<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< HOUYHNHNM(フィナム)7/12 | main | 100本の眼鏡#22 >>
We love Men's style

今回の女子めがねはメンズのスタイルをこよなく愛する女性へ向けて送ります。

 

メンズもの、そこにはウィメンズとは全く違った魅力があります。海外パッケージに見られる、どこかチープで愛らしいスタイルや定番に垣間見える永遠のユニフォーム感、ビンテージに漂うしわのつきかた、汚れのかすれ具合に愛しさを覚える、そんな女性の方へフェミニンとはまたひと味違ったアイウエアをご紹介いたします。

 

ヘインズのパックT。

圧倒的なコストパフォーマンスとザ・アメリカという印象のパッケージでもはや説明の必要もない有名なブランド。ビンテージショップ等でアメリカンサイズを買ってみたり、小さめサイズを使ってみたり何かと重宝してしまうユニフォーム的なパックT。服装が自由な会社であれば、ヘインズTとデニムをユニフォーム代わりに1週間分揃えてしまうというのはどうでしょう。

と、そこでユニフォームスタイルにおすすめのアイウエアがこちらです!!

Lunor XV

細く繊細な作りのこちらのフレーム。ようく見るとリムの細さとブリッジの太さを微妙に変えているのです。またテンプル部分のディテールの拘りはこれぞLunorプロダクトと言わんばかりです。シンプルでともするとあまり気にならない部分をこだわって作る事で醸し出される洗練された雰囲気は前からというよりも横からの印象がドラマチック。ラフなTシャツでも、シャイニーなゴールドフレームのチョイスでぐっと落ち着いた雰囲気を醸し出すことができます。

 

 

軍パン

いつの間にか似たようなものが増えてしまうものの一つに軍パンがあります。厳密に言えば、全て違いがあり、全然似ていないのですが。畳んで積み上げてみると同じに見えますね。そんな軍パンのルーズでラフなスタイルにおすすめなアイウエア。こちらはいかがでしょうか。

Lunor A5 237

ルノアのセルフレームの中でも格好いい玉型の部類に入るのではないでしょうか。クラウン(王冠)とパントゥを組み合わせた玉型でクラウンパントゥと呼ばれるこちらの玉型の特徴は何と言ってもトップのカクカクした部分です。通常このタイプのレンズはレトロ感が多く出てしまうのですが、ルノアのそれは非常に格好いいのです。それというのも細身のラインと横に丸みのある曲線が上方のクラウンの直線を引立てて格好よさを引き出しているからです。さらにサイドに施された鋲の存在やフロントとテンプルをつなぐかしめ丁番の堅牢さがぐんと印象を格上げしてくれます。

 

スニーカー

ボリュームのないフラット感のあるスニーカーを大量保有してしまい、シューズボックスはすでに満員状態。ヒールのある靴を履こうとした時期もありましたが結局のところ、自分の足には現在のスニーカーライフが合っているのかもしれません、自分らしくいられる事の方が人からどう思われるかよりも大事になってきたそんな年頃。そんな方におすすめはこちら。

 

Lesca LUNETIER G.burt

大人の遊び心をくすぐるラウンドスタイル。様々な太さやサイズがありますが、大人の女性へおすすめのフレームはLesca LUNETIERのG.burt。程よいボリュームと大きすぎないサイズ感が特徴です。細身のラウンドは確かに掛けやすいですがスタイルの中に特徴が出にくい事もあります。ほんの少しボリューム感のあるものを選ぶ事でぐぐぐと表情が締まり、他の誰かではない自分らしさが生まれるはずですよ。

 

いかがでしたでしょうか。洋服もそうですがアイウエアもセレクトする上で男女のボーダーラインが無くなりつつあり、何が自分にとって気分を上げてくれるのかのポイントに尽きる気がします。本格的にアイウエアも楽しんでかける時代に突入してきましたね。掛ける人々の概念が変わる事で、これからもっと更に楽しめるようになって行くような気がしてなりません。それでは今回はこのへんで。