<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2019 Silmo 新作紹介 AHLEM(アーレム) | main | Lesca Vintage 入荷のご案内 >>
2019年秋冬の展示会を開催いたしました。(その1)

こんにちは、プレスのはたちです。

10月8日から10日までの3日間、南青山のMORIO STUDIOにて秋の展示会を開催しました。今季のテーマは「STORY BEHIND」と題して、ブランドが持つデザインの特徴や裏側にある物語を展示会会場内や2日目に開催されたブランドセミナー内にてご紹介しました。また今回はAHLEMよりアーレム、Lesca LUNETIERよりジョエル、LaLOOPよりハンナが来日し、ご来場の皆様や取引先様へご案内を行うなど大変賑やかな会となりました。

 

それでは早速ご紹介いたします。

まずROBERT MARC NYCからです。

今季のROBERT MARC NYCのテーマは「ニューヨークシティ・ジャズ」ニューヨークで語り継がれる多彩な音楽を表現しました。自然でありながらどこかスタイリッシュが構造や滑らかなライン、思いがけないカラーや素材の組み合わせは大都会ニューヨークで生まれるリズムを体現しています。

展示会期中人気だったのがこちらのセルとメタルのコンビネーションです。男性、女性共に掛けられ、ロバート・マークの得意とするアセテートフレームの美しさを残しつつ、チタニウムをアセテートで挟み込んだデザインが非常に新鮮なモデルで大変好評でした。

 

続いてLaLOOPとDiane Taylorです。

20周年を迎えたLaLOOPからはよりアクセサリー色の強い大ぶりなモデルやゴールドやシルバーのモデルが登場しました。ラ・ループとネックレスの重ねづけのトレンドとも重なり、掛けこなしにも注目が集まりました。

またDiane Taylorからは大ぶりのグラスチェーンが登場し、その掛けこなしに注目が集まっていました。

グラスチェーンをテンプル後方へ装着して、掛けるとまるでイヤリングをしているような雰囲気になり、

グラスチェーンを前に持ってきて掛けるとまるでネックレスを掛けているように見せる事もできるのです。華奢なタイプもこの通り。

これには会場からどよめきが起こり、新たなLaLOOP、Diane Taylorの新作に皆さん興味深々でした。

 

続いてはAnne et Valentinです。

今季のAnne et Valentinは新しく4つのコンセプトが発表されました。中でもこちらのコンセプト「SUPERPOSE」は会期中大人気でいろんな方が試されていました。2つのパーツがパズルのように重なり合った軽量かつ柔軟なチタンフレームは日本屈指のメーカーで製造されており、ダブルブリッジならぬダブルバーが内円を結び、アンダーバーが表情に力を与えてくれます。

掛けてみるとこんな感じです。

色によっても見え方が変わりますが、見た目の印象と掛けた時の印象の違いに驚かれる方も多く、これぞAnne et Valentinの真骨頂といったデザインに皆さん興奮気味で掛けていました。

全国からお取引先様も多くいらっしゃる、いたるところで笑いが絶えず、久しぶりに会う顔に自然と会話も弾み、皆様とても楽しそうに選ばれていました。

(続く)

photo by SUGURU SAITO