<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
9月9日(土)・10日(日)ミュールバウアートランクショー開催!!

みなさんこんにちは。

毎年好評のミュールバウアートランクショー開催します!!

○17AWMBDM表1.jpg

2017年秋冬新作のテーマは「REFORM(再構築)」

 

19世紀半ばに起きた服装改革運動にインスピレーションを受け、トリミングやリボン、ライニングなどのおよそ帽子に見るステレオタイプの排除、自由な発想と快適さへの挑戦を行いました。帽子の原点であるコーン(円錐)状の形状まで発想を遡らせ、そこから快適性や動き、自由なインスピレーションに基づいて帽子の在り方をREFORM(=再構築)して今回のコレクションを作り上げました。今回のトランクショーではデザイナークラウス・ミュールバウアー氏が来日します!

20160923_1388947.jpg

クラウス・ミュールバウアー氏

 

デザイナー自らの見立てはもちろんのこと、スタイルや、素材、色、装飾、サイズ全てをカスタムオーダーしていただけます。ところで「カスタムオーダーとは・・・??」という方も多いはず。帽子は似合わない、小さすぎて被れない、大きすぎて被れない、カスタムオーダーはそういった方々にとてもオススメなのです。

 

まず基本的なところからは、頭のサイズに合わせて帽子をつくります。

20160923_1388941.jpg

デザイナーによる採寸風景。(大きいや小さいという悩みのある方はこれで一安心ですね!)

 

Aという形が気に入ったけど、他の色でつくれないのだろうか?帽子店でこのようなこと思ったことありませんか?

IMG_0984.JPG

スウォッチと呼ばれる色の見本や他の帽子のカラーを参考にお好きな色での作成も可能です!(すべてではできませんが。ぜひ詳細は当日スタッフへご相談ください)もちろんリボンやピンの色など細かい部分も変更できますよ!

 

そもそも帽子が似合わないという方もいらっしゃるかも。当日はなんと約90型の帽子が店頭に並びます。(当日はメガネは1本も並びません。帽子のみです!)スタッフが当日その中からお似合いになるモデルをお探しします!これだけのミュールバウアーの帽子を一堂に見てもらえる機会はおそらくなかなかありません。帽子選びの楽しさにきっと気づいていただけるはずです!

 

ほんの一部ですが、今回ご覧いただける帽子がこちら。

今季新登場のゴムバンドを使用したハットシリーズは、細部に至るまでの完璧なフィット感と唯一無二の革新的なスタイルを提案。また、カプセルコレクションからは今季のテーマ「REFORM」をカラフルな色や様々なマテリアルと型で再現した、とびきりポップなラインナップになっています。

hat13.jpghat14.jpghat15.jpghat12.jpg

 

hat1.jpghat2.jpghat3.jpghat4.jpghat5.jpghat6.jpg

 

さて気になる開催日はこちら。

 

開催日

9月9日(土) 渋谷店

9月10日(日) 代官山店

 

また当日は6回のセッションで予約制となっております。

第1回 11:00 〜 12:00

(休憩90分)

第2回 13:30 〜 14:30

(休憩15分)

第3回 14:45 〜 15:45

(休憩15分)

第4回 16:00 〜 17:00

(休憩30分)

第5回 17:30 〜 18:30

(休憩15分)

第6回 18:45 〜 19:45

 

ご予約なしでもご来店いただけますが、当日はご予約の方優先となります。

また通常の営業は致しませんのであらかじめご了承ください。

 

ご予約はお電話かメールにて。

 

TEL 渋谷店 03-5459-8377

   代官山店 03-5459-3645

メール mail@globespecs.co.jp

 

もし当日のご来店が難しいお客様、一度ご相談ください。

事前にご覧いただくことや、イベント後にご覧いただけることもございます。

またご不明な点はお気軽にご質問ください。

 

あなたに似合う特別な帽子をこの機会にぜひお求めください。

ご予約、ご来店をお待ちしております。

 

こちらのサイトでも当イベントをご紹介いただいています!

→ BOQ 

→ OLIVER 

 

#3「サングラスを買いたいけど…。」

お客様との会話の中から出て来るお悩みを、お客様と一緒に考えて解決していくシリーズ。

#3 は、今の季節に登場頻度の高い”サングラス”に関してのお悩みです。

 

今回登場のAさん、実は既にサングラスを幾つかお持ち。

でも、何かしっくり来ていないご様子。

 

「サングラスを買いたいけど、いつも大げさな感じになってしまうのが嫌...」

 

特に女性の方からよく受けるお悩みです。

これ、実はお顔とサングラスのバランスが上手く合っていない所から生まれるのが原因です。

大きすぎるため浮いた印象に...

