<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
映画とメガネ

だんだんと寒くなってきましたね。そんな時は家で映画などいかがでしょうか?

今回は映画とメガネに焦点を当てて、メガネをかけた登場人物が出てくる映画をご紹介いたします。

あらすじ:ニューヨークでプロダンサーを夢見ながらも、なかなか人生がうまく進まないアラサー女子の日常を描く、ノア・バームバック監督の2012年の作品です。

 

ヌーベルバーグへのオマージュということで白黒映画で話しは進みますが、フランス映画特有のムーディーな感じではなく、スタイリッシュで色を想像させるようなエネルギッシュでテンポの良い映画です。

 

その中でフランシスの友人でズバズバものを言う出版社勤務の女性が掛けているのがクリアの大きめメガネ。(白黒映画なので、何色かわからないのですが。。)

素顔はキリリとしたスタイリッシュな女性なのですが、クリアなメガネを掛ける事でややナードな雰囲気を出しています。辛辣なコメントも言うけど、友達思いの憎めないキャラクターを演じています。

そうクリアメガネはバランスが大事なのです。

ワーキングウーマンのようなスタイルに、やや大きめのクリアフレームを合わせることで少しの野暮ったさとおしゃれな雰囲気が混在して、意思のある女性に見せることができるのです。

Lesca LUNETIER

Anne et Valentin

Anne et Valentin

MICHEL HENAU

クラシカルに寄せないおお振りフレームは注目度大です。

下を向いた感じや

横を向いた雰囲気など、「わぁ、素敵」と言うよりも「何かいい」と言う良い塩梅を生むクリアメガネ。是非お試しになって見てくださいね。

 

この映画にはそれ以外にも小道具で効果的にメガネが出てきて、時にクスリとさせてくれます。

歯医者さんでの治療中にかけるゴーグルや

Vintage Persol

パソコンルームの男性のリーディンググラスなど

Lesca LUNETIER

Lesca LUNETIER

深刻な場面でもメガネがあるからコミカルに面白い構図になっているところも合わせて見ていただくととても面白いと思います。

レオス・カラックスの「汚れた血」の1シーンのような疾走感のある場面や、ゴダールやトリュフォーへのオマージュとして作られたと聞きながら見るとまた違った面白さがあるかもしれません。

 

白黒ゆえに生まれる光と陰の中でわざとかと思うくらいにメガネを光らせて撮影している部分が、監督の意図した部分なのか否かは分かりませんが、キャラクターの気持ちや雰囲気を物語っており「ふっ」と笑ってしまう部分があります。

どちらかと言うと文化系女子向けではありますが、おしゃれなだけの映画ではなく、誰の中にもあるどこか冴えない部分に共感してもらえると思います。気になった方は是非見て見てください。

それではまた。

 

 

HOUYHNHNM(フイナム)#20 岡田

HOUYHYHNM(フイナム)「SNAP」

OKADA

 

 

メガネ:Scye SPECS(2019年1月15日発売開始)
ジャケット:Scye

 

 

HOUYHNHNM(フイナム)「SNAP」

12/15(土)16(日) 新作受注会を開催いたします!

みなさんこんにちは。

 

この秋にフランスシルモ展にて発表された新作アイウエアの受注会を開催し予約販売を承ります。最新のトレンドや気になるブランドの全モデル・全カラーをご覧いただける希少な機会です。ぜひご来店ください。

 

少しの変化でいつもの印象や雰囲気はぐっと変わります。是非、新作をお試しいただきながらいろんなアイウエアを楽しんでみてください。もちろんスタッフもお手伝いいたしますのでお気軽にお尋ねください。スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

 

開催日時

12月 15日 (土) グローブスペックス渋谷店

12月 16日 (日) グローブスペックス代官山店

※ご予約は必要ありません。

 

対象ブランド

AHLEM, Anne et Valentin, GERNOT LINDNER, GLOBE SPECS, La LOOP, DIANE TAYLOR, Lunor, Lesca LUNETIER, Robert Marc

 

2018 Silmo 新作紹介 Anne et Valentin(アン・バレンタイン)

こんにちは。エージェントの片山です。

今回は、フランスのSILMOで発表されたAnne et Valentinの最新作をご紹介します。新たに4つのコンセプトが登場し、充実した内容になっています。それではどうぞご覧ください。

