<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
映画とメガネ

だんだんと寒くなってきましたね。そんな時は家で映画などいかがでしょうか?

今回は映画とメガネに焦点を当てて、メガネをかけた登場人物が出てくる映画をご紹介いたします。

あらすじ:ニューヨークでプロダンサーを夢見ながらも、なかなか人生がうまく進まないアラサー女子の日常を描く、ノア・バームバック監督の2012年の作品です。

 

ヌーベルバーグへのオマージュということで白黒映画で話しは進みますが、フランス映画特有のムーディーな感じではなく、スタイリッシュで色を想像させるようなエネルギッシュでテンポの良い映画です。

 

その中でフランシスの友人でズバズバものを言う出版社勤務の女性が掛けているのがクリアの大きめメガネ。(白黒映画なので、何色かわからないのですが。。)

素顔はキリリとしたスタイリッシュな女性なのですが、クリアなメガネを掛ける事でややナードな雰囲気を出しています。辛辣なコメントも言うけど、友達思いの憎めないキャラクターを演じています。

そうクリアメガネはバランスが大事なのです。

ワーキングウーマンのようなスタイルに、やや大きめのクリアフレームを合わせることで少しの野暮ったさとおしゃれな雰囲気が混在して、意思のある女性に見せることができるのです。

Lesca LUNETIER

Anne et Valentin

Anne et Valentin

MICHEL HENAU

クラシカルに寄せないおお振りフレームは注目度大です。

下を向いた感じや

横を向いた雰囲気など、「わぁ、素敵」と言うよりも「何かいい」と言う良い塩梅を生むクリアメガネ。是非お試しになって見てくださいね。

 

この映画にはそれ以外にも小道具で効果的にメガネが出てきて、時にクスリとさせてくれます。

歯医者さんでの治療中にかけるゴーグルや

Vintage Persol

パソコンルームの男性のリーディンググラスなど

Lesca LUNETIER

Lesca LUNETIER

深刻な場面でもメガネがあるからコミカルに面白い構図になっているところも合わせて見ていただくととても面白いと思います。

レオス・カラックスの「汚れた血」の1シーンのような疾走感のある場面や、ゴダールやトリュフォーへのオマージュとして作られたと聞きながら見るとまた違った面白さがあるかもしれません。

 

白黒ゆえに生まれる光と陰の中でわざとかと思うくらいにメガネを光らせて撮影している部分が、監督の意図した部分なのか否かは分かりませんが、キャラクターの気持ちや雰囲気を物語っており「ふっ」と笑ってしまう部分があります。

どちらかと言うと文化系女子向けではありますが、おしゃれなだけの映画ではなく、誰の中にもあるどこか冴えない部分に共感してもらえると思います。気になった方は是非見て見てください。

それではまた。

 

 

印象の変化(AHLEMの場合)

こんにちは。プレスのはたちです。

今回は秋からグローブスペックスが日本総代理店を務めるブランド「AHLEM」(アーレム)を使い、掛けた時の印象をご紹介したいと思います。

 

Pont des Arts Optic

まずはこちらの黒縁のフレームから。

エッジを効かせたデザインがモダンでスタイリッシュな印象を生み出します。

カジュアルなスタイルに合わせてみるとラウンドやボストンにはないキリッと引き締まった印象を与えます。落ち着きと洗練を生み出し、カジュアルなスタイルを格上げしてくれます。

 

ベーシックなスタイルに合わせてみました。本来であればクラシカルな玉型がしっくりきそうなスタイルもスクエアの太セルだと都会的で垢抜けた印象に。ボリューム感のあるスクエア型は秋冬の重めなファッションにもバランスよくフィットしそうです。

 

 

Voltaire

続いてはブリッジがトップに来ている、少々個性派なこちらのメガネ。男性と女性でかけ比べてみました。

フルメタルのフレームをすでに持っているという方への次なるオススメの一つでもあるトップバーのスタイル。レンズの周りがリムレスになっているのでフルメタルタイプよりも新鮮でツーポイントよりもファッショナブルな印象になります。涼しげな目元を作り出し、より表情を繊細に映し出してくれますよ。

 

