<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< LaLOOPイロイロ(ファッションリング編) | main | HOUYHNHNM(フィナム)8/21 >>
世界を歩く/ミュールバウアー(その1)

今回の世界を歩くはオーストリアのウィーンへミュールバウアーを訪ねて行ってきました!!

毎年、グローブスペックスでは帽子のトランクショーを行っている事でも有名なこのブランド。
なんと今年は創業111年目の記念すべき年。創業から脈々と受け継がれてきた伝統と製法、そして毎回新しいアイデアを盛り込んだデザイン性は毎回のコレクションで常に私達を楽しませてくれます。そしてこのブランドを率いているのが4代目当主でデザイナーのクラウス・ミュールバウアー。こう説明をするとどこか堅苦しさを感じてしまいますが、とんでもない、とっても魅力的でフレンドリーな人なんですよ。(トランクショーにいらっしゃった方はきっとわかるはず)


今回はミュールバウアーのお店の周りのおすすめのカフェやバーを教えてもらったのでご紹介いたします。
まずはこちら
Altmann & Kuehne(アルトンマン&キューネ)
「この街で一番のとびっきり美味しいショコラのお店だよ!!」
ちなみに店舗の内装はオーストリアを代表する建築家でウィーン工房の主催者のJosef Hoffmann(ヨーゼフ・ホフマン)そしてパッケージはウィーン工房が手がけているだけあり、なんと言っても店内がまるでおもちゃ箱のよう。チョコレートをいれてある箱のデザインの素晴らしさは味だけでなく、食べる前の気持ちを盛り上げ、食べた後までも取っておきたくなるようなかわいらしさ。
住所 Graben 30, Wien
TEL (01)5330927
アクセス 地下鉄1・3番線シュテファンスプラッツ(Stephansplatz)駅から徒歩1分




Kleines Café(クライネスカフェ)
その名の通りKlein(小さい)カフェという名にふさわしく本当にとても小さくしかし居心地の良いカフェです。ウィーンの中心に位置し、ミュールバウアーのお店からもっとも近い場所にあります。
映画「恋人までの距離」にも登場した場所です。映画のほとんどは2人の会話で成り立っており、その言葉選びとウィーンの町並みがより一層リアルな高揚感を生むエッセンスとなっています。
この小さくてチャーミングなカフェに入ればそこには様々なドラマが生まれ、皆思い思いに時間を過ごせる場所。おしゃべりを盛り上げるのは極上のスウィーツとほろ苦いコーヒーや時には一杯のアルコールで十分なんです。

住所 Franziskanerplatz 3, Vienna 1010


http://blogs.yahoo.co.jp/sophieinwien/58879570.html

Loosbar(ロースバー)
ユニークな建築や内装のレストランやカフェが今やウィーンの伝統となっていますが中でも有名なのがこのロースバー。
100年前に建てられた小さなアメリカン・バーは現代建築のパイオニア、アドルフ・ロースにより設計されたもので今では重要文化財として保護されてます。時代が変わっても、そこに流れる空気は料理やサービスは今も変わらず、最高の一晩を演出してくれます。ぜひともおすすめしたいスポットです。

住所 Kärntner Durchgang 10
1010 Wien

Tel:
01/5123283





今回はクラウスのウィーンおすすめスポットをご紹介いたしました。
ウィーンへいかれる際はこのスポットはマストですよ!!
次回はウィーンで今年の5月に開催されたミュールバウアーの111周年記念に発売された本のお披露目パーティーの様子をご紹介いたします。


そんなミュールバウアーが9月に日本にやってきます!
イベント詳細は以下をチェック!!
↓↓
2014 A/W ミュールバウアートランクショー