<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カウンターテーブルのライティングパッド
渋谷店・代官山店のカウンターに並べてある、”ライティングパッド”はNYのマンハッタンにあるBrewer-Cantelmo社の製品を使用しています。

Brewer-Cantelmo社は1928年から今に至るまで、マンハッタンに工場を持ち、一貫してhand madeで商品を製作しています。
プレゼンテーションツールが有名で、クリスティーズやサザビーズなどでも使用され、
また、写真家のポートフォリオや、著名なレストランのメニュー表などにも使われています。

実はグローブスペックスでイベントを行う際、よくDJをしてもらっているファッションのオフィスにお勤めのDANNYさんのお父様が、この会社を経営されていて、そのご縁で実現しました。
GLOBE SPECSの型押しも入っています。
下にはMADE IN NEW YORKの刻印も。
持ち運び用に、小さなパッドも作って頂きました。

お店にお越しの際は、一度その肌触りを感じてください。
X'masウィンドウディスプレイ by バンタンデザイン研究所

クリスマスが近づくこの季節になると、各お店のウィンドウが華やかに飾り付けられ、皆様さんワクワクしてくると思います。


今回、グローブスペックス渋谷店ではバンタンデザイン研究所の学生さん達にX'masウィンドウを作製して貰いました。

クリエイティブ分野の専門スクールであるバンタンデザイン研究所とグローブスペックスは、産学共同授業の一環として、インテリアスタイリスト専攻の学生さんにウィンドウディスプレイを提案・作製して頂くことになりました。テーマに選ばれたのはクリスマス・ウィンドウ。


事前のプレゼンでは数多くの案を出していただきました。

どれも素敵な案ばかりでしたが、今回はこちらの案を採用させていただきました。

岡田との最終プレゼンでは熱のこもった説明に。

イメージボードと仮の展示風景。


今回採用されたテーマは「こびとの眼鏡工場」

サンタクロースのこびと達が、日頃頑張っている人達の為にプレゼントを贈る準備をする工場のイメージ。

さあ、どんな出来上がりになるか楽しみです。




ディスプレイ当日の設置風景。

朝早くから皆さんの手際よい作業を見ていて感心しました。


そしていよいよ完成!!

イメージ通りのディスプレイです。

サンタのこびと達がカワイイ。

いろんな所に遊びがつまった、とても素敵なディスプレイになりました。


バンタンの学生の皆さん、ありがとうございました!


ちなみに、夜はもっと素敵になります。

キャンドルの映像が夜になるとより暖かな印象を与えてくれます。

最後にこびと達。プレゼントの眼鏡を組み立てたり調整しています。


皆さんはどのサンタさんが気に入りましたか?


是非、ご来店の際は見てみてください。

渋谷店の看板
渋谷店の店頭に旧いヨーロッパの眼鏡店の看板が取り付けられました。横幅90cm、縦幅60cmと言う大型のもので、ルノアのデザイナーであるゲルノット・リンドナー氏から譲り受けたものです。欧米の眼鏡店では、よくこの様な旧い看板を歴史ある店から譲り受けて使っているのを見掛けます。先達からのプロとしての心意気や拘りを引き継いで、またその先の世代にバトンタッチしていく様な気がします。
自分が初めて眼鏡を掛けたのは70年代、高校生の頃で、当時はメガネがファッションとしての認識はあまり無かったですが、検査機器のメカニカルな感じや、目の前にレンズを持ってくると言う不思議な感覚、メガネを掛けると自分の顔の印象が大きく変わる事など、メガネに対して漠然とした魅力を感じていました。

80年代に入ってから眼鏡の仕事に携わり、以来ずっと眼鏡が提供できる明瞭な視界や快適な見え方の提供、ファッションとの連動、世界中で異なる眼鏡の掛け方の文化の違い、眼鏡が作り出すパーソナルキャラクターなど、眼鏡が持つ様々な要素やその奥深さに没頭してきました。そして世界中へとその拡がりを追い求めて行くと無限の様に可能性を感じます。

グローブスペックスを開始してから13年が経ちましたが、この看板のバトンを受け継いだ事で、今後もますますメガネの楽しさ、素晴らしさ、そしてメガネの凄さまでも伝え続けて、皆さんにより喜んで感動していただける様に頑張っていきたいと思います! 