【NEW CONCEPT】COMPOSITION

コンポジションはカンディンスキー、マーガレット・デ・パッタ、モホリ・ナジ・ラースローのメカニカルな作品からインスパイアされたコンセプトです。

   

全てがチタン製で、繊細なラインと真円、半円、三角形を組み合わせたフロントパーツはとても優雅で、管楽器の孔を押さえるパーツのようなテンプルは流れるようにカーブしたブリッジと軽やかに調和しています。緻密で繊細な作りはまるで現代的なアートや先進的なアクセサリーのような佇まいです。

Mod. CAPELLA 8C37

Mod. COSMOS 8C39

Mod.CASSIOPEE 8C41

 

【NEW CONCEPT】PUBLISHERS

パブリッシャーズは世界中の偉大なジャーナリストを讃えるコンセプトで、各モデル名に彼らの名前を冠しています。かつて新聞を刷る為に使用されていたアルビオン印刷機による活字から着想を得ており、アセテートは立体的なカッティングを施し、表面の仕上げはツヤとマットを使い分け、ブリッジにはメタルを取り入れることにより、素材のコントラストを楽しむことができます。控えめな色合いも特徴で、このフレームは働く人、考える人、前進する人、緻密で繊細な人の為に作られた洗練されたシリーズです。3型展開。

Mod.HENRI 8C21

Mod.HINE 8C23

Mod.HIRO 8C25

 

【NEW CONCEPT】METRONOMY

メトロノミーは過去と未来、1980年代と2020年を繋げるコンセプトで、繊細な作りとハイテクデザインが織り成すチタンとアセテートのコンビフレームです。

エレクトロポップミュージックから着想を得ており、その規則正しさとミニマルさがデザインに反映されています。フロントのアセテートは光が透過されるぐらい最大限に薄く、その左右に埋め込まれた音叉のような形をしたヒンジはフロントと一体になるように埋め込まれ、そこから伸びるテンプルは都会的で洗練され、全体は大きめの作りになっています。

   

Mod. TEA TIME 8C16

Mod. TIME LAPSE 8C20

Mod. TIME LESS 8C17

Mod. TIMES SQUARE 8C19

 

【NEW CONCEPT】BOLD

ボールドは、現代社会における女性の立場が自由であることを象徴するコンセプトです。厚みのあるアセテートを彫刻のようにカットしたフレームはボリューム感があり、非常に力強さを感じます。それは大胆、勇気、自由を感じさせる存在感あるフレームです。

 

Mod. WE ARE FREE 8C46

Mod. WE ARE PROUD 8C48

Mod. WE ARE READY 8C45

Mod. WE ARE STRONG 8C44

順次入荷予定です。店頭にてぜひお試しください。

2018 Silmo 新作紹介 GLOBE SPECS(グローブスペックス)

みなさんこんにちは。代官山店の中山です。

この春、ミリタリーテイストを基調とした「THE BARRACKS」が現代的な感覚をヴィンテージスタイルに吹き込んだ「GLOBE SPECS」として生まれ変わりました。そんな生まれ変わった「GLOBE SPECS」からこの秋、新作2型が登場しています。

Mod:ARTIE

メタルのダブルブリッジのモデルからは、以前より要望の高かった大振りのモデルが登場です。

Mod:THE HOOVER

人気のインナーリムタイプからはサイズ感を大きめに見直したモデルが登場しています。ラウンドやボストンのメガネはたくさん持っているという方へ縦幅のある丸みのあるスクエアタイプが新鮮です。

 

店頭で品薄になっていた人気のモデルも続々入荷予定です。

Mod:THE FRITZ

小振りなボストンのインナーリムタイプは程よく上品でクラシカルな印象に仕上がります。
 

Mod:THE LIBERATORS

スクエア型のコンビネーションスタイル。こちらはサングラスだと男性的で渋く、メガネだとより知的な印象です。

 

Mod:THE TORNADE

小振りなボストン型のコンビネーションフレームです。カラーレンズタイプとクリアレンズタイプの2種類ありますので、メガネ・サングラスのスタイルを選んで掛けられます。

 

新作は順次入荷になりますのでお楽しみに。

モデル、カラーによってはすぐ売り切れてしまう場合もございますので、気になる方はお早めに店頭でお試しください。