女性にオススメはゴールドやローズゴールドなどの黄色味が入ったカラーです。肌馴染みがよく、且つシャイニーな輝きはどこかアクセサリーを身にまとっているかのような上質な印象に。濃いめの口紅やピアス、イアリングなどのアクセサリーとの相性もバッチリです。是非お試しください。

 

Place de I'Ecole Militaire Optic

最後はメタルのスクエアタイプです。

メタルでスクエアと聞いて、無理だと思った全ての方へオススメしたいこちらのスタイル。まずは着用画像をどうぞ。

どうでしょう。シックなスタイルにもバッチリ決まる大人のメタルフレームです。クラシカルに寄りすぎず、モダンで洗練された大人の女性向けのメタルフレームはこのモデルのように、あえてのスクエアチョイスもありですよ。今後注目の玉型ではないでしょうか。

 

明るい髪の方やカラフルな洋服、古着との相性もバッチリです。カジュアルなスタイルにプラスオンすることでゴールドの輝きがワンランク上の上質な印象を生み出し、スクエアの玉型が適度な抜け感を演出してくれます。

 

いかがでしたでしょうか。

掛けた時の印象は人それぞれではありますが、掛けた瞬間に「これはありかもしれない」と思わせてくれるシンプルながらも印象的な眼差しを生み出すAHLEMのデザインは必見です。

 

そんなAHLEMがフルラインナップでお試しいただけるイベントがございます!詳細は下記の通りです。この贅沢な

イベントを是非お見逃しなく。

 

【AHLEM TRUNK SHOWのお知らせ】

フランス人でLAを拠点に活躍するアーレム。バウハウス建築やアート、グラフィックに精通し、アートを日々の生活に溶け込ませることを意図しています。ブリッジやテンプルへのさりげなくあしらわれた繊細な彫金は全て彼女自身でデザインしたもの。フランス人である彼女ならではのエスプリとLAのリラックスした雰囲気を併せ持ち、他のどのブランドにもない圧倒的な存在感とスタイルのあるジェンダレスなデザインは新たな魅力をもたらしてくれるはず。当日はデザイナーも来日し、あなたに合ったベストな1本を選んでもらえるまたとない機会です。新作を含めた200本ものフレーム、サングラスが店内を埋め尽くす、贅沢な2日間をぜひお見逃しなく。


開催日時:2018年 10月 27日(土)グローブスペックス渋谷店
     2018年 10月 28日(日)グローブスペックス代官山点

当日は混雑を避けるため5回のセッションによる予約制となります。
各セッションはこちら。

第1回 11:00 〜 12:15
第2回 13:45 〜 15:00
第3回 15:15 〜 16:30
第4回 17:00 〜 18:15
第5回 18:30 〜 19:45

 

ご予約・お問い合わせは各店まで。
渋谷店:03-5459-8377 
代官山点:03-5459-3645
メール: mail@globespecs.co.jp

 

 

 

 

 

Pink! Pink! Pink!

出典:https://okaybutcolor.tumblr.com/image/169205303917

 

こんにちは、グローブスペックス エージェントの片山です。

今回は以前からご紹介しているカラーフレームの中でも、特に女性を可愛く、ハッピーに見せてくれる、ピンクのフレームをご紹介したいと思います。

ピンクのメガネは私自身も持っていますが、とても使えるんです。
デザイン性の高いフレームをかけると「メガネの人」になってしまいそう…と心配される方もいらっしゃるでしょうが、服やアクセサリー、メイクとの合わせ方を考えれば、「メガネの人」から「センスのある人」になれる事間違いなしです。

今回は私が実際にピンクフレームを掛けてみて感じたことを含めて、ご紹介していきたいと思います!


早速こちらのフレームから。

 

Anne et valentin
Model.BOETIE

Col.H37
ボーダーやギンガムチェックなどのフレンチカジュアルとメタルの丸メガネは間違いなく相性が良いコーディネートですが、

他と差をつけたいなら断然こちらのピンクがおすすめ。細身のカラーラインで目元を囲うので、主張は少なくラウンドが優しくも可愛らしい印象にしてくれますので、ピンク初心者さんにもオススメです。。


