<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Selima Optique入荷しました! | main | 2016 Mido 新作紹介 Lesca LUNETIER(レスカ ルネティエ) >>
6/11より OG×OLIVERGOLDSMITH 5TH Collection発売!
Photo:SHUHEI NOMACHI
OG×OLIVERGOLDSMITHの最新作が入荷します!
「職業とそれに従事する方の顔と眼鏡をリサーチし、眼鏡の形状や素材を決めていく」というデザインプロセスが新鮮で面白いOG×OLIVERGOLDSMITH。このデザインプロセスはセカンドコレクションから続いています。東京、ロンドン、サンフランシスコ、ポートランド、ロサンゼルス、サンパウロの6都市をリサーチし、デザインに反映されています。

今回のコレクションでは、新しい技法を取り入れました。アセテート製のフロント上部にスライスを入れ、そこにノーズパットが一体化したチタン素材を組み合わせます。これによりフロント強度が増すとともに、立体的で豊かな表情を演出しています。

全モデルとも鼻パット部分にオリジナル開発の物を採用。カラーリングはイギリスのビンテージカーをモチーフとしているそうです。
 
今回はどんな職業の方がイメージして作られたのでしょうか。
さっそくご紹介します。


Driver ドライバー(運転手)


Innovator イノベーター(革新者)


Baker ベーカー(パン屋)


Curator キュレーター(学芸員)


私たちの身近で働く職業の方がデザインソースなので親近感が湧きますね。どのモデルもデザイン性・実用性ともに優れたものとなっています!カラー展開も豊富に入荷されますよ。
上記4モデルは6月11日(土)から店頭発売されます!是非お試し下さい。



そして、これらより早く先月発売されたメタルフレームも人気です。

Farmer ファーマー(農家)





Garderner ガーデナー(庭師)





コンビネーションフレームとはひと味違った繊細なラインが美しく、掛け心地も抜群です。こちらも合わせてお試し下さい。


------------------------------------------------------------------
OG×OLIVERGOLDSMITH デザイナー紹介

ニック・ゴールドスミス プロフィール

1970年、アイウエアブランド「オリバー・ゴールドスミス」の一族に生まれる。セントマーチンズ スクールオブアートにてグラフィックデザインを学んだ後、1996年に友人のガース・ジェニン グス、ドミニク・ラングと共にプロダクションカンパニー 「Hammer & Tongs」を設立。 「Fat Boy Slim」「Blur」「REM」 など数多くのミュージックビデオやコマーシャルの制作で知られ、 その後は映画製作にも進出。 『銀河ヒッチハイク・ガイド(原題: The Hitchhikers Guide to the Galaxy)』『リトル・ランボーズ (原題:Son of Rambow)』といった作品に、プロデューサーとして関わっている。