<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ロバート・マーク氏から東日本大震災に見舞われた日本への励ましのメッセージ | main | ミラノ・MIDO(ミド)展速報3! >>
ミラノ・MIDO(ミド)展速報2!
2011 MIDO展の報告、本日はWolfgang Prokschです。

プロクシュは弊店でもずっと人気のブランドでしたが、今回新たに Mari Visionさんと手を組まれて新生ブランドとして登場する、と言う話を聞いていたので、とても楽しみにしていました。

MIDOの会場で見させて貰ったのは、まだ出来たばかりのプロトタイプでしたが、十二分にその良さが伝わってくる内容でした。一言で言うと・・、プロクシュらしさがとても戻ってきたコレクション、と言う印象です。他のどのブランドにも似ておらず、また昔メガネの焼き直し的デザインでもないのに、オーセンティックさ、本物志向を深く感じさせるデザインです。ファッションのみならず、建築、音楽、自動車、モダンアートなど、多岐に渡る興味やインスピレーションの範囲と、幾つもの著名ブランドのアイウェアデザインを任されてきた経験が積み重なって、プロクシュ独自の世界観とスタイルを築き上げてきた結果なのでしょう。皆さんに店頭でご紹介するのがとても楽しみです。店頭に並ぶのは少し先で6〜7月くらいになりそうです。以下はその新作を使ったイメージカットです。

 

どうです?とても楽しみですよね!

たしかプロクシュのブロウタイプは初めてだったかと思いますが、他のブランドのブロウタイプが皆レトロなイメージである事に対して、プロクシュのブロウはあまりレトロな要素は感じさせず、アバンギャルドなイメージです。