<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
GERNOT LINDNER-STORIES BEHIND(ブランドに秘められた物語)

ゲルノット・リンドナー。その名を聞けば眼鏡業界のみならず、知らない者はいないほどの、眼鏡界の重鎮中の重鎮です。にも関わらず、ご本人は本当に気さくで眼鏡の話をする時はまるで少年のように目を輝かせて話してくれるのです。絶えることない眼鏡への情熱や好奇心は時に眼鏡だけでなく、ジュエリーやアクセサリーにも注がれる事もしばしば。「そのネックレスはゴールド?とても美しいね」と手にとっては嬉しそうに眺めていたりと、多くの人をたちまち魅了してしまう偉大な重鎮なのです。

ゲルノット氏はドイツのアイウェアブランドLunorの創業者・初代デザイナーで、美しい眼鏡を数多く産み出してきました。数年前に友人家族にLunorを託し、眼鏡界からは引退してしまったと誰もがそう思っていた矢先の2018年、突如として自身の名前を冠したブランドを携えて鮮烈なカムバックを飾ったのです。ゲルノット氏が諦めきれなかった夢、それは「シルバーの眼鏡」を作ることだったのです。何故なら、ゲルノット氏にとってスターリング・シルバー925の色は、メタルの中で一番美しいと思う色だったからです。

スターリングシルバーの眼鏡が殆ど作られていなかったのは、シルバーの弾性の無さ、また接合の難しさから加工がとても難しかったからで、実際ゲルノット氏でさえも商品化するまでに3年の月日を要しました。

 

様々な困難を乗り越えて確立された製造過程で最も特徴的なのは、金型からパーツを作るときに、300トンの力でプレスしてシルバーに弾性を与えることです。またロー付けではしっかり接合ができない為、レーザーで接合している事。これは前例が無く、レーザー接合のための機械をなんと自社で作ってしまったという驚きのエピソードもあります。

シルバーの美しさを出す為に、手作業にかける時間は実に通常のメガネの4倍にも及びます。一本のフレームを磨くのにかかるのはおよそ1時間。他のメタルフレームの倍の時間をかけて生み出されるのです。拘り抜かれた製造を経て、フレームには堅牢さと柔軟性が与えられます。

2019秋冬、SILMO展では新作発表の無かった「GERNOT LINDNER」ですが、どうやら2020年春に向けて準備中のフレームがあるようです。どんな美しいフレームがまた産み出されるのか、今から本当に待ちきれません。

2019 Mido 新作紹介 GERNOT LINDNER(ゲルノット・リンドナー)

GERNOT LINDNERブランドについて

1992年にルノアを立ち上けたデサイナーのゲルノット・リンドナー氏。ブラントのスタートから、その洗練されたエレガントなデサインが瞬く間に世界中で話題となり、以来アイウェアのクラシックデザインをずっと牽引し続けてきたブランドです。ルノアの顧客には著名人も多く、アップルコンピューターのスティーブ・ジョブス、俳優のブルース・ウィリス、メグ・ライアン、ジョニー・デップ、マドンナ、エルトン・ジョン他、多数の著名人が名を連ねます。

2010年を過ぎた頃からにゲルノット氏はデザインから身を引き始め、引退するのかと思われていました。しかし氏のデザインと眼鏡作りに対する情熱の火は消えること無く、この数年間ゲルノット氏は長年一緒に眼鏡作りに取り組んできた技術者のヘルムート・ミッテルバウアー氏と、そしてヘルムート氏の息子達とも共に研究を重ね、この度スターリングシルバーのコレクションを実現させました。ゲルノット氏は故郷であるオーストリア・チロルの山岳地域にデザインのアトリエを構え、ドイツバイエルン地方に工場を持つヘルムート氏が製造を受け持っています。

