<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
新作入荷:MASAHIROMARUYAMA

MASAHIROMARUYAMAより新作が入荷しました!毎回新たな試みによって驚きに満ちた新作が発表さMASAHIROMARUYAMA、今回はどんな新作になっているでしょうか。

それではご紹介いたします。

今季のコンセプトは「消しゴムで鉛筆のラインを消したイメージをメガネのデザインとして表現。Side Pieceが消えたことによって新しい構築が生まれeyewearに新鮮な表情を与える」とかなり気になるアプローチです。

 

構想段階でデザイン画のスケッチを行った際に試しにフレームのラインを一度消してみたところ、新鮮な印象に感じ、遊び心を持って描き直したら全く新しいスタイルが出来上がったとの事。

気になる商品はこちらです。

Mod: MM-0033 Col: 1

大胆に形作られたキャットアイはシルバーのメタリックな輝きに一筋のゴールドが横切る事でそこだけ異空間が出来上がります。正面からの特異な印象は横を向くことでさらに際立ちます。左右非対称のアンバランス感は横顔の印象を左右で全く異なるものにしており、どちら側から見ても魅力的な横顔を作り出します。

Mod: MM-0031 Col: 2

同じキャットアイスタイルでもこちらはリムに強弱のコントラストをつけることで全く違った印象に仕上がりました。フロント下部をスパンと切ったように途中から細くなるラインはまるで新時代のブロウモデルのようです。ボリュームの比重をトップに持ってくる事でうまくゴールドラインとのバランスを取り、ファッショナブルでモード感溢れるスタイルに仕上がっています。

Mod: MM-0032 Col: 3

円と直線で描かれたこちらのモデルはまるでアートピースのような造形的なデザインです。プロダクトを空間的に捉え、あるべき場所にヒンジがないことで、新たな空間が生まれ、そこには掛ける人によって生み出されるイマジネーションが加わり、唯一無二の印象を作り出して行くのです。これぞ未知のアイウエア体験なのではないでしょうか。

 

アイウエアはこうであるという常識的な概念を払い、「消して見たらどうなる」「均衡を崩してみたら」「なんか素敵」など理由を持たずに感覚だけでものごとや空間を捉えてみると、こんなにも自由で豊かな発想が生まれてくるのかと驚くばかりです。

是非、店頭にてお試しになって見てください。

 

 

MASAHIROMARUYAMA 新作入荷しました!!

MASAHIROMARUYAMAの新作モデルが入荷しました!!

 

今回の入荷した新作のテーマは "broken"

完成した物を一度壊し、再度組み合わせる事で、新しい印象の眼鏡を生み出しています。

これまでに、オリジナリティー溢れるデザインを多く生み出してきた同ブランドですが、今回の新作もかなりユニークなデザインになっています!

 

Mod.MM-0027 Col.4

レンズを入れているフロント部分が、中央・左右とパーツ毎に分かれており、それぞれをネジで留めている作りになっています。

上のモデルは更に色もそれぞれ違う為、かなり独特で個性的な印象の眼鏡になっています。

 

色違いでゴールドとブラックも入荷しています。ゴールドは中央を挟んで右側が光沢あり、左側がマットになっています。

 

Mod.MM-0029 Col.3

少し丸みがかったウエリントンタイプ。こちらは中央がゴールドで黒とシルバーの組み合わせになっています。

 

Mod.MM-0030 Col.4

レンズ周りにセル枠が装着されたタイプ。MASAHIROMARUYAMAらしい不完全なラインで描かれたレンズシェイプがより強調され更に個性的な印象で掛けられます。

 

 

 

Mod.MM-0027SUN Col.3

こちらは、キービジュアルにも使用されているサングラスモデル。

フレーム・レンズカラーもバラバラに構成されていて、見た事も無いデザインになっています。

 

 

独特な世界観のあるMASAHIROMARUYAMAを、せひ店頭にてお試しください!!

MASAHIRO MARUYAMA 入荷してます。
photo image:http://masahiromaruyama.com



MASAHIRO MARUYAMAの新作フレームが入荷しております。
2015-16秋冬コレクションのテーマは「STRAIGHT/ストレート」。
直線を組み合わせて描かれたフレーム、よく見ると外形と内側の線はそれぞれ違う方向を向いています。





Mod.MM-0018  Col.3
ボストン型を直線で描くとこんなフレームに仕上がりました。
ディテールは個性的ですが、全体として見るとクラシック。
他のブランドとは一味違うオリジナリティー溢れるデザインです。




Mod.MM-0019  Col.2
こちらはMM-0018のフロントをコンビネーションにしたモデル。
マットブラックを選べばカジュアルながらも上品な印象になります。




Mod.MM-0021  Col.1
形が変わってウェリントンの玉型。
人気の高いゴールドのメタルフレームです。
あなたの存在をより輝かせてくれそうな1本。




Mod.MM-0022  Col.3
こちらはMM-0021のコンビネーションタイプ。
MASAHIRO MARUYAMAはデザインはもちろん、カラーリングも最高です。とくにこの紺色、おすすめです。まだ試してない方はぜひ。



さて、ここからは大人気のファーストコレクション「dessin/デッサン」の新型をご紹介します。これまでの「dessin」のエッセンスはそのままに、今回は少し小振りで丸みのあるフレームが揃いました。





Mod.MM-0024  Col.2
クラシックなイメージの丸めがねですが、こちらはすこしファニーな雰囲気のあるフレーム。
べっこう色は顔なじみがよく、服装を選ばないので取り入れやすいカラーのひとつです。





Mod.MM-0025  Col.1


Mod.MM-0026  Col.1
上はウェリントン型、下はボストン型。
ぽってりとした質感はこのブランドならでは。
それぞれ眼鏡としてはもちろん、カラーレンズを合わせサングラスにするのもオススメです。





世界中で人気のあるMASAHIRO MARUYAMAのフレームです。
新しいコレクションをぜひお試し下さい。

 
MASAHIROMARUYAMA 新作入荷しています!!

logo.jpg


毎回新しい驚きを提案してくれる「MASAHIROMARUYAMA
新作が入荷しています。
今回も今までみたこともないようなフレームがあります。
さっそくご覧下さい!