続いて、先日の女子メガネでもご紹介しているキャットアイのスタイルにはこんなクリアピンクもあります。

Mr.Leight

Model.IVY C

Col.LOMITA 18KRG

キャットアイの持つ女性らしさとピンクの組み合わせは、かけるだけでドレスアップしてくれるに違いありません。
ならば合わせる服は、気張りすぎず、でも女性らしい服。
ピンクべージュ、シルクのシャツ、スキニーデニム、花柄のワンピースなどに合わせたいものです。

柄に合わせる時は、少しだけピンクが混ざっているものをセレクトしてみると、色がリンクして馴染みやすいですよ。

 

出典:http://evelynsmol.tumblr.com/image/103200410650

 


出典:http://amourstreetstyle.tumblr.com/image/176697939618

 

続いてマットな質感が特徴のこちら。

OG×OLIVER GOLDSMITH

Mod.NOVELIST

Col.120-2

ガーリーなスモーキーピンクをメタルパーツが引き締めた甘いだけではない小技の効いたフレームはこちら。

すべてがピンクだとぼやっとした印象になりがちですが、メタル部分がアクセントになり、より目元にフォーカスされ印象的な雰囲気を生み出します。こんなお砂糖菓子みたいなフレームにはとことん可愛くレースの白ブラウスやパステルカラーで合わせたい。
そこにパンツをジャージにするとか、メンズライクな革靴を合わせて、ビタースウィートにしていただくのが気分です。

 


最後は、とにかくモードなこちら!!

YUICHI TOYAMA

Mod.U-088

Col.02

メタルパーツでラインを描き、クリアピンクを入れることで、現代的で、スパイスの効いたスタイルに仕上がります。
ファッションって、メガネって、もっと自由で楽しいと思わせてくれるフレームです。

先ほどのキャットアイ同様、クリアフレームは秋冬の洋服にもよく合うのです。
ファー、ニット、ベルベット、ダウンなど、重みのある素材にこそ合わせて、小慣れた雰囲気を演出!


出典:http://boutthatchic.tumblr.com/image/162165869144


個人的にクリアピンクのアイウエアと暗い色の組み合わせは難しいと思っていましたが、光沢感のある素材・アクセサリーや、真っ白・くすんだパステルカラーなどを取り入れると馴染みます。


また、大きめで透明感のあるフレームは、アイメイクも際立たせてくれるので、どうせならカラーメイクで遊びたいものです。

出典:https://its-not-going-wrong.tumblr.com/image/168265595690


いかがでしたでしょうか?


もしかしたら、今回のようなカラーフレームは「毎日かけるにはちょっと…」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、アクセサリーや服を変えるように、メガネだって何本か掛け回しても良いのではないでしょうか。今まで身につけていた物たちも、メガネによって違う顔を見せてくれること間違いなしですよ。

 

気になる方は店頭にて是非お試しになってみてください。

貴方のピンクを見つけませんか。

 

メタルキャットアイ!!

こんにちは、プレスのはたちです。

今回はキャットアイの眼鏡をご紹介したいと思います。

昔からマリリン・モンローやジーン・セバーグが映画でかけているので、知っている方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

どこか憎めないコケティッシュな雰囲気が人気の玉型ですが、今キャットアイに新たなスタイルが加わりつつあります。

 

それがメタルキャットアイ!!

 

シャープなメタルの風合いとキリリと上がったスタイルはファッション性もありまさにモード感満載。

今回は2つのオススメブランドからメタルキャットアイをご紹介いたします。

 

まずはMr.Leightより。

Beverly

心地よい音楽が聞こえてきそうなビーチ近くの昼下がりのラウンジにて水着姿の女性が本を読んでいそうな。そんな情景が浮かび上がってくるこちら。その暑さとは対照的に涼しげな目元に輝くのはメタルキャットアイ。自分が掛けたいものを掛け、着たいものを着る自立した大人の女性の強さや華やかさを秘めた格好良いスタイルは必見です。お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、キャットアイこそ女性がかける女性だけの玉型。フェミニンにもマスキュリンにも魅せられる魅惑の玉型なのです。

 

続いてAHLEMよりサングラスタイプのご紹介です。

Place Vauban

https://www.instagram.com/p/BhFIzPhHEI0/?hl=ja&taken-by=ahlem

Place Dalida

 

https://www.instagram.com/p/BkD96GrHDko/?hl=ja&taken-by=ahlem

無表情の格好良さが際立つのはサングラスを掛けた時ではないでしょうか。ただ掛けているだけで華やかな雰囲気を出してくれるか否か。それがサングラスの持つ底力だと思います。アーレムのこちらのサングラスはそんな存在感が抜群です。キャラクターが強くなるというよりかはセンスが良いと感じてもらえる魅力的な一品です。