 

基本的にサングラスとして売られている商品は、眼鏡として売られている物よりもやや大きいサイズの物が多いです。

お顔の小さい方(特に女性の方)が掛けると、顔に対してサングラスが大きすぎて、浮いた様な印象になってしまいます。

この事を解決するには、

 

ズバリ顔にあったサイズのサングラスを選ぶ事です。

 

とはいえ、基本的に大きめが多いサングラスの中から小さい物を見つけ出すのは少々難しい作業になります。

 

そんな時にお勧めの選び方は、こちら。

 

”顔にあった眼鏡フレームを選び、レンズをカラーレンズに変えてサングラスにしてしまう”

 

というやり方です。

顔に合わせると自然な印象に!

 

意外と知られていない方法ですが、この方法だとほぼ全ての商品の中から選ぶ事が出来、お顔にあったサングラスを見つけ出す事が出来るはずです。

レンズのカラーや濃さの種類も豊富にあり。ご自身の好きな様にレンズを入れる事も可能です。

お値段も実はそんなにかかりませんし、早ければその日のうちにお受取も出来ます。

 

意外と簡単なやり方で、気に入ったサングラスを手に入れる事が出来ると思います。

 

お悩みの場合は、是非スタッフにお声がけ下さい!!

 

 

100本の眼鏡#23

Last Pictures by Raul Diaz for Lesca Lunetier

近代建築の巨匠と呼ばれた彼がかけていたトレードマークの丸めがね。

ボリューム感のあるぽってりとした表面にラウンドとボストンの間のような絶妙なラインは顔の上に重ねる事でこそ意味をなします。

7mmほどの厚みが生み出す厳かで、力強く、精錬な印象は巨匠と呼ばれるのに相応しい風格を醸し出します。

メガネの奥の眼差しは一体何を見つめていたのでしょうか。

Lesca LUNETIER

 La Corb's

HOUYHNHNM(フィナム)8/17

みなさんこんにちは。

今回のHOUYHYHNM(フイナム)「SNAP」はこちら。

 

MIYAZAKI

繊細なラインのメタルフレームの中でもダブルブリッジはデザインに寄っては太めセルよりも個性的な印象を生み出します。

清潔感のある綺麗めシャツやカットソーに合わせて、上質で洗練された美しき「アク」がこのフレームの最大のポイントなのです。

Brand: Lunor

Series: Aviator II

Mod: P8

 

HOUYHYHNM(フイナム)「SNAP」

#2「耳の後ろ 痛い」

お客様との会話の中から出て来るお悩みを、お客様と一緒に考えて解決していくシリーズ。

#2 はHP検索ワードでも上位にランクインされるこのお悩み、

「耳の後ろ 痛い」

です。

 

基本的に人それぞれ顔の形は違うため、調整をしないで眼鏡やサングラスをかけると、「ゆるい・きつい・痛い...」などの不具合が生じます。その為、お店ではお客様一人一人に快適に使っていただけるように、お渡しする際掛け具合の調整を行なっております。

具体的な調整方法は過去のblogをご参考にしてください。

眼鏡について意外と知られていない事〜調整編〜

ただ、最初のうちは快適に使えていたのに、しばらく使っていたら何となく耳の後ろが痛くなってきたということはありませんか?

耳の後ろは神経も多く、すぐ痛くなる箇所でもあります。せっかく気に入った眼鏡でも、痛いと掛けるの止めてしまいたくもなります。では、これはなぜ起きるのでしょうか。

 

大きな原因の一つにあげられるのが、

最初にお顔に合わせた状態から、日々の掛け外しを通じて眼鏡の左右の幅どちらかが広がってしまった。

ということです。

 

少しだけ調整の話をしますが、眼鏡の幅を変える場合、智元と呼ばれるフロントとテンプル(ツル)を繋げている付近を温めたりして調整します。左右均等に智元を広げると耳の曲げの位置はほぼ変わりませんが、右の智元だけ広げると左耳の曲げの位置は手前に移動し、左の智元だけ広げると右耳の曲げの位置は手前に移動します。これは、幅が片方だけ広がると目とレンズの距離が左右で変わるので、連動して曲げの位置も変わってしまうのです。曲げ位置が本来の位置よりも手前に移動すると、当然耳の後ろにフレームが当たり痛くなってしまいます。

「耳の後ろが痛い」とご来店された方の話をうかがうと、たいていの場合片方の耳だけが痛いとおっしゃられます。

その場合、広がった方をせばめることでほとんどの場合解決されます。ちなみに、「片方の鼻だけが痛い」という場合も原因はほぼ一緒です。

 

日頃の掛け外しを両手で行なっていただければ、片方だけ広がることはある程度は防げると思います。結果として耳の後ろが痛くなることも防げると思います。

 

もちろん、それでも変わってしまう場合もありますので、その際は再調整をいつでも行いますので、お気軽にご来店下さい!