<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
100本の眼鏡#23

Last Pictures by Raul Diaz for Lesca Lunetier

近代建築の巨匠と呼ばれた彼がかけていたトレードマークの丸めがね。

ボリューム感のあるぽってりとした表面にラウンドとボストンの間のような絶妙なラインは顔の上に重ねる事でこそ意味をなします。

7mmほどの厚みが生み出す厳かで、力強く、精錬な印象は巨匠と呼ばれるのに相応しい風格を醸し出します。

メガネの奥の眼差しは一体何を見つめていたのでしょうか。

Lesca LUNETIER

 La Corb's

HOUYHNHNM(フィナム)8/17

みなさんこんにちは。

今回のHOUYHYHNM(フイナム)「SNAP」はこちら。

 

MIYAZAKI

繊細なラインのメタルフレームの中でもダブルブリッジはデザインに寄っては太めセルよりも個性的な印象を生み出します。

清潔感のある綺麗めシャツやカットソーに合わせて、上質で洗練された美しき「アク」がこのフレームの最大のポイントなのです。

Brand: Lunor

Series: Aviator II

Mod: P8

 

HOUYHYHNM(フイナム)「SNAP」

#2「耳の後ろ 痛い」

お客様との会話の中から出て来るお悩みを、お客様と一緒に考えて解決していくシリーズ。

#2 はHP検索ワードでも上位にランクインされるこのお悩み、

「耳の後ろ 痛い」

です。

 

基本的に人それぞれ顔の形は違うため、調整をしないで眼鏡やサングラスをかけると、「ゆるい・きつい・痛い...」などの不具合が生じます。その為、お店ではお客様一人一人に快適に使っていただけるように、お渡しする際掛け具合の調整を行なっております。

具体的な調整方法は過去のblogをご参考にしてください。

眼鏡について意外と知られていない事〜調整編〜

ただ、最初のうちは快適に使えていたのに、しばらく使っていたら何となく耳の後ろが痛くなってきたということはありませんか?

耳の後ろは神経も多く、すぐ痛くなる箇所でもあります。せっかく気に入った眼鏡でも、痛いと掛けるの止めてしまいたくもなります。では、これはなぜ起きるのでしょうか。

 

大きな原因の一つにあげられるのが、

最初にお顔に合わせた状態から、日々の掛け外しを通じて眼鏡の左右の幅どちらかが広がってしまった。

ということです。

 

少しだけ調整の話をしますが、眼鏡の幅を変える場合、智元と呼ばれるフロントとテンプル(ツル)を繋げている付近を温めたりして調整します。左右均等に智元を広げると耳の曲げの位置はほぼ変わりませんが、右の智元だけ広げると左耳の曲げの位置は手前に移動し、左の智元だけ広げると右耳の曲げの位置は手前に移動します。これは、幅が片方だけ広がると目とレンズの距離が左右で変わるので、連動して曲げの位置も変わってしまうのです。曲げ位置が本来の位置よりも手前に移動すると、当然耳の後ろにフレームが当たり痛くなってしまいます。

「耳の後ろが痛い」とご来店された方の話をうかがうと、たいていの場合片方の耳だけが痛いとおっしゃられます。

その場合、広がった方をせばめることでほとんどの場合解決されます。ちなみに、「片方の鼻だけが痛い」という場合も原因はほぼ一緒です。

 

日頃の掛け外しを両手で行なっていただければ、片方だけ広がることはある程度は防げると思います。結果として耳の後ろが痛くなることも防げると思います。

 

もちろん、それでも変わってしまう場合もありますので、その際は再調整をいつでも行いますので、お気軽にご来店下さい!

 

 

 

GLOBE SPECS POP UP STOREについて

8月3日(木)〜8月13日(日)まで JOURNAL STANDARD名古屋高島屋ゲートタワーモールにてGLOBE SPECSのPOP UP STOREを開催しております。グローブスペックスのスタッフも8月3日(木)〜8月6日(日)まで店頭にてご案内させていただきました。

たくさんのお客様にお越しいただき本当にありがとうございました!

グローブスペックスのファンとおっしゃっていただいた方、ブログを見ていらっしゃった方、メガネが気になっていたけどどう選んでよいか分からないと悩んでいらした方、いろんなお客様とお会いしていろんなお話をする事ができました。

なかでも自分にどれが似合うのかよく分からないという方が一番多かった気がします。また掛けてみたいけど、どう選んでよいか分からない等お悩みもありました。しかしながらJOURNAL STANDARDさんへご来店される方は皆様スタイルのある素敵な方ばかり。洋服との組み合わせやトライした事のないいろんなタイプのアイウエアを試されるうちに、徐々に自分のスタイルにあったアイウエアを見つけられる方が多かったです。

 

そして今回は「1本のメガネから始まるコーディネートやファッションからセレクトするアイウエア」をテーマにJOURNAL STANDARDのスタッフの方達のご協力のもと名古屋高島屋ゲートタワーモール店をメガネジャック!

スタッフの皆さんの掛けこなし。さすがです。

スタッフの皆様のメガネは毎日気分によって変えていただきました。「何だかメガネ率が高いと思ったら。そういう事なんだね!?」と初めて気付かれる方も多く、一つのファッションでもアイウエアによっていろんな表情やスタイルを作る事ができる事がスタッフをみてお客様も刺激になったようでした。「あの方が掛けているアイウエアを試してみたい」と楽しみながら選んでいる様子が印象的でした。

 

GLOBE SPECS POP UP STOREは13日まで名古屋高島屋ゲートタワーモール4FのJOURNAL STANDARDにて行っております。

洋服との組み合わせや印象の見せ方など、こればかりは実際かけてみないと分かりませんので店頭で是非手に取ってお試しください。また鏡に映っている自分を見てもメガネが似合っているのかよくわからないと言う方は携帯で写真を撮ってもらうのも一つの手ですよ。

映像として客観的に自分の姿を見れるので分かりやすいです。

お時間のある方は、是非のぞいてみてくださいね。それではまた!

 

 

 

HOUYHYHNM(フィナム)8/9

今回のHOUYHYHNM(フイナム)「SNAP」はこちら。

 

KOBAYASHI

kobayashi.jpg

今季注目のクリアピンクに挑戦しました。色味はサーモンピンクのようで可愛いですが、レンズの玉型が縦幅のあるウエリントンで甘過ぎない格好よさを演出。小物にゴールドやシルバーのアクセサリーを合わせる事で落ち着いた大人の雰囲気を醸し出せますよ。

 

着用モデル

THE BARRACKS

Mod. THE IVY

Col. C3

 

 

HOUYHYHNM(フイナム)「SNAP」