今季はメタルのみのコレクションが新しく登場しています。
MM_blog6.jpg
MM-0012
もちろんメタルでもアシンメトリーはそのままです。
こちらはラウンドフレーム。

MM_blog7.jpg
MM-0014
そしてスクエアタイプ。

MM_blog10.jpg
テンプルはゴールドです。
こちらのフレームカラーは、テンプルの内側が黒、外側がゴールドになっています。
ゴールドが入ることで華やかさも演出できるフレームです。


そして今回最も驚かされたモデルがこちらです。
ボストンタイプとウェリントンタイプの2種類があります。
まずはボストンタイプから。

MM_blog1.jpg
MM-0017
見ても分かるように左のレンズにネジが止められています。
そのインパクトは抜群です。
ほかに類をみない、構造になっています。

MM_blog3.jpg
MM_blog2.jpg
MM_blog5.jpg

こちらがウェリントンタイプ。
MM_blog4.jpg
MM-0016
こちらもボストンタイプ同様ネジが左レンズに止められています。
人とは違ったモデルをお探しの方へ特にオススメのモデルとなっています。

MASAHIROMARUYAMA」は
渋谷、代官山店ともに入荷しています。
ぜひ店頭にてお試しください!!



 
MASAHIRO MARUYAMAの新作をご紹介です。
独自の世界観を持つ国内ブランド、MASAHIRO MARUYAMAの新コレクションが到着しました!
「unfinished art(未完成のアート)」というブランドコンセプトの元に毎回発表されるコレクション。
第三弾となる今回のテーマは「CUT」です。



ハサミで紙をカットするイメージをフレームづくりに投影したという今回のコレクション。
ラフなフレームラインとアシンメトリーな構造というこれまでの特徴に加え、フレームの一部をまさにハサミで切り取ったようなディテールが印象的です。

 
MM-0010 col. 2




MM-0011 col. 1




MM-0008 col. 5


MM-0009 col. 4

クラシックフレームが盛り上がりを見せる昨今。
MASAHIRO MARUYAMAの今期の新作はコンビネーションというクラシカルなスタイルを先鋭的なデザインによってアップデートしようとしている点で、他のコンビネーションとはひと味違うとても興味深いものとなっています。
また全体的に細身で、かけやすいシルエットになっているのも魅力的ですよ。
各モデル、写真以外のカラーもご用意があります。

ぜひぜひ、店頭でお試し下さい!


 
「MASAHIROMARUYAMA」 のご紹介!
みなさこんにちは。

日本ブランドで波にのっている、
「MASAHIROMARUYAMA」
を今回ご紹介します。

今回も第一弾同様、アシンメトリーならではの未完成の美しさが詰まっています。

ご覧下さい。



 
今回ご紹介するのはこの4型。

MMTOP5.jpg

 
待望のラウンドタイプに、
メタルとセルを組み合わせたコンビネーションタイプが2型。
そして少し小ぶりな女性にもおすすめのフォックスタイプです。


左右のバランスの違いもさることながら、
すこしいびつに見える形が本当に新しい表現です。



そんな中でももっともインパクトのある1本がこれです。
こんなフレームみたことありますか?

MMcombi.jpg

まさにMASAHIROMARUYAMAの真骨頂といったところの1本。

 右から見たときにはセルフレームのように、左から見たときはコンビネーション。
見る人、角度によってはまったく違ったフレームに見えるんです。


 


カラーバリエーションも豊富に取り揃えています。
MMcolor.jpg


MMround.jpg



ぜひ一度お試し下さい!!



"MASAHIROMARUYAMA"他にない日本の眼鏡。
世界中から人や物が集まる今、グローブスペックスでもデザイン豊かな海外の眼鏡ブランドが集まっています。そんな中、日本の眼鏡ブランドから個性溢れる眼鏡が登場しました。


デザイナーは、メガネメーカーデザイン室勤務を経て、日本デザイン専門学校講師の経験を持つ丸山正宏氏。
2011年に1stコレクションを発表した、今注目のブランドです。

ブランドコンセプトは=unfinished art..=
美しいライン、完璧さに疑問を投げかける事で生まれる造形
1stコレクションのテーマは"Dessin"
通常の完成されたプロダクトとは一線を画し、手で描いたラフデザインの要素をプロダクトにそのまま落とし込む事で生まれる未完成な造形が特徴です。
それは見る人により、眼鏡、工芸品、アート作品などと異なる認識で受け取る多面的な表現を持つコレクションとなっております。
未完成であるがゆえの自然で美しいフォルムの提案です。

ラフな輪郭は独特且つ魅力的。

製造は福井県鯖江市にある老舗工場で行い、老舗の職人達による他では真似出来ない伝統の技により作り上げられています。



MM-0001 4
人気のあるウェリントンタイプのモデル。ナード感を出しつつも、独特な雰囲気を醸し出してくれます。

MM-0002 3
全体的に大ぶりで、四角目のデザインが特徴のモデル。

MM-0003 1
縦幅は0001よりも狭いタイプ。エッジの効いたデザインは個性を引き出してくれます。
掛けるとこんな感じ。しっくり掛けられます。


他にも多数カラーバリエーションがありますので、
是非一度お試し下さい。