 

岡田

ただいま出張買い付け中
通りを歩いていると、ウィンドウのディスプレイがすっかり春夏の雰囲気ですね。
新商品もたくさん入っていて、お買い物が楽しい時期ではないでしょうか。


ところで眼鏡の新作っていつ発表されるのでしょう?

実は、ちょうど今頃なんです。
先週末、イタリアのミラノで、眼鏡の2大国際展示会のひとつであるMIDO展が
開催されました。


出張中.jpg

新作モデルをいち早くチェックするため、グローブスペックスの岡田も現在
ヨーロッパに出張中です。



これから様々な眼鏡やサングラスを新たに入荷する予定なので、
ぜひ楽しみにしていて下さいね!



Happy New Me !! from代官山
とっておきの自分らしい眼鏡に出会えると気分が明るくなりますよね♪
お客様がより魅力的になる1本が見つかると、私たちもとても嬉しいです。

RIMG1343.jpg


いつもたくさんのお客様に笑顔を分けて頂いているので、ブログでもご紹介いたします。


RIMG1251.jpg RIMG1255.jpg
RIMG0009.jpg RIMG1260.jpg
RIMG0008.jpg RIMG1199.jpg
RIMG1201.jpg RIMG0002-1 のコピー.jpg
RIMG1245.jpg RIMG0014.jpg


それぞれ雰囲気に合った眼鏡で、とても似合っていらっしゃいますよね。
写真にご協力頂いた皆様、ありがとうございます!


RIMG1344.jpg


皆様が「Happy New Me!!」な眼鏡にたくさん出会えるように、私たちスタッフがお手伝いいたします。
明るく、楽しくなったウィンドウでお待ちしています。


渋谷店のウィンドウ
今、渋谷店のウィンドウでは、お客様の写真をディスプレイしています。

今回のウィンドウのテーマは「Happy New Me!!」

”新しい年を迎えるのと合わせて、新しい魅力的な自分になろう!”をコンセプトに
ディスプレイを考えました。

ご来店いただいたお客様にご協力いただき、魅力的なお姿をご紹介させて
いただきました。

IMG_9833のコピー.jpg

M1_IMG_1764のコピー.jpgIF1_MG_1774のコピー.jpgF2_IMG_1791のコピー.jpgM2_IMG_1781のコピー.jpg
たくさんあるフレームの中から、ご自分にぴったりの一点を見つけていただけました。
みなさん本当にお似合いですよね!
IM3_MG_9809のコピー.jpgIF3_MG_9818のコピー.jpg

お客様の笑顔でとても魅力的なウィンドウになっています。

IMG_1954のコピー.jpg
ご協力いただき、ありがとうございました。

ぜひみなさまもご自分にぴったりのアイテムを見つけてくださいね。
きっと今までにない新しい自分が発見できますよ。

店頭に出し切れないフレームがまだまだたくさんありますので、
お気軽にご相談ください。
海外からもたくさんご来店いただいてます!
グローブスペックスには海外からもたくさんのお客様がご来店いただいています。

海外からのお客様の多くが、店内の様子を気に入っていただき、撮影されておりました。今回、年末年始に渋谷店にご来店いただいたお客様から、撮影された写真をいただきました。お客様目線で切り取ったお店の風景が、とても良く写っていましたのでいくつかご紹介したいと思います。
ty6.jpg

ty4.jpg
こちらはシンガポールからいらっしゃったお客様。

ty3.jpg

ty10.jpg
お客様の目線でいろいろ撮ってくださいました。
IMG_1261.jpg
こちらは、シンガポール在住のご夫妻とオーナー。
今回お選びいただいた眼鏡をかけて撮らせていただきました。
お二人ともとてもよく似合っていらっしゃいます!
DSC02456.jpg
こちらはアメリカ在住のお客様。
やはり今回お選びのフレームで撮影させていただきました。
お客様の雰囲気にぴったりでした!

