<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< #8「眼鏡の素材には何があるの?(メタル編)」 | main | HOUYHNHNM(フイナム)#16 岡田 >>
2018AW展示会を開催しました(商談編)

こんにちは、プレスのはたちです。

10月22日(月)〜24日(水)の3日間、原宿のBANK GALLERYにて行われた新作の展示会の様子をご紹介いたします。今年の展示会のテーマは「AUTHENTIC & a TWIST」二つの異なるスタイリングの格好良さをデジタルサイネージを使用して皆様にご提案しました。ご協力いただいたのは数々のメディアで活躍するスタイリストの丸山晃氏とエディターの松本有加氏。

二つの異なる画像がじわじわと変わって行く様にご来場いただいた方々が驚きと感嘆の声をあげて、足を止めて興味深くご覧なっていました。

会期中には丸山氏、松本氏も覗きに来ていましたよ。

そして今回の展示会は来日デザイナーの多さも目玉の一つでした。

来日が非常に久しぶりのLaLOOPのエリザベスさん。

優しい笑顔で会場の人気者だったLesca LUNETIERのジョエルさんと息子のマチュー(お写真は後ほど)

Robert Marcからはハンサムなマーカスさん。

Anne et Valentinからはお馴染みクリストフさん。

そして今季よりグローブスペックスが代理店を行うAHLEMよりアーレムさんが来日。とかなり豪華な顔ぶれになりました。

 

毎年のごとく、前日までのギリギリでの準備でしたが、なんとか完成し当日を迎えました。

Lesca LUNETIER

GLOBE SPECS

AHLEM

GERNOT LINDNER

LaLOOP&Diane Taylor

Robert Marc

Lunor

Anne et Valentin

当日は朝から全国のバイヤー様の来場があとを絶たず、満員の商談となりました。

「今年はどんな企画なのか、毎回楽しみなんです」と楽しそうにいらっしゃる方や、「今回もまた凄いですね、大変だったでしょう」と言葉をかけてくださる方、じっとサイネージの画像を見つめて「こんな提案の仕方があるんですね」と興味深そうにご覧になられる方と様々でした。

Lesca LUNETIERのブースです。(マチューさんはここにいました!)商談の時はジョエルさんも真剣です。商談も少しの時間のずれで次の方がいらっしゃる中々過酷な現場です。その為、少しでもゆっくりと、そしてしっかりとご覧いただきたい為にアポイント制を取っています。この日も終日フルアポの為、予約なしのお客様を受ける事ができないほどでした。

こちらはAnne et Valentinのブース。ぎっしりと積み込まれた新作のケースを前にお客様の期待も最高潮。一際の賑わいを見せていました。

そして今回のもう一つの目玉は、今秋にグローブスペックスが代理店を務めるAHLEMのお披露目でした。

続く