<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 100本の眼鏡#27 | main | 年末・年始営業時間のお知らせ。 >>
#4「レンズが厚い」

お客様との会話の中から出て来るお悩みを、お客様と一緒に考えて解決していくシリーズ。

#4 は目が悪い人の大きなお悩み、

「レンズが厚い」

です。

ご存知ではあると思いますが、近視の場合度数が強くなればなるほど、レンズの周辺が厚くなり、遠視の場合は逆で中心が厚くなります。

レンズが厚くなると、

・眼鏡が重くなる

・目の大きさが小さく(大きく)見える

・周辺の歪みが気になる

・レンズがはみ出て見える...

など、あまり良くないことが出てきます。

その結果、せっかく気に入ったフレームを選んでも、レンズが厚いせいで見栄えが変わってしまい、選んだ時とイメージが変わってしまった...なんて事が起きてしまいます。

https://static1.squarespace.com/static/51e44c85e4b041da6e26816c/t/51e68bc0e4b038b7a667c3ce/1374063554005/20-20-vision-dog.jpg?format=1500w

伊達メガネや、サングラスなど度付きにされない場合は、お好きなフレームを選んでいただいても大丈夫ですが、度付き(特に強度の方)は度数を考慮した眼鏡選びが重要になります。

では、実際どのように選んでいけば良いのでしょうか。

ここで知っていた方が良い情報が一つあります。

それは、

近視の場合、度が強くなっても中心の厚みは変わらず、周辺に向かって厚くなるという事です。

 

HOYA レンズ厚み比較表より(レンズを横から見た状態)
上の図を見ていただければわかるように、黒目のある付近のレンズの厚みはどんなに度が強くてもあまり厚くはならないのです。(図の真ん中がレンズの中心。中心は薄く、外側が厚くなります、S-5.00からS-10.00に向かって強くなります)

 

つまり、レンズの厚みを一番抑える選び方は、
1,レンズの大きさが小さいものを選ぶ。
2,フレームのレンズの中心と黒目の位置を合わせる。
という選び方です。
1は最低限やって欲しいやり方、2までするとより薄く仕上げられると思います。

レンズの厚みを抑える場合、「高屈折率の薄型レンズを使用する」ということを最初に思い浮かべると思います。もちろん前提として薄型レンズを使用することになりますが、それでも限界があり、やはりレンズの厚みを抑えるには、レンズサイズを小さくし、黒目の位置を合わせて作るのが一番効果的です。

まずはレンズサイズが小さいものを選ぶ。

 

1の「レンズ大きさが小さいものを選ぶ」というのはイメージしやすいと思いますが、2の「フレームのレンズの中心と黒目の位置を合わせる」は少しわかりにくいと思いますので、どう選ぶかご説明します。

まず、ご自身の左右の黒目と黒目との距離を測ります、眼鏡用語的にはPDと呼ばれるものです。

次に眼鏡のレンズサイズとブリッジサイズを測り、その二つを足した長さを出します、眼鏡用語的にはFPDと呼ばれるものです。このPDとFPDが一致すればレンズの中心と黒目の位置があった状態になります。

ご自身のPDは使っている眼鏡などからでもわかりますので、選ぶときに前の眼鏡をお持ちになるとわかりやすいと思います。また、FPDはフレームに記載されているサイズ表記51口17などの数字を足したものと同じになりますので意外と簡単にわかります。

強度乱視の方やプリズム処方された方、累進レンズの場合などは厚みの出方がさらに異なるため、より慎重に選ぶようになりますが、基本的な考え方は一緒です。

 

度数を考慮した上で、さらに似合う眼鏡を選ぶことは眼鏡屋の腕の見せ所でもあります。もしレンズが厚くてお悩みの場合は是非ご相談ください!!