<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019SS新作ROBERT MARC(ロバート・マーク)が入荷しています!

みなさんこんにちは。代官山店の嶋津です。
2019SSのROBERT MARC(ロバート・マーク)新作をご紹介します。


今期のコレクションは、ロバート・マークがブランドとしての新しい歩みを本格的に始めた注目すべきものになりました。
ブランドはその思いを“NEW LIGHT”というコンセプトに託して表現しています。

30年にも及ぶ歴史の中で築き上げられたロバート・マークらしさを大切に継承し、そこに光を当て直すことで新しい一面を生みだしていくこと。そしてそれだけにとどまらず常に自らの進む先を光で照らして新しいチャレンジをしていくこと。その両方が考え抜かれたラインナップからは、ブランドの並々ならぬ覚悟を感じます。

とりわけトレンドである”Transparent Colors”(透明感のある色彩)をロバート・マーク流に表現した色の組み合わせは大変美しく、さらにアイコンであるヒンジのメタルに用いられたカラーとの組み合わせによりロバート・マークらしい都会的な大人の表情を演出。まさに新しい光を感じます。

また、前期に引き続き新進気鋭のストリート・フォトグラファー、Arnaud Montagardを起用。これまでのアイウェア単体でのビジュアルから一新、ニューヨークの街の美しい光の中で撮影されたビジュアルは、これまでにない鮮烈な印象を私たちに見せてくれます。


【ウィメンズコレクション】

ロバート・マークの真骨頂であるプラスチックフレームの新作で、今期のテーマ”NEW LIGHT”を最も端的に表現されています。”Transparent Colors”の透明感のある美しい色合いと組み合わせはもちろんのこと、サイズ感とシェイプが従来よりも非常に掛けやすいものとなっていることにも注目です。また、サングラスはテンプルを細身にすることによりさりげなさを演出しています。ロバート・マークの持つ都会的な上品さはキープしながら、私たちの顔にもしっくりと馴染み、似合いやすいフォルムが実現されたコレクションです。
オプティカル3型、サングラス2型が登場しました。

Mod.1000 Col.403

Mod.1001 Col.404

Mod.1002 Col.405

フロントからヒンジまでを同色にすることで、より自然な上品さがうまれています。



Mod.5000 Col.402

Mod.5001 Col.406

メタルテンプルとのコンビネーションフレームには、オプティカル3型、サングラス2型が登場しました。


Mod.2001 Col.398

Mod.2002 Col.399

Mod.6001 Col.400

Mod.6000 Col.401

【メンズコレクション】

こちらも注目はトレンドの”Transparent Colors”を活かした”NEW LIGHT”のコンセプトの表現です。男性でも自然にかけこなすことのできる抑制の効いたクリア感のあるカラーに仕上がっています。マットと光沢の組み合わせ方も絶妙で、ロバート・マークらしい上品さをうまく表現しています。

プラスチックフレームは、”RMNYC ICONS”と題してロバート・マークファンには懐かしいあの人気モデルをリニューアル。新しい定番スタイルの誕生です。
オプティカル4型、サングラス2型展開が登場です。

Mod.822 Col.80M

Mod.206sm Col.217
Mod.865 Col.321
Mod.657 Col.186
Mod.932 Col.372


さらに、フロントのサイドに厚みを持たせウィンドシールドのようなディテールが特徴的なサングラスも2型登場しました。

Mod.946 Col.10M

Mod.945 Col.212


メタルテンプルのコンビネーションフレーム2型・メタルフレーム2型・メタルサングラス3型も加わりました。

Mod.2003 Col.397

Mod.4001 Col.81
Mod.7000 Col.107

 

トレンドである”Transparent Colors”(透明感のある色彩)をロバート・マーク流に表現したモデルが多数登場、店頭にも入荷しております。是非一度お試しください!!

2018 Silmo 新作紹介 Robert Marc(ロバート・マーク)その1

こんにちは。プレスのはたちです。

今季よりロバート・マークはロゴも一新され、従来のRobert Marcより「Robert Marc NYC」と本拠地である街自体がブランドへパワフルな影響を与えている事を称え、NYC(ニューヨークシティー)をブランド名に冠しました。この街の絶え間なく進化し続けるスピリットは多様性と大きな可能性を秘めており、まさにそれこそがRobert Marcのブランドビジョンを形作ってきたもので,これからも変わらずに進化していくとの誓いを込め、新たなブランドロゴが作られました。

 

