<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ミュールバウアーオーダーイベントを開催します!

みなさんこんにちは。代官山店、中山です。

毎回大変好評をいただいております、ミュールバウアーのカスタムオーダーイベントを開催します。

気になるイベント開催日は、

 

2019SS ミュールバウアーカスタムオーダーイベント

渋谷店 2019年 3月 9日(土)

代官山店 2019年 3月 10日(日)

 

当日は混雑を避ける為、セッション毎の予約制となっています。

 

セッション

第1回 11:00-12:00

第2回 13:15-14:15

第3回 14:30-15:30

第4回 15:45-16:45

第5回 17:15-18:15

第6回 18:30-19:30

 

ご予約は渋谷店03-5459-8377、代官山店03-5459-3645,

または、メール:mail@globespecs.co.jp へお願いいたします。

ご予約なしでももちろんご覧いただけますが、混雑した場合にはご予約の方を優先でご案内させていただく場合がございます。ご不明な点やご質問などはお気軽にお問い合わせください。

 

さて、みなさんは帽子をよく被りますか?

お客様の中には「帽子が似合わない気がする」「似合えば被りたいんだよ」なんて声も聞かれます。どういう帽子が似合うのかわからない方にこそ、当イベントにて帽子の面白さを体験していただきたいのです!

そう、オーダーイベントならではの良さが実はいくつもあるんです。

 

.汽ぅ佐

いくら気に入った帽子でも大きすぎたり、小さすぎたりできちんとフィットした帽子を選ぶ事はなかなか難しいですよね。既製品だと決まったサイズ(S/M/L)しかないことの方が多いですが、このイベントではお客様の頭のサイズをきちんと計測して0.5mm単位で作成することができます。

 

▲ラーや素材も自由自在

好きな形は見つかったもののちょっと色や素材を変えたいという方には、色違いの生地サンプルをご用意しています。お好きなカラーや素材で作ることができます。(形などによってできない場合や、追加料金が発生する場合もございますので、詳細はスタッフにお尋ねください)

 

バラエティに富んだ帽子の種類

こちらは一番の目玉ですが、ミュールバウアーの帽子を一度に約90型も見れる機会は恐らくイベントとしてはグローブスペックスのオーダーイベントだけです。期間中に店内が帽子で埋め尽くされる様子はまさに圧巻です!はい、大いに期待していただいて良いイベントなのです。定番のクラシックなスタイルの帽子や、シーズンごとに発表される新しい試みが施された新型など、バリエーションがとにかく豊富なのでお気に入りの帽子が必ず見つかりますよ!

 

通常の店頭販売では行うことのできない上記のサービスが行えるのはこのオーダーイベントならではです。カスタムオーダーのやり方はこちらのブログをご覧ください。(カスタムオーダー

 

それでは実際にどういった帽子があるのかも気になりますよね、いくつかピックアップしてご紹介いたします。

 

今シーズンのテーマは「SWEAT」。額に汗かく労働者がかぶる帽子の格好良さに着目してデザインが生まれました。

いくつかご紹介いたします。

使い込まれた帽子は保護布がされていたりしますよね。そのインスピレーションから生まれたモデル。

労働者(ブルーカラー)をイメージした、インディゴブルーに染められた帽子。

反射バンドをイメージしたリボンが施された帽子。

わざと擦り切れたようなデザインにしている帽子

 

これらはほんの一部ですが、かぶる人に楽しさや喜びを伝えてくれる新作となっています。

 

ミュールバウアーは116年続く老舗の帽子ブランドでもあります。

伝統的なハンドメイドの手法を用いて作られるクラシックな定番の帽子もありますよ。

いかがでしたでしょうか。魅力溢れるミュールバウアーの世界を覗きに是非お越しください。

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちいたしております。

 

 

 

「Scye SPECS」第2弾発売決定!!

こんにちは、プレスのはたちです。第1弾が先月発売開始となって以来、各店で売れ行きも好調な「Scye SPECS」ですが、新たに第2弾モデル「STANLEY」が発売日が決定いたしました。2月18日(月)より下記の店舗にて発売開始となります。

ファーストリリースは音楽の世界でメガネを掛けたアイコニックなアーティスト達をインスピレーションソースとしてデザインを詰めていきました。それでは待望の3つ目のモデルを早速ご紹介させていただきます。

Model: STANLEY

ポール・ウェラーに代表されるモッズをイメージして、70年代にポールや他のアーティストが掛けていたメタルのブロウバーをベースに当時にはなかったダブルブリッジにアップデートして今の空気感を盛り込みました。

ポール・ウェラーの名曲「Stanley Road」からモデル名を命名。メタルにビンテージ加工を施し、使い込まれたような味わい深い風合いを表現しました。

メタルはチタン製パッドでモダンのアセテートは仄かに染めてビンテージ感を表現しました。6カーブの紫外線カット対応レンズを採用しています。

価格:49000円(税抜き)カラーバリエーション:2色

お取り扱いにつきましては弊社グローブスペックスの渋谷店、代官山店、Scye Mercantile(サイ マーカンタイル)そして両ブランドとの関係性が高いDistrict UNITED ARROWSのみのお取り扱いとなります。数に限りがございますので、気になる方はお早めに!!