DSC02422.jpg

DSC02445.jpg


P1020338.jpg
最後の一枚は、スイスからいらしたお客様が、
オーナーを撮影してくださったものです。
店内のインテリアやディスプレイ小物も楽しんでご覧いただけたようです。

グローブスペックスが、みなさまにとってお気に入りの場所となってくれたら
私達スタッフもとても嬉しいです。
Merry Xmas ☆
今日はイブですね♪

20101223.jpg

代官山店の入っている代官山アドレス・ディセでは、23日に、クリスマスコンサートが開催されました。
ヴァイオリンの軽やかな音色がとても綺麗でしたよ♪



     リース.jpg

今年は週末にクリスマスということもあって、ゆっくり過ごされるという方も多いのではないでしょうか。
皆様に幸せなクリスマスがやってきますように☆






代官山アドレスのイルミネーション
      dixcept3.jpg
11月も後半に入り、通りの雰囲気も少しずつクリスマスになってきましたね。
代官山アドレスの広場にも、早くもこの週末にツリーが登場いたしました。


     dixcept5
代官山駅を出てブリッジを渡ると、大小14本のツリーが見えてきます。

     dixcept4.jpg



   dixcept450.jpg
おすすめは八幡通り側からの風景です。
アドレスモールの光の通路と合わさって幻想的。
16:30〜24:00まで点灯していますので、ぜひ見てみて下さいね。



Robertさん、Elizabethさんご来店
今週、東京ビックサイトにて国内最大の眼鏡の展示会、IOFTが開催されました。
それに先立っての日曜日、Robert Marc のデザイナーであるRobertさんと LaLoop のデザイナーであるElizabethさんが GLOBE SPECS に来てくださいました。


まず Elizabethさんからは、新作コレクションのイメージなどを聞かせて頂きました。
子ども向けの物語をモチーフにしたモデルや、オニキスの名称がギリシャ神話のヴィーナスの爪に由来するという話など、、コレクションをより理解できて興味深かったです。

最近は自然からインスピレーションを得たコレクションが増えてきたとのことで、チーターやクロコダイルなどの生き物からヒントを得たデザインや、鉱石やシェルなどの天然素材を用いたモデルがたくさんあります。


 210


                     
LaLoop で扱われるこれらの素材には、特定の地域でしか産出されないものが多くありますが、これはElizabethさんが世界中を訪れて探し出したもの。
集めた素材やチャームをストックし、そこから新たなデザインを考えているそうです。
自然から生まれたものははどこかぬくもりを感じられて、身につけていると心地いいですね。


 

この日のElizabeth さんは黒を基調とした装いに、新作のホワイトスポンジコーラルのLaLoopをご使用。コーラルが全体を軽やかな雰囲気にしています。
そして右手首にはレザーカフスブレスレットが。先日のSILMO速報5でご紹介したアイテムのお色違いですが、「同じものを2つ重ね付けするのもいいのよ」と着けこなしのアドバイスも頂きました。



Robert Marc のデザイナーであるRobertさんからは、フレーム作りに対するこだわりなどをお話しして頂きました。
特にブランドの特徴でもあるテンプルの付け根部分は、ヒンジを丈夫にするため独自に開発されたもの。テンプルに溝を切ってメタルと噛み合わせることでテンプルが上下にぐらつくのを防ぎ、それをピンで固定して抜けにくくしています。非常に上質なメタルを用い、「僕のヒンジにはトラブルがないんだ」との彼の自信の籠った言葉に、自分が良い眼鏡を使っていることを改めて実感することができました。

       

そして、SILMO速報2でもご紹介した新作コレクションの「Tortoise Jungle」。生地作りから携わったこだわりの鼈甲色は、他のどのブランドにもない絶妙なカラー。
イメージ通りの色に仕上がったと、大満足でお話して下さいました。


                        

1本1本を見ても素敵なのですが、複数並べることでそれぞれのカラーが相互に影響し合い、より深みを感じることのできるコレクションとなっています。




最後に、GLOBE SPECS の岡田を真ん中にして3人でパチリ。



デザイナーさんから直接お話を伺える機会はなかなか無いため、とても貴重な時間となりました。朝早い時間だったのですが、お二人とも元気! たくさんのパワーを頂くことができました。
お話しして下さったこだわりや改めて感じたブランドの魅力などを、より多くの人にお伝えしていきたいと思います。

Robert さん、Elizabeth さん、ありがとうございました。