今季のコレクションはそんなブランドを形作ってきた「ニューヨーク」にフォーカスしました。ニューヨークはそこにあるありとあらゆるものから出来上がっており、エネルギーに満ち溢れ、スピード感、人々とその生き様が世界中の他の都市とは異なる視点を見せてくれます。そんなニューヨークの「今」をビジュアルで切り取ったのが、新進気鋭のフォトグラファーArnaud Montagardです。フランス生まれでブルックリン在住の彼の目で見たニューヨークを生粋のニューヨーカー達を媒体に、ダイナミックなエネルギーとセンスに溢れる魅力の全てを表現しました。

 

秋のカラーリングとスタイリッシュなフォルム、また初めて採用したローズ・ゴールドチタンのアクセントによってニューヨークらしさを表現したレディースコレクション。ビジュアルに出てくるマンハッタンのいくつかの特徴的なエリアはニューヨークの様々な側面と魅力を象徴しており、見応えたっぷりのコレクションになっていますので、合わせてどうぞご覧ください。

RIVINGTON ST.

ローワーイーストサイド。果てしなく並ぶバーやクラブ、そして多様なコミュニティがNYCの下町の不思議な雰囲気を醸す場所で、若者が集まるトレンド発信地。

Mod.892

細身のラインのフロントとゴールドのメタルテンプルの組み合わせはまるでアクセサリーを身に纏うように軽やかでどこかヒップな印象を与えます。

Mod.897

やや大ぶりで縦幅のあるフォルムは表情を際立たせます。ふとした表情もドラマチックに彩ります。

Mod.899

細身で小ぶりのフレームは小顔の方へ。鮮やかなカラーリングが表情を華やかに際立たせ、緩やかな曲線がエレガントな印象に仕立て上げます。

MERCER ST.

ソーホー地区,ヒップで感度の高い人々が集まるエリア。

 

Mod.948

シックなブラックとゴージャスなゴールドレンズ、この相反する二つの要素が「カッコ良い女性」を生み出してくれます。掛ける時も外した瞬間もその全てが様になるゴージャスなサングラスです。

Mod.949

べっ甲の濃淡が醸し出す雰囲気のあるサングラスはルージュとの相性も良さそうです。

6TH AVE.

高層ビルが立ち並び、ダウンタウンとミッドタウンを結ぶ通り。

Mod.466

ゴールドの輝きがモダンな印象を生み出すダブルブリッジスタイル。ベーシックやエレガントなスタイルのスパイスに取り入れてみては如何でしょうか。

GREENE ST.

SOHO地区

Mod.947

クリアピンクとベージュトーンのホーン柄との組み合わせが絶妙のコンビネーションです。細身でユニセックスなスタイルは作り込み過ぎずさらっと掛けるのが良さそうです。

PRINCE ST.

SOHO地区。かつての倉庫街の面影が残るエリア。写真のカフェはNYで2番目に古いレストラン「フェネリカフェ」ビートニクを代表する作家の一人、小説家のジャック・ケルアックなども通っていた。

Mod.794

ゴールドとべっ甲とダブルブリッジの華やかな組み合わせはスタイルの主役級です。いつも脇役の存在のアイウエアも時にはアクセサリーや小物と合わせて、メインの存在にしてみても良いのではないでしょうか。

GRAND ST.

元移民街のローワーイーストサイドはチャイナタウン、リトルイタリー、ユダヤ人街など多文化が出会う場所。どこか危なげで型破りな魅力を持つエリア。

Mod.950

格好良いフォックススタイルのサングラスが登場です。ハッと目を引くグリーンや淡い色のべっ甲柄が新鮮です。程よい太さのテンプルで横顔もリッチな表情に。

 

ドラマチックでリアルなニューヨークの「今」が浮かび上がるコレクションは必見です。次回はメンズコレクションをご紹介いたします。(続く)

 

2018 Mido 新作紹介 ROBERT MARC(ロバート・マーク) 後編

こんにちは、宮前です。

2018Midoで発表されたROBERT MARCの新作コレクションご紹介の後編をお届けします!

 

続いてはメタルとアセテートのコンビネーションです。コレクションを通して、様々な素材の組み合わせが駆使されています。

Mod.884 Col.355

 

Mod.884 Col.10

 

Mod.885 Col.359

 

Mod.885 Col.361-M

 

こちらのフレームはテンプルの端までチタン製となっており掛け心地がとても良く上品な仕上がりとなっています。

 

Mod.465 Col.95

 

Mod.465 Col.95 Clip on

 

チタン製のこちらのフレームはクリップオンを付けることも可能です。普段使いに重宝します。

 

Mod.789 Col.70

 

こちらはチタン製のサングラス、ダブルブリッジにフラットに近い2カーブのレンズがスタイルを際立たせます。

 

Mod.940 Col.310-M

 

Mod.940 Col.165

 

アセテートフレームにチタントップバーが施されているサングラス。大きめのレンズは日差しをしっかりと遮断してくれ、トップバーがとても洗練されたデザインとなっています。

 

Mod.784 Col.387

 

チタンフレームにアセテートのインナーリムがフレームにボリューム感を持たせ、インパクトがあるサングラス。

チタン製のため掛け心地は軽く、中でもこちらのネイビーは程よくファッショナブルで様々なスタイルに合わせやすいのでオススメです!!

