<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グローブスペックス京都店のOptimum Retail Finalistアワード受賞 | main | 営業時間変更のお知らせ >>
2020SS 新作紹介 「Anne et Valentin(アン・バレンタイン)」

こんにちは。京都店の岡田です。

2020年春夏のコレクションテーマは「本質」。世界の至る所で人々が変化を望んでいる今、アン・バレンタインは先人たちの歩んだ道を振り返り、私たちを取り巻く環境を鑑み、才能あるクリエイターたちが創り出す世界からインスピレーションをもらいながら幸せを分かちあえるよう努力したいと考えています。

 

【NEW CONCEPT】BRUTALISM

ブルータリズムは材質がもたらす効果を使い、質実な建築物のように本質を追求したシリーズです。あえてフレームが生まれるプロセスに光を当て、一つひとつのフレームに残された加工の痕跡、ラインや溝、引っ掻き傷や段差、艶消しなどをデザインに取り入れました。試作品の荒削りな「生」のありのままのボリューム感と、削り出したままのような面をデザインとして際立たせる洗練されたアイウェアです。

 

4型展開。

 

 

 

RAW2 20A14

RAW3 20A15

 

 

【NEW CONCEPT】SKYLINE

スカイラインは、寒色と暖色、チタンとアセテートのコントラスト、細いラインのブリッジが特徴のレトロフューチャーなシリーズです。従来であれば目に見えなかった構造に欠かせない「ライン」を、時には蛍光色を使いポップにデザインに取り入れました。デザインの本質を見据え、ニューウェーブを起こしたいと考えるアン・バレンタインならではの「デザイン愛」を象徴するコレクションのひとつとなりました。

 

3型展開。

 

 

 

SKYLAB 9D23

SKYWAY 9D21

 

 

 

【NEW MODELS】SUPER POSE

前回のコレクションでも特に人気のあったスーパーポーズが、春らしいカラー・形を携えてバージョンアップして登場しました。スーパーポーズの発端となったのは、二本の糸がぐるぐると巻かれたり、結ばれたり、ほどけたりして生まれる太さや厚みです。限りなくミニマルかつ時代を超えたフォルムを追求したマチュー・マテゴをはじめとするコンテンポラリー・デザインに想起を得たこのコンセプトは、とにかくモダンを目指しています。

 

新4型展開。

 

 

 

REBORN 20A50

REOPEN 20A47

 

 

【NEW MODELS】

人気のコンセプトにも魅力的な新しいモデルが多数仲間入りです。

 

ALPHA

AIKO 20A43

 

HYPHEN

JUST MAMBO 9A25

 

MINIMALIST

M.8 9A14

 

PLAY IT

PACY 9A17

 

NOMADE    

SEVILLE 9D17

SCALA 9D15

 

SUNSET CITY                                                                          

   

SYBILL 9D07                                                                

 

SUNNY CLUB

SAKAMOTO 9D10

 

 

 

【NEW COLORS】

エディション・ツーは数量限定モデルとしてご好評いただいておりましたが、今回カラーを一新して再登場いたしました。デザインのコンセプトは3つの基本形とそれらに合わせた3色からなります。デザイナー達の”サヴォワフェール(職人技)”が詰まったこのエディション・ツーは、サングラスモデルを加え世界で限られた数にて展開します。アン・バレンタインならではの個性的なデザインは一層存在感を放ちます。3型展開。(オプティカル 2色・サングラス1色)

 

 

上から

LABYRINTHE1 20A53 / LABYRINTHE2 20A52 / LABYRINTHE3 20A51

 

 

 

【NEW COLORS】

人気のモデルに新しいカラーが登場です。

 

 

ALPHA

ANNETTE 20A41

 

MINIMALIST

M.1 20A37

 

HYPERCUT

DJANGO 20A34

 

HIPHEN

JUST SWING 20A29

 

SUNSET CITY              

SWINTON 9D04

SACHA 9D08

 

 

旧市街の建物からは、建材の質感と響きに感化され、岡倉天心の「茶の本」からは真に本質的なものは虚の中にしかなく、すべてを受け入れることができる虚こそが万能なのだと改めて気づかされました。

これらの気づきや発見によって今回のコレクションは生み出されたのです。