<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2014 パリ・Silmo展 出張blog(Silmo編1) | main | 2014 パリ・Silmo展 出張blog(Silmo編3) >>
2014 パリ・Silmo展 出張blog(Silmo編2)
9/23-9/29までの間、フランス・パリで行われるSilmo展参加のためヨーロッパに出張いたしました。出張で得た海外ブランドの最新情報や体験したことなどを報告いたします。

前回からのつづき
いよいよSilmo展

会場はパリの中心から電車で40~50分くらいの所。シャルル・ド・ゴール空港の一つ手前にある駅が最寄りで、日本の東京ビックサイトの様な感じです。




会場はものすごく広く、日本の展示会であるIOFTの倍くらいの印象。展示場は中庭を挟んで2つに分かれていて、中庭ではランチをしたり、来場者同士で談笑する光景を多く見かけました。




ヨーロッパでの展示会だけに、欧米のバイヤー達が多く来ていましたが、日本や中国、韓国の人たちも多く見られました。


まずは、グローブスペックス代理店ブランドの様子からお伝えします。

Lunor


黒基調のとてもシンプルなブースでした。商談ではLunor専用のカップ、グラスでコーヒーやシャンパンを出してもらいました。新作の中でなんと言っても一番の目玉はLunor V 110です。フルメタルのLunor Vにラウンドタイプが登場しました。また、Lunor A5の人気モデル232,234に新色が追加されていました。






Robert Marc


Robert Marcらしい高級感があるブースでした。今期のテーマ ベネチアングラスを連想させるベネチアのイメージ写真がコレクションの期待度を上げてくれました。



Robert Marc氏

Robert Marc氏自らコレクションを紹介してもらいました。レディースラインのカラーはベネチアングラスの質感を再現するため、通常のプラスチックとは成分の配合、磨きの手法を変えているそう。ヒンジのアイコンにゴールドが採用され上質感を高めていました。メンズモデルにはギラツキをおさえるガンメタルヒンジが採用されるようになりました。





Lesca LUNETIER



ルノア、ロバート・マークに比べ、作り込みすぎない手作り感のあるブースにLesca LUNETIERらしさを感じました。新作はJoelさんから紹介をしてもらいました。


Joel Lesca氏



新作の次にヴィンテージラインを紹介してもらいました。一部サンプルケースに入っていましたが多くの商品はブースのバックヤードにある段ボール入っていて、次から次に出てきてそこから商品選びをしているのがまるで宝探しみたいでした。Lesca LUNETIERの豪快さとヴィンテージメガネの量に驚きました。




Anne et Valentin



Anne et Valentinのブースは今季のイメージを装飾した壁で囲われていて外から中が見えないようになっていました。小さな窓に新作が展示されていて多くの来場者が食入るようにように見ていました。



商談テーブルは8台ありましたが、常に満席で日本からのお客様も多かったです。会場内でもっとも白熱した商談をしているブースと感じました。


左奥にいらっしゃるのはAnneさんです。

各国からエージェントが来ているのでファッションや掛けているメガネも様々ですが一目でAnne et Valentinのエージェントとわかる共通した雰囲気がありました。





 


ここからはグローブスペックス代理店ブランド以外の商談風景の様子もご紹介します。

KUBORAUM


Antonio Pincin氏


GLCO


新作も間違いなく人気が出そうな感じ。



JEREMY TARIAN

Jeremy Tarian氏
個性のあるデザインが特徴のTarianですが、今回の新作は意外と掛けやすそうなモデルが多かった印象です。


MICHEL HENAU

Marc Delagrange氏

今回は仕入れてきませんでしたが、このような多角形のモデルを他のブランドでも多く見かけました。



XAVIER DEROME

Xavier Derome氏

店舗でも人気のalcoholの新型、やや丸みのあるクラウンパントゥタイプなどを仕入れてきました。また、新色のラミネーションはとても綺麗でした。




EMMANUELLE KHANH


全体に太身のモデルが多い印象、中でもメタルブリッジタイプのフレームは存在感もあり格好良かったです。




ic berlin


テンプルエンドの仕様も変わり、より下がりにくくなりそうです。

ブースでは無料で食べ物が頂けて、さらに味も抜群。
それだけでここに来る価値があるくらい、人もたくさん集まってました。


Lesca LUNETIERのブースの近くで、CUTLER AND GROSSのヘッドデザイナーのマリー・ウィルキンソンさんにお会いしました。日本人のパティシエが作った、マリーさんそっくりなクッキーを見せてもらいました。記念に一枚。


そしてLesca家のお二人も


その3へつづく。