 

Mod.788 Col.401

 

こちらもチタンフレームにアセテートインナーリムが施されたダブルブリッジのサングラス。ゴールドカラーが華やかなチタンにローズゴールドのアセテートリムがラグジュアリーでとてもキュートな雰囲気をかもし出します。是非とも女性に試していただきたいアイテムです。

 

Mod.791 Col.384

こちらはアビエイターサングラスにアセテートインナーリムが組み合わされています。アビエイターは普段かけるにはハードルが高いアイテムですが、アセテートリムが加わることで少し落ち着いた印象となり、普段使いしやすいデザインとなっています。

 

Mod.RMX12S Col.84

 

Mod.RMX14S Col.85

最後に掛けた時のフィット感が抜群に心地良いRMXシリーズから新たにサングラスが2型登場しました。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今期も様々なスタイルを生み出しているROBERT MARC。何と言ってもかけた時のラグジュアリーさとハッとする色使いにはいつも魅了されます。是非店頭にてお試しください!

 

※ご紹介した商品は6月頃入荷予定となっています。

2018 Mido 新作紹介 ROBERT MARC(ロバート・マーク) 前編

こんにちは、宮前です。

2018Midoで発表されたROBERT MARCの新作コレクションをご紹介します。

 

今季コレクションの舞台となるのは青の洞窟があることで有名なイタリア南部のナポリ湾に浮かぶ孤島、カプリ島です。

遥か時を超えて、カプリ島は芸術家や詩人、上流階級の人々の想像力を掻き立ててきました。

この類稀なる地中海のパラダイスは古くから華やかなローマ文化にギリシャ文学、ハリウッド映画の名作に最新のファッションに至るまで、カプリは古きものと新しきもの、双方の最良の部分を取り組みながらイタリアの最も魅惑的なリゾートへと昇華しています。

「僕は瞬時にカプリに恋をしてしまったー日常と隔絶されたシックなイタリアン・リゾート。カプリの濃紺の海にそびえ立つ断崖絶壁のドラマティックな景観はとてつもなく美しい。今期のコレクションはカプリの強烈な色彩と芳香、またそのカジュアルかつ優雅なライフスタイルにインスピレーションを受けたんだ。」とロバート・マーク氏は言います。

 

「カプリ島は常に変わらないところが大好きだ。誰もがせかせかしていないし、一日が静かに流れてゆく。全てがあるべき姿としてある。」

2018年春夏コレクションは、カプリの景観と、その素晴らしい暮らしを表現しています。

 

今回の前編ではカプリをイメージしたカラー展開をご紹介。

まずはウィメンズコレクションより。まさにカプリそのものを表現したフレーム・カラーは優雅でシック、魅惑的です。

 

Mod.886 Col.364

 

Mod.941 Col.364

 

Col.364:Black Linen(黒い麻)

 

 

Mod.887 Col.365

 

Mod.942 Col.365

 

Col.365:Terrazo(大理石柄)

 

Mod.888 Col.366

 

Mod.943 Col.366

 

Col.366:Capri Tortoise(カプリトータス)

 

Mod.886 Col.367

 

Mod.942 Col.367

 

Col.367:Bella Rose(ローズピンク)

 

Mod.889 Col.368

 

Mod.941 Col.368

 

Col.368:Blue Grotte(青の洞窟)

 

 

続いてメンズコレクションです。島の洗練された悠久の暮らしを表現しています。

Mod.890 Col.369

 

Mod.944 Col.369

 

Col.369:Mahogany(マホガニーブラウン)

 

Mod.891 Col.370

 

Mod.944 Col.370

 

Col.370:Grey Cliff(グレー色の崖)

 

Mod.890 Col.371

 

Mod.944 Col.371

 

Col.371:Blue Bay(青い海の色)

 

Mod.891 Col.372

 

Mod.944 Col.372

 

Col.372:Vintage Crystal(ヴィンテージクリスタル)

 

Mod.891 Col.373

 

Mod.944 Col.373

 

Col.373:Vintage Pink Crystal(ヴィンテージピンククリスタル)

 

 

どれもカプリを感じられる素敵なカラーばかりです。

後編では、チタンとアセテートのコンビネーションをご紹介します!

