<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 世界を歩く(SAN JOSE DEL CABO前編) | main | HOUYHNHNM(フィナム)8/3 >>
世界を歩く(SAN JOSE DEL CABO後編)

世界を歩く SAN JOSE DEL CABO編の後編です。

San Jose del Caboの2日目にいよいよKiyaの店を訪ねました。車で向かえに来てくれてどんどん山道を入って行きます。暑く乾燥した土地なので木々はあまり無く、低木とサボテンがある砂地です。道路も舗装されていない砂地なので、なぜKiyaがJeepの4輪駆動車を選んでいるのかが良く分かりました。その先に何があるのだろうと思っていると、その山道の先にある平坦な土地に佇む、小さめな建物が幾つも集まっている場所に着きました。ここがSelf EdgeのSan Jose del Cabo店がある場所です。てっきり人の往来が多い賑やかな通りであると想像していたので、砂漠の山の中にあるこの場所に始め驚きましたが、不思議と人が多く歩いています。見ると殆どがメキシコ人では無く、アメリカやヨーロッパから来ている人達で、皆裕福そうでオシャレな身なりです。周りの店も拘りのメキシコ産ワイン専門店や、前日に町で会ったフランス人女性が経営するジュエリーショップがあり、一番奥にはその周辺のファームで取れる野菜やフルーツを生かしたレストランもあします。砂漠の山の中に、急に別世界が拡がっている様です。

Kiyaの店「SelfEdge」

店内の様子

SelfEdge,San Jose Del Cabo店で今年人気のショーツ

THE BARRACKSも綺麗に並べられていました。

Kiyaは元々好きになったSan Jose del Caboのこの場所に別荘を持ったのですが、その後にその周囲に商業施設を作る話が進み、そこに招致されて店を出したそうです。周りを見ると砂漠の山のところどころに建設現場があり、その周辺一帯が何も無い砂漠である事を逆手にとって、意表を突く別世界を更に拡げています。

KiyaのSan Jose Del Caboの家。農園や自店と隣接しています。

KiyaのSan Jose Del Caboの家。

なんとKiyaの手作りビールを振る舞ってくれました。

San Jose del Caboに来るまで、なぜクールな感覚と抜群なビジネスセンスを持っているKiyaがこの場所に店を作ったのか良く分からなかったのですが、この場所に来てみて完全に理解できました。Kiyaはこの土地を単に新たなビジネスチャンスとして見ていたのでは無く、この豊かな自然に溢れる場所に惹き付けられて来る、多くの自分と同じような価値観を持った人達と一緒に「The quality of life」を共有し、楽しみながら共存して更に面白い新しいものを作り上げていく、と言うとてつもなく羨ましいプロジェクトに熱中していたのです。しかもとてもリラックスしながら。このスタイルを彼等は「laid back」と呼んでいます。San Jose del Caboはこの様なセンスと価値観を持った人達が集まる村の様な場所になっていました。

農園で取れた新鮮な野菜を生かした料理が食べれるレストラン

お二人ともリラックスしたとても良い表情です。

この緑溢れる農園に囲まれ、Kiyaのお店を含む10店舗ほどのお店やレストランと何軒かの家が砂漠の中に作られています。

夜になると雰囲気はまたガラッと変わります

とっても刺激を受けた2日間を過ごし、次は首都であるメキシコシティーです。

世界を歩くMEXICO CITY編へつづく。