 

いかがでしたでしょうか。

ファッション性のあるメタルキャットアイの登場によって女性のアイウエアの楽しみがまた一つ広がったような気がします。

気になる方は店頭にてお試しください。

 

 

 

 

 

 

 

女子めがね「Color to the people!!」

みなさん、こんにちは。

今回の女子めがねは「Color to the people!」と題し、様々なカラーフレームをご紹介いたします。

色鮮やかなカラーフレームは一見するとハードルが高いと感じがちですが、顔に乗せた時のフレームの見え方は置いてある雰囲気とは印象も見え方も大きく変わります。

Anne et Valentin PRETTY 8A23

どこか大理石のような風合いを醸し出す上リムは掛けると透明な部分に肌が写り、ベビーピンクのパターンがより肌馴染みを良くしてくれます。1トーン肌質が明るくなったような印象に仕上がります。

 

Anne et Valentin M.6 H30

男性にはノーブルなネイビーがおすすめです。パープルに近いこちらのネイビーはリムの周りにプラスチックのリングをはめ込むことでフレームの輪郭を柔らかくし、奇抜な印象にはなりません。クラシカルな玉型ですが、ネイビーカラーを使うことでモダンで上品なスタイルへと昇華してくれます。

 

Anne et Valentin SANTORIN 8A57

甘めなラベンダーカラーとゴールドのメタル素材でメンズライクなスタイルもフェミニンで女性らしいスタイルに仕上がりました。

トップバーがポイントとなり、可愛すぎない大人のスタイルが完成です。

 

SELIMA AURELIEN 099

赤いメガネの憧れはあれど、なかなか勇気が出せない。そんな方はボルドーに近い深みのある赤をセレクト。

顔に乗せた時の肌馴染みの良さとキリッとした印象的な目元を作り出します。

 

SELIMA VINCENT 38      

これから注目のスクエア型は縦幅のあるタイプをチョイス。クリアブルーの細身フレームはナードとモダンのバランスが絶妙です。独特の雰囲気を醸し出し、大人の外しアイテムとしておすすめですよ。

 

いかがでしたでしょうか。

いつもはスタンダードなカラーばかりを選んでしまう方、時にはカラーフレームの選択もおすすめですよ。どの色が似合うのか分からない方は店頭のスタッフにお気軽にご相談くださいね。

 

帽子とメガネ(女性編)

こんにちは!プレスのはたちです。今回の女子メガネは3月10日(土)、11日(日)に行われるMühlbauerのカスタムオーダーイベントにちなんで、帽子とメガネの組み合わせをご紹介します。

 

太陽の日差しで色あせたような風合いの太いストライプのつば広帽子にはLesca VINTAGEのクリアピンクでとびきりチャーミングに。垂れたつばの隙間からチラリと見えるラウンドパントゥのサングラスでレトロシックなサマースタイルは如何でしょうか。

 

ナチュラル感のある麦わら素材のカンカン帽。カジュアルに少し洗練をプラスしたい時にピンクゴールドのメタルフレームは最適です。表情を柔らかく、かつ上質な印象を生み出す大人の組み合わせです。

ネイビーのファブリックと麦わら素材の組み合わせはエレガントな雰囲気を醸し出します。布の縛り方次第でアレンジのきく自由なかぶり方ができ、ツンと上がった女性らしいキャットアイのサングラスと相性抜群。

 

つばの部分にフリンジ加工を施し、どこかオリエンタルな雰囲気を漂わすハットには両サイドがキュッと上がったフェミニンなデザインは如何でしょう。ボリューム感のあるオレンジのテンプルで横顔も華やいだ印象へ。

 

様々なかぶり方ができるターバンのようなハットには、個性的なまでに丸いダブルブリッジのサングラスをチョイス。ブラウンカラーのレンズを選べばクールさの中にも女性らしさがチラリ。時には〇〇スタイルとカテゴライズできないミックススタイルで圧倒的な存在感を作り上げるのもありなのではないでしょうか。

 

Mühlbauerのカスタムオーダーイベントは予約制となっており、各店舗にて承っております。

3/10(土)グローブスペックス渋谷店(03-5459-8377)

3/11(日)グローブスペックス代官山店(03-5459-3645)

 

みなさま、お誘い合わせの上、お越しくださいね。

スタッフ一同たくさんの帽子達と共にお待ちしております!

