<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Eyewear Collection@NAJA SPORTS and naja in FUKUOKA | main | madignite 10th Anniversary in Hamamatsu >>
偏光レンズ 実際にどう使う?
前回は偏光レンズの原理をご紹介しました。
今回は使っていただく事にスポットをあてます。偏光レンズには様々なカラー展開があり特徴もそれぞれ違いますので、どの様な時にどのカラーが相性が良いのかをご紹介していきたいと思います!

IMG_0311.jpg


当店では、偏光レンズのご希望をいただいた場合、TALEXのレンズをお薦めしています。TALEXは、高品質の偏光レンズを開発・製造から最終仕上げまで一貫生産し、専門に作っている世界でも希有なレンズメーカーです。TALEXの偏光レンズは、ライフスタイルに適したレンズカラーをそれぞれご紹介しています。つまりサングラスとして単にまぶしさを軽減させるだけの目的にせず、使うそれぞれのシーンにあったレンズカラーを使うと、より見えやすくなり目に優しくお使い頂けます。
それでは、シーンに合ったレンズを幾つかご紹介していきます!


「サングラスを掛けても見るモノの色を変えたくない」
「強い日差しの中でも、目が楽なカラーにしたい」
IMG_0378.jpg

IMG_0407.jpg
フレームに入れると、この様な印象。

IMG_0410.jpg
A.この様な場合は、「トゥルービュー」がお薦めです。
世界で唯一カラーで特許をとっているTALEXの代表選手。
グレー系のカラーは、色の誤差がなく掛けていることを忘れるほどの自然な見え方になります。長時間掛けていてもらくちんで、とても目に優しいレンズ。
いつでも使えて、使い勝手がとても良いです。



「テニスやゴルフ、野球など屋外のスポーツの時に使いたい」
「物の輪郭をはっきりみたい」

IMG_0409.jpg
フレームに入れると、この様な印象。

IMG_0414.jpg
A.こう言う時には「アクションコパー」
赤褐色のカラーは、コントラストを上げて対象物をくっきりとさせ、シャープでクリアな見え方です。あらゆる動きや状況を楽に読み取れる様になります。曇天の時でも使用できます。


「街中を歩く時に自然な雰囲気で使いたい」
「まぶしいのはイヤだけれど、より明るく鮮明に見たい」
IMG_0381.jpg

IMG_0408.jpg
フレームに入れると、この様な印象。

IMG_0416.jpg
A.明るめカラーの「イーズグリーン」がよいでしょう。
ライトなグリーン系のカラーは濃いサングラスの重い感じを軽快に変える明るい色合い、なのにまぶしくない。自然に目が癒される視界で、明るく感じます。使用感がとてもライトなので偏光レンズ初心者の方にはとても使いやすいカラーです。


「室内でのPC作業の時に、目の負担を軽減したい」
IMG_0379.jpg
A.新カラーの「モアイブラウン」がおすすめ。
オフィスでも自然に使えるほど淡いブラウン系のカラーです。
コントラストをやさしく上げて目をアシストし、PC作業などの疲れが楽になりますよ。




店頭でもサンプルをご用意していますので、気軽に試しにいらして下さい。
IMG_0307.jpg