<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「今月のコノ1本」vol.5

こんにちは。

渋谷店三ヶ尻です。

 

今月の1本はこちら。

Lesca LUNETIERの新作のYOGAです。

 

Lescaの中でもかなり人気のあるクラウンパントゥから、レンズシェイプがラウンドになったラウンドパントゥが登場です。ヴィンテージフレームでご紹介しているラウンドパントゥのリサイズモデルとなります。

 

小ぶりなレンズシェイプは、より一層クラシック感を引き出し、知的な印象を与えてくれますが、フロント外周とテンプルがクリアになっていることで、明るくなり、軽やかな印象もプラスされます。

 

是非どうぞお試しください!

 

 

「今月のコノ1本」vol.4

こんにちは。

渋谷店三ヶ尻です。

 

今月のこの一本はこちら。

ROBERT MARC NYCより2019AWの新作です。

 

今まで色味の綺麗なアセテートフレームを得意としてきたROBERT MARC NYC。

今回ご紹介するフレームはそのアセテートの美しさを残しつつもリムとブリッジにメタルフレームを使用したコンビネーションフレームです。

 

最大8mmある分厚いアセテートながらも、間にメタルが挟まれることで、カジュアル感を控えめに、上質で落ち着いた大人の雰囲気を出しています。またライトグレーのカラーリングで厚みを感じさせず、都会的な印象を与えてくれます。

 

今回選んだクリアグレーのフレームは、正面から見た時にアセテートに挟まれているメタルが透けて見え、これまでのコンビネーションにはない洗練された雰囲気はプライベートでもビジネスでも使えてオススメですよ。

 

 

「今月のコノ1本」vol.3

こんにちは。

渋谷店三ヶ尻です。

 

今月の1本はこちら。

イタリアのブランド「HAPTER」です。

 

前回はGLOBESPECSのシンプルなフレームをご紹介しましたが、今回のHAPTERは構造に技術力を感じられるこだわりの1本です。

 

これまでのHAPTERの特徴はヒンジにネジを使用していないデザインでサージカルステンレスにラバーやファブリックが貼り合わされているフレームでした。

しかし、今回のコレクションからヒンジにネジを使用する作りになったのですが、なんせこの作りが、かなり格好いいのです!

 

8-GON HINGEと名付けられた八角形のヒンジ、

上下は八角形で真ん中が四角形になっています。

テンプル側はL字型になっており、ダイヤルを回すようなカクカクする感触が非常に面白く、とてもスムーズな開閉です。

 

実際に掛けると、アスファルトのような模様をしたラバー素材が抜群に馴染みます。

 

ぜひ店頭で試しみてください。

「今月のコノ1本」vol.2

こんにちは。

渋谷店三ヶ尻です。

 

今月の1本はこちら。

Brand:GLOBESPECS

Mod:BOB

 

 

GLOBESPECSの新作です。

メタルフレームにヴィンテージ加工を施すことで、良い感じに使い込まれた風合いが出て、かけた際により顔に馴染みやすくなります。

多角形タイプでリム上部は丸く、リム下部は角が立っている絶妙なシェイプ。

見方によって柔らかい印象にもシャープな印象にも感じられます。

 

注目すべきは色の組み合わせ!

通常はグレーのレンズにはシルバーが使われやすいのですが、そこにあえてゴールドを組み合わせるというなかなか珍しい組み合わせ。実はゴールド×グレーの組みわせはかなり相性が良く、ゴールドの上質な印象とグレーのクールな雰囲気が合わさり、落ち着いた大人の印象を作ってくれるのでおすすめです。

ぜひ店頭にてお試し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

「今月のコノ1本」vol.1

こんにちは。

渋谷店三ヶ尻(みかじり)です。

 

今月からスタートしましたスタッフの一押しメガネを紹介する「今月のコノ1本」

日々お店にいて、いろんなアイウエアを見続けているスタッフならではの視点や愛すべきおすすめポイントをスタッフの主観で綴る新しい連載です。

それでは早速ご紹介させていただきます。

記念すべき第1回目のおすすめはこちらです。

Lesca LUNETIERのヴィンテージクラウンパントです。

 

ここ数年で圧倒的な人気を博し、新たに入荷する度に様々なお客様の元へ旅立って行くほどのLesca LUNETIERの代表的な玉型です。

特徴としてはやはり角ばったクラウンのようなトップとパントゥシェイプのような曲線を描くボトムラインです。

フランス独特の玉型なのですが、クラシカルになりすぎず、クラウン部分のカクカクとした部分が入ることによって、掛けた時の表情が格好よく、狙いすぎないちょうど良い塩梅に決まるところも気に入っているポイントです。立体的に突き出たブリッジ部分の造形的な作りも見逃せません。

簡単に言えば、そう、格好いいんです。

現行品で出ているクラウンパントゥよりもヴィンテージラインの方がエッジが強く効いていて、存在感や雰囲気は抜群です。

 

今年選ぶなら是非クリアカラーがおすすめ!光を受けて生まれる陰影がよりエッジを際立たせてくれます。

写真はサングラススタイルですが、実はクリアレンズを入れてメガネとして使用するのもおすすめです。

 

気になる方は是非お問い合わせください。