Glasses for Spring ~春に楽しみたい眼鏡~

こんにちは、宮前です。

まだまだ寒い日が続いており、暖かい春が待ち遠しいですね。

お洋服屋さんのウィンドウディスプレイも春物が出始め、見ているだけで軽やかな気分になります。今回は春に楽しみたい眼鏡をシーン別でご紹介したいと思います。

 

出典:http://stylishly-chic.tumblr.com

 

Brand:Robert Marc

Mod.879 Col.348

暖かくなると気持ちも明るくなり柄を取り入れたファッションを楽しみたくなりますね。大柄なアニマルプリントのワンピースが目を引くこんなスタイルには控えめなパープルにホーン柄がミックスされた上品なアセテートのRobert Marcを合わせて大人クールに。

 

出典:http://todosobrefashion.tumblr.com

 

Brand:Lunor

Mod.V 110 Col.GP

積極的に出かけたくなる季節。のんびりと行き先を考え散歩しながら行き着いた先は美術館。絵画の中にも現れそうなクラシックなLunorのメガネをかけて、とことんアートにどっぷり浸る時間を過ごしてもいいですね。

 

 

出典:https://admittedfashionaddict.tumblr.com

 

Brand:Lesca LUNETIER

Mod.La Corb's Col.20108

歩き回っていると少し汗ばんでくるほど暖かさを感じられる季節。アクティブに動き回りたいとき、ざっくりとしたカジュアルめのセーターに、合わせるサングラスは一癖あるLesca LUNETIERのメンズライクなものを合わせることでセンスが光ります。

 

 

出典:http://street-fashion-is-everything.tumblr.com

 

Brand:Anne et Valentin

Mod.PATTERN Col.1794

 

思い切りカラーを楽しみたい!自分のファッションを楽しみたい!そんな時に個性を表現してくれるのがAnne et Valentin。個性的なビッグサイズのフレームですがポップなカラーリングが愛嬌たっぷりです。見ている周りの人たちもハッピーな気持ちにしてくれます。

 

いかがでしたでしょうか。

色々なことに挑戦したい気持ちにさせてくれたり、のんびりと自分時間を楽しめる春という季節。これまでとは違った雰囲気のメガネを探してみてはいかがでしょうか。もちろんご要望に沿ったメガネ選びをスタッフがお手伝いさせて頂きます。是非店頭にてご相談くださいね!

 

 

 

 

☆☆☆Holiday gift☆☆☆

日に日に寒くなり気づくともう12月ですね。12月といえば様々なイベントが目白押しで、大切な人と過ごす時間も増えてくるかと思います。

感謝の気持ちを表すギフト選びもその人の喜ぶ顔を思いながら考えるとワクワクしますね。

今回はそんなギフト選びの参考としていくつかアイテムをご紹介したいと思います。

Glass Code

Brand:Diane Taylor 

Mod.ST11A Facet Silver Pyrite

Frame

Brand:Anne et Valentin

Mod.BURROUGHS Col.H41

  

シルバーのキラキラしたとした輝きがこの季節にぴったりのグラスコード。上品なドレスアップスタイルに合わせたいアイテムです。

Glass Code

Brand:Diane Taylor 

Mod.STAR-06 Shimmer Blue

Frame

Brand:Anne et Valentin

Mod.BURROUGHS Col.H41

アクティブな印象のあの人には個性が光るアイテムをチョイス。スターの形をしたグラスコードはラメがきらめくダークブルーが冬の夜空を連想させ、可愛らしさの中にもどこか大人っぽい印象を生み出します。

Glass Code

Brand:Diane Taylor 

Mod.ST11GD Golden Nugget

Frame

Brand:Anne et Valentin

Mod.FEELING Col.U236

上質なものにこだわっているあの人にはプレシャスなアイテムを。マットゴールドのガラスビーズにナゲット型のマーブルアゲートの組み合わせのこちらのアイテムは品格とファッション性の両方を持ち合わせています。