 

※ご紹介した商品は6月頃入荷予定となっています。

 

2017 Silmo 新作紹介 ROBERT MARC(ロバート・マーク)

 

2017Silmoで発表されたROBERT MARCの新作をご紹介します。

 

今季コレクションはアメリカ合衆国コロラド州西部、ロッキー山中に位置するリゾート都市「アスペン」です。

 

遠目には、アスペンは荒々しく、堂々とし、何世紀ものあいだ少しも変わっていないかのように見えます。

しかし近づいてみると、切妻造りの様々な建物が、今やラグジュアリーなブランド店や、豪奢なレストラン、優れたアートギャラリーを擁しています。ロッキー山脈分水界からわずか20マイル西、周り一帯が雄大な山々に囲まれたアスペンのドラマティックな景観とその雪深い気候、隔離された地形は、アメリカで最も魅力的な冬のリゾート地を作り出しているのです。

 

 

「アスペンとはひとつの幻想であり、また考え方 - ひとつのクオリティ・オブ・ライフ。モダンラグジュアリーと最高のアウトドア体験を組み合わせたものなんだ。このコレクションは、アスペンのように、唯一無二で、ドキドキするほど複雑に、素敵な色と選び抜かれた素材を重ね合わせたものなんだ。」とロバートマーク氏は言います。

「僕はスキーヤー達がスキーウエアを様々な色や素材を重ね着して、これまでと違うオシャレで新しいファッションスタイルを創り出す姿にインスピレーションを得たんだよ。モダンなスタイルの鍵となるのは、クリエイティブに重ね着をすることなんだ。」

 

2017年秋冬コレクションの仕上がりは、堂々として美しく、巧みで変化に富んでいます。

 

まずはウィメンズコレクションより、アスペンの強烈な造形的魅力と心を揺さぶる一面を捉え、深く美しい秋のカラーと、ナチュラルなホーン柄アセテートの素晴らしい組み合わせが特徴です。

 

Mod.879 Col.344

Col.344:Black Diamond/ブラックダイヤモンド

 

Mod.934 Col.345

Col.345:Rocky Mountain Tortoise/ロッキー山脈の鼈甲カラー

 

Mod.882 Col.346

Col.346:Alpine Blue/アスペンの雪山の色

 

Mod.879 Col.347

Col.347:Calibou/カリブー(トナカイ)

 

Mod.934 Col.348

Col.348:Purple Haze/紫色の靄

 

 

続いて、メンズコレクションのご紹介です。

メンズスタイルは均整のとれた、現代的かつ洗練されたハイファッションスタイルです。

 

Mod.937 Col.349

Col.349:Black Ice/凍結した氷の黒

 

Mod.883 Col.321

Col.321:Blue Tundra/ツンドラ地帯の深い青

 

Mod.883 Col.351

Col.351:Aspen Grey/アスペンの雪景色

 

Mod.937 Col.353

Col.353:Vintage Pink Crystal/ヴィンテージピンククリスタル

 

Mod.883 Col.352

Col.352:Vintage Horn/ヴィンテージホーン

 

 

また、サングラスに新たなデザインが登場です!

Mod.787 Col.92

Col.92:Gunmetal/Blue mirror ガンメタル/ブルーミラー

 

ニューヨークより既に入荷している商品もございますので是非店頭にてお試しください!!

 

Summer Comfy~ROBERT MARC~

ついに梅雨が明け、本格的な夏到来。日に日に照りつける太陽の日差しが強くなりサングラスが手放せないこの季節。

メガネとサングラスの2本持ちをしたり、サングラスに度付きレンズを入れられる方もいらっしゃると思います。

 

そこで、ROBERT MARCからよりスマートによりスタイリッシュにサングラスを楽しめるアイテム"Clip-on"をご紹介いたします。

 

 Clip-onが便利なのは普段使いの度付きメガネに取り付けるだけでそのままサングラスとして使えるというところ。

度付きサングラスを持つ手間もなく、とても快適に仕様を変えることができます。

また、ROBERT MARCのClip-onはブランドの象徴であるヒンジのカラーに合わせたClip-onをセレクトする事もでき、統一感を持った大人のアイテムとしてもぴったりです。

 

更に、ROBERT MARCではClip-onに専用ケースも付いているので取り外した際にレンズを安全に保管しスマートにしまうことができます。上質さを兼ね備えた細部に至るまでのこだわりはROBERT MARCならではです。

 

最後にROBERT MARCからClip-on対応のモデルをご紹介します。

 

Mod.462 Col.381

Mod.462 Clip on Col.ASM

 

 

 

Mod.438 Col.35

Mod.438 Clip on Col.AS

 

Mod.421 Col.33

Mod.421 Clip on Col.AG

 

Mod.872 Col.332

Mod.872 Clip on col.Ruthenium

 

Mod.865 Col.165

Mod.865 Clip on Col.AS

 

Mod.866 Col.288M

Mod.866 Clip on Col.AS

 

いかがでしたでしょうか。たくさんのラインナップからお気に入りのClip-onモデルを見つけてこの夏を快適にお過ごし下さい!

