<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SPECIAL NEW BRAND “CoZumel”


GLOBE SPECSとサンフランシスコのセレクトショップ“Self Edge”とのコラボレーションブランド「CoZumel」。

2006年にサンフランシスコでスタートし、ロサンゼルス、ニューヨーク、ポートランドで店舗を展開しているSelf Edge(セルフ・エッジ)。

徹底的にデニムに拘ったユニークな品揃えが人気となり、店内を見渡すとSelf Edgeでしか手に入らないエクスクルーシブなアイテムや拘りの生産者と作り上げたコラボ製品などが数多く並びます。米国と日本のメディア上において、世界中で最も上質なデニムをセレクトしたカリスマ的な店としてしばしば紹介されています。

創始者であるKiya Babzaniはこの様な業態を押し進めるために米国各地と日本を行き来して拘りの生産者との間で独占的なデニム作りを実現し、Self Edgeの上質でユニークな品揃えを実現してきました。Kiyaがグローブスペックスの店舗を訪れてサングラスを気に入って購入した事をきっかけに、The BarracksなどをSelf Edgeで紹介する様になりました。


cozumel2.jpg 
UNO
こちらはオールメタルのタイプ。


Kiyaは1960~80年代にアメリカの新スタイルのジャーナリズムの騎手と呼ばれ活躍した米国のジャーナリスト、Hunter Thompson(ハンター・トンプソン)を敬愛しており、彼の著作物を読破し、独特なスタイルを崇拝しています。KiyaからHunter Thompsonスタイルのアビエーターサングラスを作りたい、と要望を受け、このプロジェクトがスタートしました。Hunter Thompsonは幾つかのアビエーターサングラスを掛けていましたが、最も良くポートレイトなどで見掛ける、特徴の強いスタイルが彼を一番強く印象付けている1本である事から、このスタイルをベースにして少しアップデートしたディテールを取り入れてデザインしています。CoZumelはHunter Thompsonが一時期執筆活動などをするために好んで住んでいたメキシコの町の名前で、KiyaがHunterに敬意を込めて付けたブランド名です。


cozumel6.jpg
TRES
シェイプはUNOと同じですが、こちらはインナーにリムがあるタイプ。カラーは2色。

COZUMEL_DOS.jpg
DOS
明るめのハバナカラー。

cozumel4.jpg

cozumel3.jpg
メタルとリムのバランス、そしてダブルブリッジ。無骨で男性らしいデザインです。
 
 
CoZumelのサングラスのスタイルは決して流行の様なものではありません。時代が変わっても変わらぬ価値や味を持ち続けるSelf Edgeのデニムの様に、頑なにgonzo style=ならず者スタイル、と言う姿勢のジャーナリズムを貫いたHunter Thompsonの男っぽい生き様は、非常にKiyaの大切にしているデニムに通じるものがあります。CoZumelはその様なスタイルや生き方に共感を持つ男性に向けて作られたサングラスです。

cozumel.jpg

流行に左右されないシンプルで男らしいサングラス。店頭にてぜひお試しください。