Glass Code

Brand:Diane Taylor 

Mod.1100RB Ruby Stretch

Frame

Brand:Anne et Valentin

Mod.U PLAY Col.1654

とびきりポップなあの人にはビビットなカラーのフューシャピンクのグラスチェーンを。

カラフルな色を身にまとう事で一層ハッピーな笑顔を引き出してくれます。

Brand:La LOOP

Mod.866ML Clifton Metalic Lavendar & Silver

ドレスダウンで参加する友達とのアットホームなパーティへ。どこかに輝きを入れたい時は人とは違うシャンパンカラーのグラスホルダーで華やかさをプラスしてはいかがでしょうか。

Brand:Robert Marc

Case:Voyager 2 col.Bordeaux(フレーム2本収納用)

Sunglass Mod:780 col.98

Case:Voyager 4 col.Blk(フレーム4本収納用)

Sunglass Mod:780 399

クリスマスカラーを意識して、眼鏡好きのあの人には持ち運びに便利で収納抜群なVoyager CASEをプレゼント。これぞまさに自分では気づきにくいですが、プレゼントされて嬉しいアイテムではないでしょうか。旅の際に手放せなくなること間違いなしです。

如何でしたでしょうか。どれも思いのこもった心に残るプレゼント。日常的にも使い勝手が良く、見た目にもおしゃれなアイテムをセレクトしてみました。プレゼントされた側は感謝の気持ちがこもっているだけで嬉しいもの。是非、今後のギフト選びのご参考にしていただければと思います。それでは皆様素敵なホリデーをお過ごしくださいね。

☆メリークリスマス☆

 

洋服とメガネ

今回の女子めがねは洋服とメガネです。

人の印象を大きく左右するこの二つの要素を組み合わせることで、どちらか一つでは魅せることの出来なかった新たな雰囲気を生み出すことができるのです。メガネに関しては決して顔だけで掛けるものではなく、全身で掛けこなす事をおすすめしています!

その為にグローブスペックスでは店内のいたる所に全身鏡を置いています。鏡をじっと覗き込んで顔に乗せたメガネの印象を確認したら、さぁ次は全身ですよ!

さてさて、そんな訳で先日のPOP UP STOREでお世話になったJOURNAL STANDARD Staffの方にもご協力いただいて洋服とメガネを合せてみました。

女性らしいエレガントな装いにナード感溢れるダブルブリッジをチョイス。綺麗にまとまり過ぎてしまうメタルフレームの中でもダブルブリッジは少々クセのあるフレーム。ツヤありのカラーを選ぶことで洋服とのバランスが良くなります。コンサバにまとまり過ぎてしまうファッションの場合はややクセのあるフレームをポイントにすると良い塩梅で雰囲気を変えることができますよ。

Lunor Aviator II

 

落ち着いた色合いの多くなってくる秋からの装いにはあえてカラーのあるフレームをチョイス。コートなどの羽織もののポイントにもなります。おすすめは薄いカラーレンズを入れてサングラス仕様にカスタム!どこにも売っていない自分仕様のサングラスをかけて、さぁ出かけましょう。

Lesca LUNETIER GABIN

 

フォックススタイルは女性が着飾ることのできるメガネ。メガネ界のブラックドレスのような印象です。そんなフレームに合わせたいのはトラディショナルで落ち着きのある装い。掛けると素顔が気になるそんな秘密めいたアイウエアもまた女性ならではなのでは。

Lesca LUNETIER NORMA JEANNE

 

ラフで、無骨で、メンズライクなダブルブリッジにはタッセルやフリンジをふんだんに使ったボヘミアンスタイルはいかがでしょうか。引き算ばかりのシンプルなスタイルも素敵ですが、時にはプラスとプラスを掛け合わせて唯一無二の印象を作り出して見ては如何でしょう。

THE BARRACKS THE IRONSIDES

 

渋い色合いのざっくりとしたセーターはまるで70sの雑誌に出てきそうな雰囲気です。セーターから選んだこの組み合わせ、フレームはすっきりとしたフォックススタイルをチョイス。時には着たい洋服から始まるメガネ選びもありですね。