 

こちらの商品は全国のお取り扱い店でご覧いただけます。

 

ROBERT MARC + SALLY HERSHBERGER(ロバート・マーク+サリー・ハーシュバーガー)

 

ロバート・マークより、セレブリティヘアスタイリスト、サリー・ハーシュバーガー(Sally Hershberger)のエッセンスを反映させたアビエーターのミニコレクションが発表されました!

ニューヨークで行われたローンチパーティの模様と共に、商品についての情報をお届けいたします!!

 

 

左:ロバート・マーク、右:サリー・ハーシュバーガー

 

About Sally...

サリー・ハーシュバーガーは流行を生み出す先見の明と熟練した見事な技術で今最も影響力があり、全世界で引く手あまたのヘアスタイリストとして知られています。ニューヨークとロサンゼルスにある自身のサロンでは映画監督や著名人たちといったクライアントを多数抱えています。

 

 

Sally met ROBERT MARC...

サリーとロバートが知り合った当初、彼女はアビエーター型のヴィンテージサングラスを掛けていました。それは少し型崩れしていてかろうじてコンディションを保っている状態でありながらも彼女はとてもそのサングラスを気に入っていました。また、彼女は自分が本当に欲しいアビエーターサングラスを見つけることが困難だロバートに打ち明けました。そこで、ロバートは彼女のために理想的なアビエーターサングラスを作り始めたのです。ロバートはサリーについてこう語ります。「独創性がありながらカジュアルな彼女のスタイルに魅了されました。魅力的で飾らないユーモアがあり、さらに時代を先取りしているトレンドセッターです!」

 

 

Mod.781 Col.64 (Yellow Gold/24K Yellow Gold Mirror)

 

Mod.781 Col.65 (Rose Gold/18K Rose Gold Mirror)

 

ROBERT MARC + SALLY HERSHBERGER...

こうして生まれたサリー・ハーシュバーガーは軽量で耐久性の高いチタン素材を用いた日本の職人の手で作られています。それはフレームシェープやカラー、そしてミラーレンズのタイプまでサリーらしさの真髄を感じる仕上がりとなりました。ロバート・マーク+サリー・ハーシュバーガーのアビエーターは時代に流されない粋で都会的なスタイルです。

 

上の2点は、24Kイエローゴールドミラーと、18Kローズゴールドミラーを使用しています。これは、サリーが自身のヘアサロンで展開している”Sally Hershberger 24K"というヘアケアコスメブランドに敬意を表して作られた特別版となっています。

 

 

続いては、鮮やかなカラーレンズを用いたアビエーターの4色展開です。

 

Mod.782 Col.68 (Yellow Gold/Orange Mirror Gradient)

 

Mod.782 Col.70 (Yellow Gold/Petrol Mirror) 

 

Mod.782 Col.67 (Platinum/Black Mirror) 

 

Mod.782 Col.66 (Rose Gold/Brown Metalic)

 

 

いかがでしたでしょうか。とってもかけやすく、セクシーでクールなアビエーターです!ユニセックスでご利用いただけますので、女性の方だけでなく男性の方にも格好よく掛けていただけるデザインとなっております!!是非、店頭にてご覧くださいませ!!

2017 Mido 新作紹介 Robert Marc(ロバート・マーク)

 

 

お待たせしました、2017 Midoで発表された、Robert Marcの新作をご紹介します。

今季のRobert Marcのテーマは「サン・トロペ」

伝説の美女と称されるブリジット・バルドーが主演の映画”And God Created Woman”「素直な悪女」の舞台になったことで、地中海に面した素朴な漁村が一躍名を馳せ、国際的なリゾートへと進化を遂げました。

サン・トロペは、豪華クルーザーをプライベートチャーターする人や、各界のスーパースター等きらびやかな人々を魅了する、ジェットセッターご用達のホットな場所となりました。一方で今なおサン・トロペには、曲がりくねった石畳の小道、戸外のカフェ、巨大なプラタナスの木の下にあるペタンク(フランス発祥の球技)のコート、ブーゲンビリアで覆われた16世紀の建物など長閑な本来の魅力溢れる風景が存在しています。


