海外は仕事ばかりなのですが、今回は私も良い休暇を兼ねたような滞在となりました。



皆さんもウィーンに行く機会があったらミュールバウアーの2店、この近郊のアルプス山や、ウィーンの郷土料理が楽しめるホイリゲ、そしてバッファローホーン製品が豊富なハートマンもぜひ訪ねてみて下さい。
HARTMANN
Singerstrasse 8, A-1010 Wien  Tel:+43-1 512 14 89
(シュテファン大寺院すぐそば)
弊社代表の岡田も登場【朝日新聞デジタル「&w」連載】「ファッショニスタの逸品」電子書籍化
皆さんこんにちは

弊社代表の岡田も登場している、朝日新聞デジタル「&w」連載「ファッショニスタの逸品」第2弾の電子書籍化が決定いたしました。各界を代表する”ファッショニスタ”10名のインタビューと写真を掲載しています。

「眼鏡に合うニュートラルなスタイル」というタイトルで、岡田自身のファッション観や原点、眼鏡についても熱く語っています。

【販売ストア】
アマゾン・キンドルストア、楽天koboイーブックストア、アップルiBook storeなど


ご興味ある方、是非!
Christmas gift**小物編**

もうすぐクリスマスですね!とっても寒い日が続きますが、街のクリスマスデコレーションが気持ちをワクワクさせてくれます。大切な人や感謝したい人、また、頑張った自分へのご褒美としてプレゼント選びで迷ってはいませんか?

そんなあなたに、GLOBE SPECSより様々なシーンのプレゼント選びのご提案としてChristmas gift**小物編**をお届けします!


.。*゚+.*.大切な友人へ+..。*゚+
一緒に笑ったり泣いたり、いつも支えてくれる友人。仲良しのお友達に感謝の気持ちとして...



グラスフォルダー(la LOOP)
左2つ:875P ラブレターゴールド、873P ラブレターシルバー
右2つ:793PS マイハートシルバー、794PS マイハートヴェルメイユ

     
☆.。.:*・カップル編.:*・゜☆.。
大切な彼、彼女へのプレゼントだからこそ喜んでもらいたいし毎年の悩みですよね。お互いにプレゼントし合ってペアで付けてみては如何でしょう♪♫♩



バングル(HARTMANN) 
左上:ホーン スタッズ付 col.グレイ、ブラック
左下:ホーン col.ブラック、ホワイト
グラスフォルダー(la LOOP)
右:667P アジャスタブル・ブラウンフラットコロンビアレザー
左;674P   アジャスタブル ブラウンレザー


.。゚+..。゚+.自分へのご褒美として .。゚+..。゚+
1年頑張った自分に。とびきりおしゃれなアイテムでクリスマスコーディネートを華やかに演出しましょう。


la LOOP:639 ル・デュオ シルバーゴールド


la LOOP:684P ゴールドイタリアンステッチレザー



他にもたくさん素敵なアイテムを取り揃えていますので、是非お店にお越し下さい!
素敵なクリスマスホリデーをお過ごしください☆Merry Christmas!!!
女子めがね/自分らしさを求めて
最近、頻繁にノームコアという単語を耳にする機会があります。
調べてみると「Normcoreノームコア」
Norm(Normalの略)は標準、Coreは「ハードコア」の「コア」を組み合わせた造語で「究極の普通」という事。NYを中心にファッション界で広まっている流れのようです。

よくよく読んでみると普通とは単にださい格好や他の人と同じ格好をするという事では無く、自分自身のパーソナリティを流行を追わずにいかに魅せていくかという究極のスタイルのようにも思われます。

そこで今回は普通なスタイルに合わせたい眼鏡を勝手に選んでみましたよ。今回はカジュアルブランドより抜粋した服装とともにアイウエアを選びました。スタイル選びの参考になりますように。

http://instagram.com/p/r_c7TUC_am/?modal=true
Anne et Valentin AMY 1248
Weekendのリラックスの格好には気が抜けないきちんとフォックススタイルで。


http://instagram.com/p/rZpCo1C_S8/?modal=true

Lunor Classic Comfort Octagon
デニムとシャツやニットの組み合わせ。どこにでもある組み合わせに加えたいのはどこにもないメタルなシンプルさ。



https://www.jcrew.com/jp/womens_feature/ItsSweaterTime_sm.jsp?intcmp=w2_sweaters

Anne et Valentin FACTORY14 0924
モスグリーンのカーディガンにニットパンツのエレガントな印象には強めの印象の。



http://hello.jcrew.com/editorial/2014/sep/saada-ahmed

Lesca Lunetier REF Matt 53
ストールとニットの軽快なスタイルには少々風変わりなこちらを。



https://www.jcrew.com/jp/womens_feature/DaphneJavitch_sm.jsp

Anne et Valentin OPIF 1420
ニットとロングスカートのゆるい組み合わせには主役級の大胆さで。




https://www.jcrew.com/jp/discovered/women.jsp

Robert Marc 822-176M
アンクルカットのデニムにオフホワイトの優しいニットの組み合わせにはどこまでも少年らしく。

「自分らしい」は難しい。何がらしく、何がらしくないのか。誰かに見られている自分は自分が思う自分の様に映っているのでしょうか。秋の季節のせいか少し考え込んでしまいました。それではまた。