劣化が少なく金属アレルギーにも対応しやすい925スターリングシルバーは、その高い機能性や優位性のみならず、 美しい色味と光沢が魅力です。しかし今までシルバーは柔らか過ぎて、眼鏡を製造する上で不可欠となる十分な剛性とバネ性を持たせることか困難であったため、幾つものブランドがチャレンジしつつも品質の良い眼鏡を作る事が困難でした。ゲルノット氏とヘルムート氏は3年の歳月を掛けて研究と実験を重ね、スターリングシルバーの質感は損ねずに眼鏡に必要なバネ性と剛性を実現することに成功し、Gernot Lindner のコレクションは完成しました。付属するウッドのケースもやはりドイツの工房で丹念に作られています。渾身の新コレクションとして敢えて自分の名前を冠したブランド名にしたのです。

ゲルノット氏は14歳の頃からアンティークの眼鏡を収集し始め、イタリアや日本で眼鏡の博物館に対して、氏のコレクションからかなりの数のアンティークの眼鏡を寄贈したほどでした。その膨大なアンティーク眼鏡が持つ、美しいディテールの知識が自身のコレクションにもふんだんに生かされています。また氏がデザインを行う際に最も注意を払っていることは、全体のプロポーションの在り方とバランスです。 私、岡田が35年間のキャリアの中で日本と海外のあらゆる眼鏡を見てきましたが、このGernot Lindnerのコレクションはプロポーションの在り方とバランス、そして豊富なアンティーク眼鏡の知識に基づくディテールの作り込みが素晴らしいと感じています。

 

今まで普通の眼鏡に対して高級品と言うとべっ甲、金無垢などがありますが、それらは数十万円から100万円を超えるものまで存在します。Gernot Lindnerのスターリングシルバーのコレクションは10万円を切る価格で販売されるため、「最も高級で上品な普通の眼鏡」とも言えるかも知れません。ゲルノット氏のデザインを、他の中間業者や部品業者を一切入れずに全てヘルムート氏のMIBA GmbHの工場にて一括生産したことによって、効果的なコストダウンが出来た結果なのです。

 

ゲルノット・リンドナー氏はGernot Lindnerと言う眼鏡史に残る美しいコレクションを生み、また全く新しいメガネのジャンルを創造しました。

そして今季新たにリリースされた新作はこちらです。

 

NEW MODEL

150シリーズ・200シリーズ・300シリーズには、コレクション発表後要望の多かった小振りなモデルが新型として6型登場です。

GL157 SN

GL208 GP

GL305 SNS

300シリーズのGL303・GL304・GL305には、新たにウインザータイプが加わりました。

GL303 SN

500シリーズのコンビネーションフレームに使用されるアセテートには新色が3色加わりました。

GL507 col.42

GL507 col.19

GL507 col.43

バラエティに富んだ新作は店頭にてお試しいただけます。自分にあった1本を見つけにいらっしゃいませんか。スタッフもお手伝いいたします。

GERNOT LINDNER ローンチイベント

グローブスペックスが日本総代理店を請け負う新たなブランド「GERNOT LINDNER」のローンチパーティーをラッセンブリ広尾で行いました。

前評判も相まって、「GERNOT LINDNER」のスターリングシルバーのコレクションを一目見ようと、そして久しく来日がなかったアイウエア界の重鎮Gernot Lindner氏の来日を心待ちにしていたたくさんの方々がパーティーへいらっしゃいました。

ローンチイベントは和やかな雰囲気の中で行われ、今までに見たことのないこの美しい純銀コレクションを眺めては感嘆の声をあげていました。

それではその様子をご覧ください。

通常のレセプションパーティーと違い、来てすぐに帰られる方がほぼいない、居心地と雰囲気の良さで皆さんずっと楽しそうに語らっていらっしゃいました。

そう、Gernotさんと奥様のBarbaraさんのこの表情を見ればもうお判りですね。

彼らの優しい眼差しとウエルカムな雰囲気についついみなさんが寄って行ってしまうのですね。そしてそれに嬉しそうに答えるGernotさんの姿勢にさらに魅了されたくさんの方がお話なさっていました。

「僕のベイビーなんだ、このブランドは」と話していたGernotさん。長年作りたいと切望し、信頼する人々と作り上げた渾身のコレクションは自身の名を冠した自信作で、その美しいシルバーコレクションに誰もが魅了された夜でした。

店頭でのご紹介はあと少しお待ちくださいませ。

準備ができましたら、またこちらでご紹介させていただきます。

Photo by KAZUKI MIYAMAE