その他のモデルはこちらからご覧いただけます→こちら

#9「眼鏡の素材には何があるの?(プラスチック編)」


こんにちは代官山店の嶋津です。

お客様との会話の中から出て来るお悩みや疑問を、お客様と一緒に考えて解決していくシリーズ。

#9 は「眼鏡の素材には何があるの?(プラスチック編)」です。

様々なブランドから、色々なデザインの眼鏡がたくさん登場しています。前回のメタル編に続きそんな眼鏡のベースとなる、素材に関してご紹介します。

眼鏡の素材は大まかに分けて、大体3種類に分けられます。

・金属素材(メタルフレーム)
・プラスチックなどの合成樹脂素材(セルフレーム)
・その他(天然素材など/代表的な素材としてバッファローホーンや鼈甲)


それぞれの素材には特性があり、それぞれ利点・課題点があります。
今回は、プラスチックなどの合成樹脂素材(セルフレーム)に関してご案内いたします。


セルフレームの利点
・多彩な色を表現できる
・ボリューム感・立体感を出せる
・温かい印象を演出できる
・レンズの厚みをカバーできる


セルフレームの課題点
・長期間使用すると汗や油、整髪料などで変色する場合がある
・高温にさらされると変形する
・鼻が合わない場合がある


セルフレームの特徴は、まず色が豊富であるということ。特に柄が入ったデザインやグラデーション、クリア系の色などメタルフレームでは難しい表現がセルフレームは多く表現できます。また、フレームに強度を持たせるため、フレームにある程度の厚みが必要になります。その結果メタルフレームにないボリューム感が出せます。そのボリューム感のおかげで、度が強い方が気にされているレンズの厚みを上手くカバーできたり、豊富な色と相まって温かい印象を演出することもできます。

 

一方で長期間使用していくと、表面が白くなってきたりくすんでくる場合があります。これはセルフレームの方がアルコールや汗、油に弱いためです。使用後は眼鏡の表面をよく拭き、汚れを拭き取ってからしまった方が綺麗な状態でお使いいただけます。もし白くなってきてしまった場合でも、表面を磨くことで光沢を蘇らせることができる場合もございますのでご相談ください。また、素材の性質上高温にさらされると、変形や歪みが生じる場合がありますので、ストーブの前など熱いところには置かないようにしましょう。夏場の車内などは特に熱くなりますので、ケースに入れるなどして対応してください。海外ブランドの眼鏡などは鼻当て部分が小さく、かけた時に鼻のところがうまくかからないなどの経験をされたことがあるかと思います。その場合自店にてお客様にあった鼻当てを取り付けるカスタマイズも行なっておりますので、ご利用いただければと思います。
参照:眼鏡について意外と知られていない事〜鼻パッド編〜



セルフレームならではの特徴的なモデルをいくつかご紹介します。

・柄が綺麗なフレームといえば・・・

Robert Marc 899 378
グリーンとグレー、ブラックの様々な色が大理石のように散りばめられ、鮮やかなカラーリングが表情を華やかに際立たせてくれます。


・クリア系でオススメといえば・・・

Anne et Valentin TIMELESS 8C17
フロントのアセテートは光が透過されるぐらい最大限に薄く仕上げられており、やや大きめながらも都会的で洗練された印象を与えてくれます。


・温かみがあるフレームといえば・・・

Lunor A5 226 03
太すぎず、細すぎずのフォルムが絶妙な1本。顔に明るい色が乗る事で表情がすっきりして見えます。


・ボリューム感あるモデルといえば・・・

Lesca LUNETIER GURU 30
フロントの特徴的なカッティングがフレンチらしいモデル。肉厚なボリュームとエッジを残した仕上げは、インパクトがありながらもどこかエレガントさを漂わせてくれます。

セルフレームは写真で見るのと、掛けて見るのでは印象が変わる素材でもあります。似合わないかなと思った物でも、掛けると意外としっくりきたなんてことも良くあります。先入観にとらわれず、是非色々なモデルをお試しください。
また、セルフレームとメタルフレームを組み合わせたコンビネーションフレームなどもおすすめですよ。
HOUYHNHNM(フイナム)#23 岡田

HOUYHYHNM(フイナム)「SNAP」

 

 

 

OKADA

 

 

メガネ:Scye SPECS
セットアップ:Scye
シャツ:スティーブンアラン
ネクタイ:ブルックスブラザーズ
靴:パラブーツ

 

 

HOUYHNHNM(フイナム)「SNAP」

【リクルートブログ】-グローブスペックスで働くこと-(チーフ竹村、スタッフ野澤の場合)

前回は会社のあり方や代表岡田の考え方などをご紹介いたしましたが、今回は一緒に働くスタッフがどのようにして働いているのか、グローブスペックスで働く楽しさや、やりがいや大変な部分などを2名のスタッフに登場してもらいご紹介します。

 

