<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
100本の眼鏡#38

仕事の緊張から解き放たれて、休日は自分と向き合ってあげたい。

自分のかけたい眼鏡をかけて。

読みたい本を読んで。

好きなコーヒーを入れて。

自分のペースで過ごす。

そんななんでもない時間こそが日々の自分を形作っている。

 

【Lesca LUNETIER】

上から

VINTAGE1964

G.burt

HERI

 

 

 

 

 

 

 

100本の眼鏡#34

全米で大人気となっている「アメリカン・ホラー・ストーリー」

スタイリッシュなビジュアルと見るものを瞬時に引き込む展開、豪華キャストが演じる個性的なキャラクター。

そして衝撃的な恐ろしさが癖になるテレビシリーズですが。

その中の魔女団シリーズで劇中にかけているフォックススタイルは非常に印象的です。

1800年代の魔女狩りと現代が交錯する中、現代的なモダンな装いと共に小物として登場するフォックスはクラシカルな雰囲気の中にも女性的な力強さとパッと目を引く格好よさ、そしてどこか儚げな表情を見事に際立たせているのです。

物語もさることながらこの眼鏡の小物使いについつい見入ってしまったのでした。

 

American Horror Story Coven(アメリカン・ホラー・ストーリー魔女団)

 

 

 

100本の眼鏡#33

目が見える明るいライトブルーのカラーレンズ。

ブルーレンズのシャープさを優しいクリアイエローのセルで囲むとこんなにも色気のある眼差しに。

ジャストサイズでかけるメンズライクなサングラスは女性にもオススメです。

 

Lesca LUNETIER

 

PICA

 

 

 

100本の眼鏡#32

そのアイウエアをかける時、

洋服だけでは補いきれない自分のコアな部分を整えてくれる事があります。

一日の終わりに眼鏡を外してみた時に、

プロダクトとしての美しさに惚れ惚れする事があります。

眠る前にケースにしまう時、

そのしつらえに漂うデザイナーの愛を感じる事があります。

長い付き合いになりそうだ。

そんなブランドがまた一つ増えました。

 

GERNOT LINDNER

401

 

100本の眼鏡#31

サングラスもリムレスだと非常に新鮮。

繊細でモードでラグジュアリーでドレッシー。

加えてラウンドの魔法は何にでも変身させてくれるのだ。

今年の夏はいつもよりも少し大人なサングラスをどうぞ。

 

AHLEM

Place de la Rotonde

 

 

 

100本の眼鏡#30

これは好き、これはちょっと。

何を選んで、何をそぎ落としていくかの繰り返しでその人らしさは出来上がってくる。

自分がいいと思うものが例え他の人と違っていたとしても。

だからこそ、楽しいんだと。

そう思えるようになりました。

 

Anne et Valentin

SOLSTICE 1800

 

 

100本の眼鏡#29

旅の途中にサングラスを無くしてしまった。かけたり、外したりして手に持っていたのをどこかのカフェで忘れてきたのだろう。

無くした途端になんだかもの足りないスタイルになってしまった。

だから今回はアクセサリー代わりにもなるこのグラスホルダーを持参。

たとえまたうっかりサングラスを無くしてしまったとしても、胸元でキラキラしているこれがあればまだ気分良く旅を満喫できる気がするから。

 

laLOOP

#639

現在は6連のゴールドとシルバーの組み合わさったモデルが発売中です。

100本の眼鏡#28

知的でユーモアのセンスがあって、清潔感があって、ゆったりとした話し方で

姿勢がよく、所作が美しい人。

男性でも女性でも魅力的で色気のある人の共通点のような気がします。

 

Robert Marc

Mod:883

Col:351

100本の眼鏡#27

近未来から時空を超えて過去のデトロイトの工業都市に降り立ったタイムキーパー(時間監視局員)

過去から未来へ、そして未来から過去へ、誤ってタイムスリップした人が遡って歴史を変えてしまわないように見張っている重要な役目なのだ。

そんな彼がかけているメガネは直線や円といった基本的な形で作られたフォルムとそれをつなぐ異質な空間を生み出す金属パーツ。

時代を超越したタイムレスな形はその少しのサイズやボリュームの比率の違いで、過去のものにも、現代のものにも、そして未来のものにもなり得ると、言っているようだ。

 

 

100本の眼鏡#26

モノトーンの洋服に身を包み、髪を無造作に縛った彼女は一目見ただけで鮮烈な印象を私に残した。

どこかをじっとみてまた本に目を落としてしまったが、その一瞬で彼女の虜になってしまった。

意志のある眼差しはメガネを通してより魅力的で女性らしい印象へと変化しているようだった。

 

Anne et Valentin

mod:BLANCA

col:A198