<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2016秋の展示会 Living Room at Batsu Art Gallery(レセプションパーティー編) | main | 2016 Simo 新作紹介ROBERT MARC(ロバート・マーク)~Part2~ >>
2016 Simo 新作紹介ROBERT MARC(ロバート・マーク)~Part1~

 

1981年、ロバート・マーク氏がニューヨークのコロンバスアベニュー190番地に、自身の名前を冠したアイウェアブティックの第1号店をオープンしてから、今年で創設35周年を迎えました!今季はこの記念すべき35周年と重なると同時に、ROBERT MARCとは切っても切れない、オーセンティックで希望に溢れ情熱的、そして常に発展し続ける都市であるニューヨークからインスピレーションを受けたコレクションとなっています!!

ニューヨークは他に類をみない魅惑的なエネルギーで満ち溢れ、シックでホヘミアン、伝統的でありながらくつろげる場所、それらすべてを一度に感じる街です。そして新作はロバート氏がこれまで築いてきたブランドヘリテージに注目しています。

これまでの過去を振り返り未来を創造したニューヨークらしさが散りばめられたコレクションをロバートさんの想いと同時に2部にわたってご紹介いたします!

 

 

まずはウィメンズコレクションよりご紹介、ウィメンズコレクションは才知と優雅さを兼ね備えた女性のイメージを具現化しています。更に注目すべきがトレードマークのヒンジを2色の異なるアセテートを組み合わせて生み出した「スペクテイターヒンジ」。

 

 

 

ロバート氏:「ブランドヘリテージを振り返った時に真っ先にヒンジのことを思いついて何か真新しいものにしたいと思ったんだ。2色使いの”スペクテイターシューズ"からインスピレーションを受けて、色の違うアセテートを組み合わせることでよりヒンジを際立たせ新しくした"スペクテイターヒンジ"を考えついたんだ。」

 

カラーはニューヨークを象徴するものやエリア等からイメージされていて、ロバート氏のセンスが光る色使いに目を奪われます。

一つ一つイメージ写真と共にロバート氏からのコメントも交えてご覧ください!

 

 

 

 Mod.RM871 Col.327 NYC Black

 

 

まずは、ニューヨークブラックです。四角形が強いこのフレームにロバート氏はこのクールなブラックを採用しました。

スペクテイターヒンジにはキャメルカラーにゴールドヒンジの上品な組み合わせです。

 

ロバート氏:「ニューヨークではファッションや車などブラックがポピュラー。面白い事にファッションエディターが色を語っていたとしても彼らは黒い服をよく着ているんだよ。」

 

 

 

Mod.RM870 Col.312 Brown Stone

 

こちらはニューヨークの古い豪華なアパートメントに使用されている壁絵素材の色をイメージしています。テンプルはサドルブラウンという深いブラウンにカシミアトープのスペクテイターヒンジが落ち着いた印象を与えます。

 

 

Mod.RM870 Col.315 Broadway Red

 

 

続いてブロードウェイレッドです。トータスカラーのスペクテイターヒンジが美しさを際立たせます。

 

ロバート氏:「実はこのブロードウェイレッドはニューヨークで初めて開通した地下鉄"ブロードウェイライン(1,2,3番ライン)"のシンボルカラーである赤色からインスピレーションを受けたんだ。イメージ写真にもある通り、ブロードウェイには赤を基調としたものがいくつも見受けられるよ。」

 

 

 

Mod.RM871 Col.316 Empire Blue

 

 

こちらはエンパイア・ブルーというカラー。スペクテイターヒンジにはトータスを使用、大人な女性を表現してくれます。

 

ロバート氏:「ニューヨーク州は異名"エンパイア(帝国)州”と呼ばれているんだ。そこからエンパイアステートビルも名付けられたんだよ。またブルーはニューヨーク州のシンボルカラーでもあり、アメリカの合衆国旗にも使用されているほど馴染みがあるんだ。」

 

 

 

Mod.RM871 Col.317 Lexington Green

 

こちらはレキシントングリーン。フロントはミルキーな柔らかいグリーンを用いており、テンプルは深みのあるグリーンにトータスのスペクテイターヒンジを採用。

 

ロバート氏:「ニューヨークで2番目に開通した地下鉄"レキシントンライン(4,5,6番ライン)"からインスピレーションを受けたんだ。また、イメージ写真にもあるアッパーイーストサイドのレキシントンアベニューにある古く品格のあるアパートのメインゲートのカラーにもグリーンがよく使用されているんだ。」

 

 

 

Mod.RM870 Col.314 Chealsea Tortoise

 

 

 

最後はチェルシートータスです。フロントにはミッドセンチュリーの抽象絵画に見られるようなべっ甲が用いられ、テンプルにはニューヨークブラックとキャメルカラーの組み合わせのスペクテイターヒンジが用いられメリハリがあり、人目を惹き付けてやまないカラーとなりました。

 

ロバート氏:「ニューヨークにチェルシー地区というエリアがあるのだけど、近頃新たなアートギャラリーが盛んになっているエリアなんだ。そしてまさにアーティステックなこのトータス(べっ甲)がぴったりだと思ったんだよ!」

 

 

なんだかロバートさんにニューヨークを案内してもらった気分になってワクワクしてきますね。

これらのカラーを用いたウィメンズサングラスを一部ご紹介します!

 

 

Mod.926 col.317 Lexington Green

 

 

フレームの上部分が少し厚みがありフォックス調になっているのがインパクト大なサングラス。クールかつスタイリッシュに決めてくれます。

 

 

mod.923 Col.325 Empire Blue

 

 

丸みのあるサングラスがとてもファッショナブルです。

また、テンプルが少し下がった位置についているため目線を高く見せてくれ、顔立ちをすっきりとした印象に見せてくれます。

 

 

今回はここまで!第2弾では、メンズコレクションをご紹介させていただきます!

お楽しみに!!

 

 

商品は11月中旬より随時入荷予定となります。