<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< GERNOT LINDNER ローンチイベント | main | 2018春の展示会 Living Room at CASE B(パーティー編) >>
2018春の展示会 Living Room at CASE B(商談編)

先週の4月10日から12日までの3日間、原宿のCASE Bにて春の展示会を開催しました。今年の展示会は「No eyewear, no look」をテーマに街の風景の中で、ハッと目が奪われるドラマチックなアイウエアを掛けた人達にフォーカスし、様々なアイウエアによって生み出される新鮮な表情を撮影。当日の会場がたくさんの表情豊かな人々のビジュアルで埋め尽くされました。

今回は初めての会場での開催で、慣れない中の搬入となり、Displayも前日まで試行錯誤の中、やっと完成へとこぎつけたスタッフ達の努力の結晶でした。

全てのブランドの新作も到着し、前週に行われたGERNOT LINDNERもなんとかDisplayを完成させていざ、展示会スタートです。

GERNOT LINDNER

 

Anne et Valentin

 

GLOBE SPECS

 

Robert Marc

 

Lunor

 

LaLOOP

努力の甲斐あって、展示会期間中はどのブランドも大盛況。アポイントのお客様だけで終日満席で予約なしのお客様をお受けできない状況でした。

みなさま、いつもグローブスペックスの展示会を楽しみにしていただいており、会場内の様子を写真に撮る方々が多くいらっしゃり、今回のアイウエアの提案もとても興味深くご覧になっていました。

そして今回はLesca LUNETIERよりディレクターのマチュー氏が来日していました。

日本のバイヤーの生の声や意見を聞きたいと商談にも気さくに仲間入りして楽しそうに話していました。

お客様からの色々な話を聞いて参考になったことが多くあったようで、次回は是非ジョエルさんも連れて来たいとお話されていました。商談の合間に子供達からかかって来た国際電話におどけた表情で笑わせていて、電話口の子供もキャッキャッと楽しそうにしていたのが印象的でした。

 

そして初日の夜はレセプションパーティーを開催しました。今回のレセプションパーティーはグローブスペックスの会場の向かいで展示会を行っていたGarrett Leight California Opticalとのコラボ企画によるパーティーでした。

続く