サン・トロペは雄大さと華やかさを兼ね備えた申し分のないシックなリゾートであり、同時に安らぎさえも感じることができる場所です。そこは息をのむほどの壮観な風景であったり、活気ある社交の場ににじみ出る国際色豊な素晴らしさがあります。

 

2017年春の“サン・トロペコレクション”はタイムレスで洗練された、親しみがあり魅惑的、気取らない贅沢さを表現しました。

今季コレクションのテキスタイルやカラーもまた、サン・トロペの優雅さ、華麗さ、島が本来もっている贅沢さのイメージを膨らませて表現しています。

 

それでは、ウィメンズコレクションからご紹介して行きます!

ウィメンズコレクションの特徴のひとつは、魅惑的な格好良さを持つレンズシェイプであり、もうひとつはシャガールの絵から着想を得た花模様の鼈甲柄のフロントと対照をなす艶やかなダークカラーのアセテートテンプルを用いた洗練されたカラーの組み合わせです。

Mod.872 Col.330

Col.330:French Riviera/地中海の青色を表現

 

Mod.872には専用のクリップオンサングラスのご用意もあります。

 

Mod.874 Col.328

Col.328:Jet Black/光沢のある濃い黒を表現

 

Mod.875 Col.329

Col.329:St.Tropez Tortoise/サン・トロペの街並みの色を表現

 

Mod.876 Col.332

Col.332:Bougainvillea/ブーゲンビリアの花の色を表現

 

サングラスコレクションにも新作が登場しました。ロバートマークの女性サングラスは割と大振りなサングラスが定番となっていますが。その中でも今季は2カーブでフラット感をつける事でひと味違った装いで登場です。トレンドを意識した女性らしいフォルムと美しいサン・トロペのカラーリングが絶妙にマッチしています。

Mod.930 Col.331

Col.331:Tortoise Vert/木々の緑を表現

 

メタルフレームには、やや大きめなモデルが新登場です。

サンセットを思わせるようなグラデーションはどこかレトロシック。メタルサングラスならではの高級感のある雰囲気を醸し出します。

Mod.778 Col.370

 

続いて、メンズコレクションのご紹介です!

メンズコレクションの特徴は、ハンドメイドのアイウェアが注目を集める中で、「ニュー・サン・トロペテンプル」を採用した事です。

テンプルの途中で2種類のアセテート素材を結合させる技法で、気品、均整、ヴィンテージテイストを作り出しています。

Mod.877 Col.337

Col.337:Vintage Pink Crystal/ヴィンテージピンククリスタル

 

写真のリンドン・ベインズ・ジョンソン(元アメリカ大統領)が掛けているヴィンテージピンククリスタルは、大統領、アイビーリーガー、実業界の大物、学者、各界の要人の間で人気だったアイウェアカラーでした。淡いピンクが染み込んだヴィンテージクリスタルは、かつて男性的で都会的、意外性のあるメンズカラーでした。ロバート・マークは今再びブームの兆しがあるこのカラーを用いて進化系のクラシックスタイルを具現化する為、ヴィンテージの素材を発掘し研究しました。

 

その他にも都会的で男性的なメンズラインが多数登場です!

Mod.878 Col.333

Col.333:Cobblestone/石畳のグレー

 

 

Mod.928 Col.334

Col.334:Bronzed Tortoise/ブロンズドトータス

 

 

Mod.932 Col.336

Col.336:Olive Tree/オリーブの木

 

 

Mod.933 Col.335

Col.335:Coastal Blue/サン・トロペの海の色

 

そしてメタルサングラスより人気のインナーリムタイプのサングラスが登場です!中でもこちらのライトグレーは今までになかったカラーリング。上質で紳士的な雰囲気を作り出します。

Mod.780 Col.383

 

既に入荷している商品もございますので、是非店頭にてお試しください!!

 

2016 Simo 新作紹介ROBERT MARC(ロバート・マーク)~Part2~

 

 

お待たせいたしました!Part1ではウィメンズコレクションをご紹介させていただきましたが、Part2では続いてメンズコレクションをお届けします!引き続きロバート氏のコメントを交えてご紹介させていただきます!!

 

 

まずはこちらのセル巻きフレームから!!

Mod.421Col.35

 

Mod.421 Col.35 Clip On AS(Antique Silver)

 

Mod.438 Col.33

 

Mod.438 Col.33 Clip On AG(Antique Gold)

 

なんとこちらのセル巻きフレームは過去に存在していたモデルなのですが、今回35周年という節目に復刻した商品となります!

