<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 世界を歩く(MEXICO CITY編) | main | HOUYHYHNM(フィナム)8/9 >>
#1「眠っている眼鏡を復活させよう!」

お店では日々いろんなお客さまとのめがねにまつわるやり取りがあります。実はこんな事がある、こんな事で悩んでいる。何気ない会話の中から私達が想像していない事や実は簡単に解決できてしまうものまでたくさんあります。

どうすれば快適にそして楽しくアイウエアを利用いただけるか、お客様と一緒に考えて解決していく内容をシリーズでお伝えして行こうと思います。

 

今回は悩みというより、お店での何気ない会話の中でご本人も特に気にもとめてなかった内容から発覚したお話です。

 

日頃からいろんな眼鏡を掛けられているSさんはご本人もおっしゃる通りで眼鏡が大好き。様々なタイプの眼鏡をお持ちです。

対応したスタッフは以前もSさんを対応させていただいていたのでその時に購入いただいた眼鏡はどうですか?ときいた所。

「そういえばどうしたかな??」「あれ?」

その原因を探るとしばらく掛けていたのですが、少し飽きがきて遠ざかってしまっていたようでした。

ケースに入れっぱなしの眼鏡はありませんか?

そうこんな場合はたいていの場合はしまい込んでしまい、あれそういえばあの眼鏡どうしたんだっけなという過去の眼鏡扱いになってしまいますね。折角ご購入していただいたフレームを新鮮に楽しみ直す方法はないのでしょうか?

はい、復活の方法ございます!!

 

それは、

『レンズの色を変えてしまう』

という方法です。

 

では実際に、具体例をご紹介します!

 

(例1)

サングラス→メガネ

ボスリントン型

JULIUS TART AR 44 BK

男性が着用した際のサングラス→メガネ

 

 

そして男性だけではなく女性の方へもこういった変更は可能です。

(例2)

メガネ→サングラス

ボストン型

Lunor A5 226 02

女性が着用した際のメガネ→サングラス

 

いかがでしたでしょうか。

折角、気にいって買っていただいた眼鏡達。眼鏡のレンズの色を変えるだけでまた新たな楽しみ方ができるのです。

皆様、ケースにしまったままの眼鏡やサングラスはありませんか?そんな時は是非試してみてください。