Lesca LUNETIER NORMA JEANNE

 

如何でしたでしょうか。

メガネだけでは表現することのできない雰囲気をファッションで作り出したり、メガネでおしゃれな顔を作り出すことでファッションの幅が広がったり。印象を作り出す洋服とメガネの関係は非常に面白いですね。難しく考えず楽しんでメガネ選びをして見てくださいね。

 

We love Men's style

今回の女子めがねはメンズのスタイルをこよなく愛する女性へ向けて送ります。

 

メンズもの、そこにはウィメンズとは全く違った魅力があります。海外パッケージに見られる、どこかチープで愛らしいスタイルや定番に垣間見える永遠のユニフォーム感、ビンテージに漂うしわのつきかた、汚れのかすれ具合に愛しさを覚える、そんな女性の方へフェミニンとはまたひと味違ったアイウエアをご紹介いたします。

 

ヘインズのパックT。

圧倒的なコストパフォーマンスとザ・アメリカという印象のパッケージでもはや説明の必要もない有名なブランド。ビンテージショップ等でアメリカンサイズを買ってみたり、小さめサイズを使ってみたり何かと重宝してしまうユニフォーム的なパックT。服装が自由な会社であれば、ヘインズTとデニムをユニフォーム代わりに1週間分揃えてしまうというのはどうでしょう。

と、そこでユニフォームスタイルにおすすめのアイウエアがこちらです!!

Lunor XV

細く繊細な作りのこちらのフレーム。ようく見るとリムの細さとブリッジの太さを微妙に変えているのです。またテンプル部分のディテールの拘りはこれぞLunorプロダクトと言わんばかりです。シンプルでともするとあまり気にならない部分をこだわって作る事で醸し出される洗練された雰囲気は前からというよりも横からの印象がドラマチック。ラフなTシャツでも、シャイニーなゴールドフレームのチョイスでぐっと落ち着いた雰囲気を醸し出すことができます。

 

 

軍パン

いつの間にか似たようなものが増えてしまうものの一つに軍パンがあります。厳密に言えば、全て違いがあり、全然似ていないのですが。畳んで積み上げてみると同じに見えますね。そんな軍パンのルーズでラフなスタイルにおすすめなアイウエア。こちらはいかがでしょうか。

Lunor A5 237

ルノアのセルフレームの中でも格好いい玉型の部類に入るのではないでしょうか。クラウン(王冠)とパントゥを組み合わせた玉型でクラウンパントゥと呼ばれるこちらの玉型の特徴は何と言ってもトップのカクカクした部分です。通常このタイプのレンズはレトロ感が多く出てしまうのですが、ルノアのそれは非常に格好いいのです。それというのも細身のラインと横に丸みのある曲線が上方のクラウンの直線を引立てて格好よさを引き出しているからです。さらにサイドに施された鋲の存在やフロントとテンプルをつなぐかしめ丁番の堅牢さがぐんと印象を格上げしてくれます。

 

スニーカー

ボリュームのないフラット感のあるスニーカーを大量保有してしまい、シューズボックスはすでに満員状態。ヒールのある靴を履こうとした時期もありましたが結局のところ、自分の足には現在のスニーカーライフが合っているのかもしれません、自分らしくいられる事の方が人からどう思われるかよりも大事になってきたそんな年頃。そんな方におすすめはこちら。

 

Lesca LUNETIER G.burt

大人の遊び心をくすぐるラウンドスタイル。様々な太さやサイズがありますが、大人の女性へおすすめのフレームはLesca LUNETIERのG.burt。程よいボリュームと大きすぎないサイズ感が特徴です。細身のラウンドは確かに掛けやすいですがスタイルの中に特徴が出にくい事もあります。ほんの少しボリューム感のあるものを選ぶ事でぐぐぐと表情が締まり、他の誰かではない自分らしさが生まれるはずですよ。

 

いかがでしたでしょうか。洋服もそうですがアイウエアもセレクトする上で男女のボーダーラインが無くなりつつあり、何が自分にとって気分を上げてくれるのかのポイントに尽きる気がします。本格的にアイウエアも楽しんでかける時代に突入してきましたね。掛ける人々の概念が変わる事で、これからもっと更に楽しめるようになって行くような気がしてなりません。それでは今回はこのへんで。