そして以前にはなかったクリップオンが登場!クリップオンには持ち運びに便利な専用ケースが付いてきます!!ロバート氏の細やかな配慮に関心しっぱなしです!

 

 

ロバート氏:「このモデルはまさに我々のブランドヘリテージの象徴といったフレームで今回の復刻に適していると思ったんだ。クリップオンは今回初めて作成したのだけど、ヴィンテージらしさもあり新しい一面にもなったと思う。実際のところニューヨークでの顧客がこぞってこのモデルに関する問い合わせをしてきたんだ、ファッションブームの再来であるのと同時に彼らがこのデザインをとても気に入ってくれているって感じたよ。今回復刻できて嬉しく思うよ!」

 

 

そして次にご紹介するのは今季のメンズコレクション。

メンズコレクションのイメージは、流れの速いニューヨークのように、スマートでかつ決断力のある紳士、例えば鋭敏なユーモアのセンスと強い野心のある男性をイメージしています。

 

まずはメタルコンビネーションのフレームです。

 

Mod.461 Col.63

 

 

なんとこちらのブローですが、一切ネジを使っていません!ロバートさんにこちらの商品について聞いてみました。

ロバート氏:「ブローはよくネジ部分からひび割れを起こしやすいという問題を抱えがちだったんだけど、レンズでホールドさせてネジを一切使用しないデザインを考えたんだ。デザイン自体もよりすっきりとした印象に仕上がったと思うよ。」

 

 

知性溢れるスマートなビジネスマンにスーツと是非合わせていただきたいフレーム!スタイリッシュかつおしゃれに気を抜かない細部にまでこだわった紳士スタイルです!

 

 

続いてはセルフレームの御紹介です。

 

Mod.865 Col.288-M

 

Mod.865 Col.288-M Clip On AS(Antique Silver)

 

 

こちらもクリップオンが作られたモデルとなっており、デザインはヴィンテージらしいクラシカルなデザイン。

男女問わずかけやすいデザインです。ROBERT MARCのマット色は落ち着きがありながらお洒落を忘れない、とても絶妙な色合いが大人気です。

 

 

続きまして、ニューヨークカラーをご紹介します!

 

Mod.867 Col.319, 1981 Tortoise Olive

 

Mod.867 Col.318, 1981 Tortoise Blue

 

Mod.867 Col.320, 1981Tortoise

 

注目していただきたいのがカラーネーム1981〜始まる3色のカラー。

ロバート氏:「今回のコレクションは全体的にブランドヘリテージからインスピレーションを受けているんだ、1981年にお店をオープンした当初、今にはないとても珍しいトータス色が流行ってんたんだ。色調がおさえられた色合いだったのを思い出し現代に再現してみたんだよ、そこからカラーネームに1981年と名付けたんだ。」

 

Mod.867 Col.321 Hudson...ウェストサイドを流れるハドソン川の水の色をイメージ。

 

Mod.867 Col.322 Vintage Crystal...ROBERT MARCでは定番人気色。

 

 

いかがでしたでしょうか。ニューヨーク、アイウェアに対するロバート氏の想いが感じられるフレームばかりですね。彼にセレクトされるカラーの美しさには相変わらずうっとりしてしまいます。

2部にわたってお届けしましたが、まだまだご紹介できていない商品がございますので是非店頭にてご覧くださいませ!!

 

 

商品は11月中旬頃入荷予定となっています。

 

 

 

 

 

 

2016 Simo 新作紹介ROBERT MARC(ロバート・マーク)~Part1~

 

1981年、ロバート・マーク氏がニューヨークのコロンバスアベニュー190番地に、自身の名前を冠したアイウェアブティックの第1号店をオープンしてから、今年で創設35周年を迎えました!今季はこの記念すべき35周年と重なると同時に、ROBERT MARCとは切っても切れない、オーセンティックで希望に溢れ情熱的、そして常に発展し続ける都市であるニューヨークからインスピレーションを受けたコレクションとなっています!!

ニューヨークは他に類をみない魅惑的なエネルギーで満ち溢れ、シックでホヘミアン、伝統的でありながらくつろげる場所、それらすべてを一度に感じる街です。そして新作はロバート氏がこれまで築いてきたブランドヘリテージに注目しています。

これまでの過去を振り返り未来を創造したニューヨークらしさが散りばめられたコレクションをロバートさんの想いと同時に2部にわたってご紹介いたします!

