<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< IOFT30周年特別講演 | main | 2017 Silmo 新作紹介 ROBERT MARC(ロバート・マーク) >>
コルビジェが愛した丸めがね

映画「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」が10月14日から公開が開始され、それに伴ってLesca LUNETIERのル・コルビュジエモデルのお問合せを多数いただいておりますので、こちらでご紹介させていただきます。

 

ル・コルビュジエが実際かけていた眼鏡はフランスでオーダーメイドで鼈甲眼鏡を作る店「メゾン・ボネ」が製作した鼈甲眼鏡がオリジナルなんです。コルビュジエからは色や形に関して非常に細かい指示が出されたと言います。デザイン画もコルビュジエ自身が描いたものが届き、そこには事細かなサイズが書き込まれていました。

 

修理や再注文もあったようですが、オーダーは決まって全く同じものでした。そんな彼のこだわりの詰まったデザインをボネからの許諾を得て、製作しているのがLesca LUNETIERのコルビュジエモデルです。

簡単に言えばボネが製作したコルビュジエの丸眼鏡の既製品化版とでも言うのでしょうか。素材はアセテートを使用し、11色展開とバラエティーに富んでいます。特徴的なボリューム感のあるフォルムと丸みを帯びたボストンシェイプは古めかしくなりがちな丸眼鏡の概念を覆し、時を超えた現在でも新鮮な印象を作り上げます。こちらの商品は全国のLesca LUNETIER取り扱い店舗にてご覧いただけます。