始めは入社6年目渋谷店チーフ竹村です。

Q. グローブスペックスで働く楽しさ、やりがい。

グローブスペックスで働いていて楽しさを感じるのはなんといっても、お客様から笑顔で「ありがとう、楽しかったよ!」と言っていただける時です。

眼鏡を通じて、お客様に大きな喜びと楽しさを感じていただけること。それはこのお店で働くことの他に代え難い魅力です。

眼鏡というのは独特なアイテムだと思います。視力矯正のための医療器具としての側面ももちながら、同時に、着ける人の印象を大きく左右するファッションアイテムとしての側面もあります。

グローブスペックスは、お客様に最高の眼鏡を提供するため、そのどちらかだけでなく両方について本気で最高のクオリティを追求しているのが特徴だと思います。

世界各国からセレクトされた、無数の、といってもいいほどたくさんの素晴らしい眼鏡たちがお店にはあります。そのバリエーションも幅広いので、どんなお客様に対してもお似合いの眼鏡をご提案することができます。お客様に、これまでお使いのものとは全然違うタイプの眼鏡をオススメして、驚きながらもとても気に入っていただいた時などは、嬉しい瞬間のひとつです。また、取扱っているブランドはデザイナーによるこだわりがたくさん詰まったものばかり。その考え方や背景知識をスタッフがしっかりと持ってお話しすることで、眼鏡そのもののプロダクトとしての魅力や楽しさが伝わり、お客様に喜んでいただいています。

一方で、視力検査、レンズの加工、ノーズパッドのカスタム、お渡し時のフィッティングなど、眼鏡の視力矯正器具としての機能に関わることについても、細やかなサービスを妥協せずに行なっています。

実は、眼鏡というのは総合的に品質が良くないと、その機能をしっかりと発揮できません。たとえ検査で正確な度数を出せたとしても、その後のステップ、例えば、レンズ選択が適切でなかったら、あるいは、フィッティングが不正確で掛け位置がずれていたとしたら、快適な見え具合は実現できないのです。ですので、私たちは、その全てに対して厳しい基準を設けて、どの工程も正確に完了出来るようにしています。

こうしたプロとしての自覚を持った仕事によって、機能の面でもお客様に高い満足を得ていただいています。Bestore Awardの受賞もあり、グローブスペックスにご来店になるお客様は、私たちにとても大きな期待を持ってくださっています。その期待に全力で応え、そのお客様にとって最高の眼鏡をご購入いただけること。それによって感謝の言葉がいただけることは、常に私たちの仕事の最高の喜びだと思います。

Q. 働く上で大変なところ。

大変なところは、楽しいところと同じくらいたくさんありますよ。笑

私自身、全くの未経験からスタートして、接客の仕方はもちろん、眼鏡についての光学的知識や技術をイチから学んでいきました。覚えるべき専門的な内容はたくさんありますし、単純な作業ひとつ取っても、その1つ1つが完璧である必要があるため、常に集中して妥協しない姿勢で仕事をすることが求められます。

私は性格が大雑把で手先が不器用な方なので苦労しました。

でも、先輩方は丁寧に指導してくださいますし、頑張って知識や技術を身につけて行くことで、より一層お客様に喜んでもらえることがとても嬉しく、何よりも励みになります。

眼鏡の仕事は、ただモノを販売して終わり、というのでなく、度数決定やフィッティング、そしてお渡しした後のアフターケアや、さらにはその後長年に渡って、そのお客様の眼の快適さとオシャレをお手伝いすることになるので、とても深くお客様と関わることができます。

そこには難しさや大変さが付き物ですが、それだけ頑張ったからこそ、お客様の期待に応えて喜んでいただけた時は、その苦労も忘れる嬉しさがありますよ。

 

続きまして入社4ヶ月スタッフ野澤です。

Q.入社するに至った経緯、不安に思っていて点、実際に働いてみてどうだったのか?

私は元々、眼鏡が似合わないと思っていましたが、当店で接客してもらい、自分にも似合う眼鏡があるんだと思わせてくれたのがグローブスペックスでした。

また眼鏡をファッションだけでなく、お客様に快適な見え方を提供している点においても魅力を感じ、入社いたしました。

終わりの時間が遅いことや、体力的な不安はありましたが、フォローしてもらえるので、大丈夫です。

Q. グローブスペックスに入社して感じるやりがいは?

グローブスペックスではフレームの提案をし、お客様の眼鏡選びを手伝わせて頂きます。お客様に気に入って頂ける一本を提案できたとき、とても嬉しく思います。

また見え方や掛け心地において、満足して頂いているお声を聞くことも多いです。私も先輩方のように出来るようになって、お客様に喜んでいただきたいと思い、学んでいます。

しっかりとした研修があるので、一つ一つクリアして、出来ることが増えると、お客様の役に立てることも多くなり、やりがいを感じられると思います。

少しでもグローブスペックに興味を持たれた方は下記よりご連絡をお待ちしております。

詳しくはこちら

一緒に働ける仲間に出会える事をスタッフ一同楽しみにしています。

 

問い合わせ先:菅野、岡田

Email: apply@globespecs.co.jp
Tel: 03-5459-3645