 

 

まずはウィメンズコレクションよりご紹介、ウィメンズコレクションは才知と優雅さを兼ね備えた女性のイメージを具現化しています。更に注目すべきがトレードマークのヒンジを2色の異なるアセテートを組み合わせて生み出した「スペクテイターヒンジ」。

 

 

 

ロバート氏:「ブランドヘリテージを振り返った時に真っ先にヒンジのことを思いついて何か真新しいものにしたいと思ったんだ。2色使いの”スペクテイターシューズ"からインスピレーションを受けて、色の違うアセテートを組み合わせることでよりヒンジを際立たせ新しくした"スペクテイターヒンジ"を考えついたんだ。」

 

カラーはニューヨークを象徴するものやエリア等からイメージされていて、ロバート氏のセンスが光る色使いに目を奪われます。

一つ一つイメージ写真と共にロバート氏からのコメントも交えてご覧ください!

 

 

 

 Mod.RM871 Col.327 NYC Black

 

 

まずは、ニューヨークブラックです。四角形が強いこのフレームにロバート氏はこのクールなブラックを採用しました。

スペクテイターヒンジにはキャメルカラーにゴールドヒンジの上品な組み合わせです。

 

ロバート氏:「ニューヨークではファッションや車などブラックがポピュラー。面白い事にファッションエディターが色を語っていたとしても彼らは黒い服をよく着ているんだよ。」

 

 

 

Mod.RM870 Col.312 Brown Stone

 

こちらはニューヨークの古い豪華なアパートメントに使用されている壁絵素材の色をイメージしています。テンプルはサドルブラウンという深いブラウンにカシミアトープのスペクテイターヒンジが落ち着いた印象を与えます。

 

 

Mod.RM870 Col.315 Broadway Red

 

 

続いてブロードウェイレッドです。トータスカラーのスペクテイターヒンジが美しさを際立たせます。

 

ロバート氏:「実はこのブロードウェイレッドはニューヨークで初めて開通した地下鉄"ブロードウェイライン(1,2,3番ライン)"のシンボルカラーである赤色からインスピレーションを受けたんだ。イメージ写真にもある通り、ブロードウェイには赤を基調としたものがいくつも見受けられるよ。」

 

 

 

Mod.RM871 Col.316 Empire Blue

 

 

こちらはエンパイア・ブルーというカラー。スペクテイターヒンジにはトータスを使用、大人な女性を表現してくれます。

 

ロバート氏:「ニューヨーク州は異名"エンパイア(帝国)州”と呼ばれているんだ。そこからエンパイアステートビルも名付けられたんだよ。またブルーはニューヨーク州のシンボルカラーでもあり、アメリカの合衆国旗にも使用されているほど馴染みがあるんだ。」

 

 

 

Mod.RM871 Col.317 Lexington Green

 

こちらはレキシントングリーン。フロントはミルキーな柔らかいグリーンを用いており、テンプルは深みのあるグリーンにトータスのスペクテイターヒンジを採用。

 

ロバート氏:「ニューヨークで2番目に開通した地下鉄"レキシントンライン(4,5,6番ライン)"からインスピレーションを受けたんだ。また、イメージ写真にもあるアッパーイーストサイドのレキシントンアベニューにある古く品格のあるアパートのメインゲートのカラーにもグリーンがよく使用されているんだ。」

 

 

 

Mod.RM870 Col.314 Chealsea Tortoise

 

 

 

最後はチェルシートータスです。フロントにはミッドセンチュリーの抽象絵画に見られるようなべっ甲が用いられ、テンプルにはニューヨークブラックとキャメルカラーの組み合わせのスペクテイターヒンジが用いられメリハリがあり、人目を惹き付けてやまないカラーとなりました。

 

ロバート氏:「ニューヨークにチェルシー地区というエリアがあるのだけど、近頃新たなアートギャラリーが盛んになっているエリアなんだ。そしてまさにアーティステックなこのトータス(べっ甲)がぴったりだと思ったんだよ!」

 

 

なんだかロバートさんにニューヨークを案内してもらった気分になってワクワクしてきますね。

これらのカラーを用いたウィメンズサングラスを一部ご紹介します!

 

 

Mod.926 col.317 Lexington Green

 

 

フレームの上部分が少し厚みがありフォックス調になっているのがインパクト大なサングラス。クールかつスタイリッシュに決めてくれます。

 

 

mod.923 Col.325 Empire Blue

 

 

丸みのあるサングラスがとてもファッショナブルです。

また、テンプルが少し下がった位置についているため目線を高く見せてくれ、顔立ちをすっきりとした印象に見せてくれます。

 

 

今回はここまで!第2弾では、メンズコレクションをご紹介させていただきます!

お楽しみに!!

 

 

商品は11月中旬より随時入荷予定となります。